日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

鴨川パトロール 狩人アオさんを見る
1-553A6783.jpg
その1

553A6783 - コピー-1のコピー

 この夏一番の大物。見事に発色したオイカワを捕らえてご満悦のアオさん。

   わ、わし、捕まってもうた~

 どこかで小さな声が聞こえるのだが・・・? アオさんの耳、今日日曜祭日勝手つんぼ曜日。とうてい聞こえるわけがない。そのうち聞こえなくなった。

2-553A7170.jpg
その2

 その姿に刺激された若アオさん。なかなかやるではないか、ちょっと見直した。

3-553A7199.jpg
その3

553A7199 - コピー-3のコピー

  あ。。。

 いい気になっていた若アオさんは鮎を1匹落としてしまった。悲鳴とも溜息とも付けがたい心の叫びが聞こえたように感じた。で、気を取り直して。

4-553A7368.jpg
その4

5-553A7392.jpg
その5

   どや!

 立ち直りの早いアオさんであった・・・
【2017/09/04 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
廬山寺に桔梗が咲くを見る
1-553A6523.jpg
その1

 桔梗の定番ではあるが・・・ 検索を掛けるとそれほど難しい栽培法ではなさそうなのだが、最近勢いがなくなってきている寺院もある。しかしこちらは毎年本当に見事に咲き誇るのが素晴らしい。北側からお庭を拝見するので、どうしても花の向きがあっち側、という少々寂しい株もあるが、植え付けの場所といい、白砂と苔のバランスといい、毎年必須の桔梗の定番にしてしまう。

2-553A6527.jpg
その2

3-553A6540.jpg
その3

4-553A6542.jpg
その4

5-553A6545.jpg
その5

6-553A6546.jpg
その6

7-553A6551.jpg
その7

8-553A6554.jpg
その8

9-553A6568.jpg
その9

 7月初めの撮影なので現在はこれほど咲いているわけでもないが、秋になれば密かな紅葉の名所となりまた賑わうことだろう。
【2017/09/03 08:42】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
雨の勝林寺で双頭蓮が咲くを見る
1-IMG_4744.jpg
その1

IMG_4744 - コピー-1のコピー

 雨降りの午後遅く、双頭連は見頃ぎりぎりだった。

2-IMG_4708.jpg
その2

3-IMG_4716.jpg
その3

 東福寺塔頭勝林寺では、大きな鉢で蓮を咲かせているが、今年、初めて双頭蓮が咲いた。吉兆の印とも言われ、とても縁起のよい蓮の花。かすかに緑がかかった白い蓮の花は、しっとりと雨に濡れた青もみじの中でとても清楚だった。
【2017/09/02 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
智積院に蓮が咲くを見る
1-553A7471.jpg
その1

553A7471 - コピー-1のコピー

 7月初め、見頃を待って智積院へ。大賀蓮のような古いが美しいピンクの蓮ではないが、小さな池に今年は多くの花を付けた。

2-553A7472r.jpg
その2

 ここは隣の某女子大へ抜ける近道。

3-553A7481.jpg
その3

4-IMG_7745.jpg
その4

5-553A7477.jpg
その5

 うだるような蒸し暑い朝だったが、蓮の花は涼しげにひっそりと咲いていた。

6-553A7465.jpg
その6

7-553A7468.jpg
その7

 今日のおまけはこれ。残っていた桔梗の綺麗なところだけを。桔梗を植えだしたときには参道にぎっしりと見事に咲いていたが、今はかなり寂しげになってしまった。それでもこちらの境内に咲く桔梗はとても美しいと思う。
【2017/09/01 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
五山の送り火2017
1-IMG_0519.jpg
その1

 昨年は土砂降りの中だった送り火。目の前に見えるはずの大文字さえ見えないという驚異の土砂降りだった。その中でも中止にせず、火床を守った保存会の方々の尽力には頭が下がる思いだった。今年は非常に暑い日だったが幸いにもお天気だけには恵まれ、無事、送り火は催行された。

2-IMG_0520.jpg
その2

3-IMG_0524_20170830223308732.jpg
その3

4-IMG_0535.jpg
その4

5-IMG_0547.jpg
その5

6-IMG_0544.jpg
その6

 鳥居形はさすがに遠く、持っている最大の望遠レンズでもこれがやっと(トリミングなし)。いつかは広沢の池で灯籠と一緒に撮ってみたいと、夢だけは持っている。

7.jpg
その7

7 - コピーr

 今日のおまけはこれ。全てを集めてみたのだが、大きなサイズで作っていなかったので(元々アップする予定ではなかったので)あまりお見せできるようなものでもないのだが・・・ 倍率がおかしいのはご勘弁を(笑)

【2017/08/31 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«前のページ | ホーム | 次のページ»