FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @仙洞御所
1-IMG_-7013.jpg
その1

 今年は幸いにも2回、仙洞御所参観に参加することができた。1回目は11月17日、しかし部分的に色づいていたものの、ちょっと物足りない。と言うことで再度エントリーにチャレンジ。休める日に限りがあるため選択肢は少ない。その中で何とか引っかかったのだ!修学院離宮は全滅だったので、とても嬉しい。で、12月11日、仕事中時間休を取って御所へ。

 しかしなんと言うことだ。空模様は朝から怪しい。そう、前回なんて土砂降りの中だった。

   2回目もかいな~(--;)

 そんな気分。嘆いても仕方がない。ガイドの後ろに従って行きますか・・・ ガイドの男性はいつもの楽しいお話をして下さる方。内容は毎回同じなのだが、本当に「ぷっ」と吹き出してしまう。

 時刻を待っている間にぽつぽつと降り出した小雨。本当に大きなため息もこぼれ落ちる。

2-IMG_-7027.jpg
その2

 御庭口の門から覗くと、借景の比叡山は見えるが紅葉の色が見えない・・・ やはりこの日程では厳しかったか。

3-IMG_-7032.jpg
その3

 大宮御所の説明が終わり、一行は北池の畔へと進んでいった。

4-IMG_-7049.jpg
その4

5-IMG_-7052.jpg
その5

 池周辺のもみじは殆ど散ってしまっていたが、敷きもみじはまだ鮮やかさを保っている。これは見事だ。これが仙洞御所の人気の素なのだろう。それでは池に沿って右回りに進んで行こう。

6-IMG_-7082.jpg
その6

7-IMG_-7093.jpg
その7

8-IMG_-7094.jpg
その8

9-IMG_-7101.jpg
その9

10-IMG_-7102_20151231215504813.jpg
その10

11-IMG_-7104.jpg
その11

 もみじ山と名付けられた小高い丘。その名の通り、一面もみじが植えられていて、手入れの行き届いた深い緑の苔の色と相まってなんとも綺麗なコントラストだろう。

12-IMG_-7108.jpg
その12

 南池に出ると、遮るものがなくなって風雨が強くもろに当たる。池の水面を風がさざ波を立てながら吹いていくのも見て取れる。

13-IMG_-7125.jpg
その13

14-IMG_-7132.jpg
その14

 南池西の端には山吹色の大きなもみじの木。背景を引き立ててくれている。

15-IMG_-7140.jpg
その15

 真っ赤な紅葉に挟まれた雄滝。好みとしてはもう少しオレンジが入った方が好きなんだけど。でも、いい感じ。

16-IMG_-7150.jpg
その16

 二色で囲まれた小道。

17-IMG_-7157.jpg
その17

 初夏には長く花房の垂れる藤棚も、冬は閑散として寂しい。しかし足下には華やかな色合いの敷きもみじの絨毯が彩りを添えていた。

 この続きはまた今度。
【2016/01/03 00:00】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @嵐山天龍寺
1-IMG_-5711.jpg
その1

 早朝の天龍寺へ。ようやく陽が射し込み始めた白砂は、夜明けの海のようにも見える。

2-553A5054.jpg
その2

3-IMG_-5723.jpg
その3

4-IMG_-5733.jpg
その4

5-IMG_-5740.jpg
その5

 風がなく、池の水は水鏡。

6-IMG_-5760.jpg
その6

7-IMG_-5788.jpg
その7

 なんでも早朝にメディアの撮影があったとかで、開門後に作業をされている。

8-IMG_-5801_201512232146070d7.jpg
その8

 では庫裡から方丈へと上がろう。

9-553A5045.jpg
その9

10-IMG_-5810.jpg
その10

 額縁で切り取ると、まさに1枚の絵画だった。実は紅葉の時期に嵯峨嵐山方面へ来るのは数年ぶりくらいだろうか。こちら方面でも天龍寺と大覚寺が好きなのだが、交通の便を考えると遠のきがちだった。しかし今回訪れてみて、やっぱりいいなぁと思った次第。これをきっかけにまたこちらにも足を伸ばしていけたらと思う。

12-IMG_-5782.jpg
その11

 夏には蓮の花が咲き乱れる池も、今はすっかり冬を待つばかり。枯れた蓮の上に積もる雪は格別な眺めとなる。一昨年だろうか、その前だろうか。雪の朝、ここを訪れたことがある。このシーズンもそんな雪の朝が来ないだろうか。

13-IMG_-5767.jpg
その12

 今年の秋はサザンカが爆咲きしているように見える。
【2015/12/24 00:00】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @妙心寺塔頭退蔵院
1-IMG_-5568.jpg
その1

 閉門間際のギリギリに飛び込んだ退蔵院。撮影は、え~っと、忘れた・・・ 11月半ばだったと思う。

2-IMG_-5570.jpg
その2

 暗くなりつつあったので早く進みたかったのだが、元信の庭で足止めを食らった。この一輪だけ咲いた椿が余りにも力強かったのだ。

3-IMG_-5574.jpg
その3

 陰の庭の黒い砂と、その無効の朱に染まったもみじの対比がまた引きつけられたりする。

4-IMG_-5588.jpg
その4

 なにげに置かれた蘭の鉢。それだけでここが素晴らしい空間になる。

5-IMG_-5589.jpg
その5

 あずま屋の柱越しの紅葉は額縁。

6-IMG_-5597.jpg
その6

 余香苑のひょうたん池に流れ込む小さな滝の流れ。そこにも秋は訪れていた。

7-IMG_-5603.jpg
その7

 鯉ももみじを愛でる。

8-IMG_-5619.jpg
その8

9-IMG_-5653.jpg
その9

 紅葉越しのあずま屋。内側から眺めても、外側から眺めてもよし。

10-IMG_-5696.jpg
その10

11-IMG_-5698.jpg
その11

12-IMG_-5699.jpg
その12

 秋の夕暮れはつるべ落とし・・・ 今の若い方は知らない言葉。あっという間にマジックアワーの時刻だった。その中に光を灯すように白いサザンカが咲いていた。(サザンカかな、ちょっと葉っぱが違うように思うのだが・・・?)
【2015/12/20 00:00】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 空から紅葉
1-IMG_-3663.jpg
その1

 東本願寺前のイチョウがまだ綺麗だった頃。地上100mの所から見下ろしてみた。

2-IMG_-6792.jpg
その2

 その2週間ほどのちに再訪。本願寺前は寂しい景色になっていた。で、ここは向こう側に智積院の金堂と、手前に三十三間堂の屋根。

3-IMG_-6795.jpg
その3

 清水寺の三重の塔。改修工事の覆いが目立っていた。

4-IMG_-6832.jpg
その4

5-IMG_-6833.jpg
その5

 東福寺方面。

6-IMG_-7060.jpg
その6

7-IMG_-7062.jpg
その7

8-IMG_-7063.jpg
その8

 涉成園。

9-IMG_-7066.jpg
その9

10-IMG_-7067.jpg
その10

11-IMG_-7076.jpg
その11

 東本願寺全景。高いところはちょっと苦手なのだが、ここならまだ大丈夫。 
【2015/12/18 00:00】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(9) | Page top↑
京都紅葉紀行 @一乗寺圓光寺
1-IMG_3402.jpg
その1

 1週間ぶりの投稿になるだろうか・・・ 今年の紅葉はピークが2度来たように思える。最初の寒波で色づいたのがこちら。撮影は11月9日。小雨の降る午後遅く。

2-IMG_3394.jpg
その2

 一旦諦めたのだが、雨が止んできたので大急ぎで一乗寺の坂道を上ってきた。参道の赤い南天には雨のしずくが付いていた。

3-IMG_-3413.jpg
その3

IMG_-3413 - コピー-3のコピー

 今年の早朝拝観には申し込みができなかったが、この様子だとその時期ではどんな色づき方だろうかと心配になりそうだ。

4-IMG_3430r.jpg
その4

5-IMG_3441rr.jpg
その5

 既に葉を落としているものや、見頃になっているようだが色の悪いもの。

6-IMG_3446r.jpg
その6

7-IMG_3436r.jpg
その7

8-IMG_3449.jpg
その8

9-IMG_3457.jpg
その9

 枝の中でも随分と色斑があった。だがこれはこれでいい感じがする。この秋のトレンドはこの緑から赤へのグラデーションだと思ってもいいかかと思えるほどだ。

10-IMG_3472.jpg
その10

11-IMG_3480r.jpg
その11

12-IMG_3492r.jpg
その12

13-IMG_3494r.jpg
その13

 今から思えばもう少し早かったかも知れない。それでもこれまで見たこともないような色づき具合も、案外悪くない。状態に幅がありすぎて、早くに落葉したものからまだ青いままのものまで、これほど幅があるのは初めてだ。

14-IMG_3515.jpg
その14

 裏山から見下ろすのは見事な眺めだった。屋根に囲まれた空間には溢れんばかりのもみじがあった。

15-IMG_3543.jpg
その15

16-IMG_3548.jpg
その16

17-IMG_3560r.jpg
その17

18-IMG_3567r.jpg
その18

 ここまで幅簿広い色づきも滅多にないだろう。

19-IMG_3585r.jpg
その19

20-IMG_3600r.jpg
その20

 再び雨が降り出して、時刻も夕方近く、薄暗くなった奔龍庭に行灯が灯る。

21-IMG_3511.jpg
その21

 この異常気象に、躑躅が狂い咲き。ご住職にそう伝えてみたところ、大層驚いておられた。

22-IMG_3605r.jpg
その22

 かなり薄暗くなった下の庭園にはハゼの木が燃えるようだ。

 この色づきに少し不満が残ったため、後日、再訪してみた。

23-IMG_3575r.jpg
その23

 お地蔵さまはちょっとおしゃれをして貰っている。

   私、似合いますか(^_^)/

   うんうん、もちろんようお似合いですよ

 お地蔵さまはご機嫌だ。

24-IMG_-4249.jpg
その24

 傍には白侘助の華が一輪。

25-IMG_-4350.jpg
その25

 庫裡の前も今ひとつ。

26-IMG_-4313r.jpg
その26

27-IMG_-4330.jpg
その27

 十牛之庭も今ひとつ。

28-IMG_-4344.jpg
その28

 だが、日が沈む寸前の空は最後の淡い陽光を投げかける姿がとても見事だった。
【2015/12/14 00:00】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«前のページ | ホーム | 次のページ»