FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

夏の府立植物園 その5 最終日
IMG_4557睡蓮
睡蓮その1

 先日の続きを。植物園最後は温室前の睡蓮で締めくくろうかと思う。

 こちらの睡蓮は、ごちゃごちゃと植わっていないのですっきりとしている。その分、ちょっと位置が遠いのが難点でもあるのだが。主に熱帯性の種類が中心。

IMG_4559睡蓮
その2

IMG_4865ナツアカネ
ショウジョウトンボ

 あ、こんな所に赤とんぼめっけ・・・

IMG_4869睡蓮
睡蓮その3

IMG_4870睡蓮と亀
その4

 葉っぱの色柄が面白く、赤とんぼも入れて、と思って撮った1枚。あとからディスプレイで拡大して見ると、奥の方に広がっている葉っぱの上に、小さな亀が・・・ カメラの液晶画面では気が付かなかった。と言うより、確認などしてないし、ましてやファインダー画面では全く見えていないし・・・ 判っていればもっと撮っていたのに惜しいことをした。

IMG_4878オニバス
オニバス

 葉っぱの大きさの割りには控えめな花。

IMG_4883睡蓮
睡蓮その5

IMG_4884睡蓮
その6

 なだまだ夏の花が盛りの植物園ではあったが、どこか夏の騒々しさが消えて静かな秋の気配が忍び込んでいるように感じた、久し振りの植物園だった。
【2011/08/28 00:00】 植物園 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
夏の府立植物園 その4
IMG_4797オニヤンマ1
オニヤンマその1

コピー ~ IMG_4797オニヤンマ1

 昨日の続きを。

 センニチコウがたくさん色とりどりのドット模様を作っている中に、オオシオカラトンボではないものが飛んでいる。すいっと飛んでいった大きな影、オニヤンマだ!追いかけていくと突然Uターンしてきてレンズに留まる。

   え・・・ (^^;

 どうしたものか。ケータイをポシェットから出すにも難しく、かといってこの状況を撮りたいのはやまやま。しばらく大きな翡翠色の目とにらめっこ。オニさんは諦めて再びすいっと飛んでセンニチコウに留まった。

IMG_4802オニヤンマ2
その2

 大きな身体で不安定な花の上に留まろうと、何回も挑戦を繰り返す。留まろうとしてはふらっと茎がしなって慌てて場所を変える。そんなことを繰り返しながらセンニチコウの中を飛び回っていた。

IMG_4806オニヤンマ3
その3

   ふぅ・・・ やれやれ、やっと落ち着いたで
   え?ねえさん、ひょっとしてずっと見てたんか

 オニさんと目が合った。今更何を言うのだ。さっきレンズの上に留まってにらめっこしたところなのに。

   すまん、すまん、考え事をしててなぁ、ねえさんの顔まで覚えとらんかったんや(^^;

 オニさんはそう言って頭を掻いた。仕様のないヤツだ。

IMG_4818オニヤンマ5
その4

 それにしても、何が面白くてあんな不安定な花の上に留まろうとするのだろう?ところがそんな気持ちが伝わったのか・・・極めつけがこれ。

IMG_4814オニヤンマ4
その5

   おじさん、済みません!ちょっとだけ動かんといて下さい!

 思わず叫んでしまった。人に撮らせてと頼むのがとても恥ずかしいくせに、こんなことは出来るのだからおかしなものだ。

IMG_4833オニヤンマ6
その6

 パトロールをして飛んでいることが多いのに、こうして留まってばかり。今から考えると羽化したばかりで飛ぶのが下手くそだったのかも知れない。

 おっと、オニさんばかりになってしまっている。次、次。

IMG_4837センニチコウ
センニチコウ

コピー ~ IMG_4837センニチコウ

 トンボばかりではなんだと思って・・・

IMG_4848rイチモンジセセリ
イチモンジセセリ

 上にいる方が羽根をぱたぱたやって誘っているように見えたが、カップリングには至らず。

IMG_4895ウスバキトンボ1
ウスバキトンボその1

IMG_4899ウスバキトンボ2
その2

 少し中途半端な気もするが、今夜は少々眠いのでここまで。あと1日、お付き合いを。この続きはまた今度。

 朝から仕事のトラブルが相次ぎ、すっかりくたびれてしまった。
【2011/08/26 00:00】 植物園 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
夏の府立植物園 その3
IMG_4590オーストラリア蓮
オーストラリア蓮

 昨日の続きを。

 これが一番の目的だったのだが、この通り。隣にはニュースになった花がすっかり散ってはちす状態になっていた。オーストラリアの湿原に自生しているそうだ。

IMG_4702コスモス
コスモス

 毎年北門にはコスモスのプランターが並ぶ。今年もその中でも気の早いコスモスがちらほら咲き始めていて、ここへアゲハでも来てくれないかと思っていたら・・・

IMG_4709ナミアゲハ
ナミアゲハ

 来た!しかし余程喉が渇いているのか、地面に撒かれた水を吸うばかりで花には留まりそうにもない。また、よーく見てみると羽根の一部がばっさりと切れていた。それでも一所懸命に飛んでいる姿は美しい。

IMG_4718日本ミツバチ
ニホンミツバチ

IMG_4763鹿の子百合
カノコユリ

IMG_4767_20110824212923.jpg
オニヤンマその1

IMG_4771r.jpg
その2

 銅像の手にオニヤンマを見つけた。

IMG_4781オオシオカラトンボ♀1
オオシオカラトンボ牝その1

IMG_4786オオシオカラトンボ♀2
その2

IMG_4788オオシオカラトンボ♀3
その3

コピー ~ IMG_4788オオシオカラトンボ♀3

 ヒマラヤスギ近くの花壇まで帰ってきた。そこにはセンニチコウがたくさん咲いていた。例年ならここには小型のひまわりが咲いているはずなのだが、まあ、ないものは仕方ない。その代わりにトンボが留まっている方が嬉しいかも。

 このあともまだトンボが続くが、ご容赦を。この続きはまた今度。
【2011/08/25 00:00】 植物園 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
夏の府立植物園 その2
IMG_4636rオオスカシバ1
オオスカシバその1

 昨日の続きを。

 北門までやってきた。ここの花壇では蝶などがいることが多いから。有用植物のコーナーでトンボをたくさん撮ろうと思っていたが、改装工事中で入れず。来春までの工事期間だった。もの凄く気長に待たなければならず、かなり残念・・・ 泣きたくなるくらいに。

IMG_4642rオオスカシバ2
その2

IMG_4648rオオスカシバ3
その3

コピー ~ IMG_4648rオオスカシバ3

 思った通り、すぐさまオオスカシバを見つけた。これさえいれば大丈夫、と言うくらいに好きなスズメガだ。ずんぐりむっくりだが、柔らかそうなこの胴体を触ってみたくて堪らない。どんなに気持ちがいいだろう・・・ ハチドリのようにホバリングし、素早く飛ぶオオスカシバを捉えるのは本当に息が切れる。

IMG_4680ウスバキトンボ
ウスバキトンボ

コピー ~ IMG_4680ウスバキトンボ

 周りの色に溶け込んで、見落としそうだった。それもあったのか、なかなかピンが合わせられなくて一苦労。

IMG_4699rキマダラセセリ
キマダラセセリ

 かたや、紫に芥子色のかかった茶色はすぐに見つけられる。

IMG_4733スズメガ


 種類が解らなかった。スズメガだと思うのだが・・・ 羽根の中程の白っぽいところ、ミラーのように光っていてかっこよかった。

IMG_4740クマバチ
クマバチ 

コピー ~ IMG_4740

 藤袴がどれくらいまで生長したか確認しようと思ったが、いつもの場所に気配がない。代わりに近くにあったこれを。今年はどうなんだろう。この花がないとアサギマダラが撮れない。

IMG_4749rヒヨ若
ヒヨの若

 どこか、梢で軽やかな声で鳴くものがいた。どこかと見上げて捜したところ、やっと見つけた。あのしっぽ、まだ若いがヒヨドリだった。

 この続きはまた今度。
【2011/08/24 00:00】 植物園 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
夏の府立植物園 その1
IMG_4544ルリタテハ1
その1

 珍しい蓮の花を咲かせることに成功したと報道があった、京都府立植物園。行ってみたが、うまい具合に咲いているものがなくてがっかり。しかし代わりに小さきものたちをたくさん撮ってきた。

 しばらくこの路線で記事が続くことになる。では。

 まずはチケットを買わなければと自販機の前に行くと、迎えてくれたのがルリタテハ。

   あんたさぁ、写真の朝顔では蜜は吸えへんで・・・(^^;

IMG_4547ルリタテハ2
その2

 大好きな蝶だが、なにもこんな所にいなくてもいいのに。

IMG_4554rルリタテハ3
その3

 こんな感じ・・・ とにかく、チケットは買えた。

 目的の蓮は大芝生の所に鉢で育てられているので、温室の前から芝生に入った。しかし、クヌギの林が見えて来たとき、先程のルリタテハのリベンジがむくむくとわき上がる。

IMG_4563rルリタテハ4
その4

 思った通り、すぐ目の前に現れた。どこかへ行ってしまう前にと、望遠に付け替える前に大急ぎで2枚撮って、横を向いた隙に逃げられた・・・

   ああぁ・・・(>_<)

 これだけでも残せてよしとしよう。

IMG_4575rキイロスズメバチ1
キイロスズメバチその1

IMG_4583キイロスズメバチ2
その2

 多分、キイロ。甘酸っぱい匂いの元を探り当てた先に見つけた。もっと蝶がいないかと思ったが、スズメバチとカナブンが少しだけ。かなり近づいたので、さすがに周りをぶ~んと飛ばれると少々びびる。ふらふらして飛んでいたのは、樹液のアルコールに酔っていたのかも。

IMG_4604マサキウラナミジャノメ1
マサキウラナミジャノメその1

IMG_4614rマサキウラナミジャノメ2
その2

IMG_4619rマサキウラナミジャノメ3
その3

 半木神社前で見つけた。長いことカメラを向けたが一向に動じない。

IMG_4622ハグルマトモエガ
ハグルマトモエガ

 大きな目玉模様にこちらも目が回りそうだった。

IMG_4631rカタツムリ
カタツムリ

 大きな松ぼっくりはまだ開いていなかった。ひっくりかすとこんなものを発見。5mmにも満たないようなカタツムリ。

IMG_4629.jpg

 今日のラストはこれ。あまりにも普通にいるヒメシジミ。

 この続きはまた今度。
【2011/08/23 00:00】 植物園 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«前のページ | ホーム | 次のページ»