FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

季節のご挨拶
IMG_9183残暑見舞い

 今年は梅雨明けが遅く、気が付けばもう旧暦のお盆になっている。うっかり暑中見舞いも出す機会を失ってしまっていた。
 暑さも急激にやってきて、暑さに弱い私は少々へこみ気味。撮影に出掛けたいが体力を考えると自信がない・・・

 先日、昨日のことだ。学生時代からの友人から残暑見舞いが届いた。書面には、ご主人の死亡が書かれていた。昨年、年の瀬も押し迫った12月28日のことだったらしい。もらった年賀状で私は一抹の不安を抱いていたのだが、それが現実だったことを知ったときの驚愕・・・ 一瞬、時が止まったようだった。

 毎年年賀状には、家族で撮った記念写真が使われていた。写真館で撮ったものだ。子供は制服でしゃちほこばり、みんな正装で円満な家庭がうかがい知れていた。しかし今年の年賀状はそうではなかった。ありきたりのもので、ただ、自筆では普段通りにちょとしたコメントが添えられていたが、これは何かあったのではないかと考えていたのだ。きっと病気療養中で写真が撮れなかったのだろう。

 彼女は才女だった。アルバイト先で一緒になったのだが、理不尽な当時の先代の社長と堂々と渡り合った、唯一の人間だった。卒業後は遠く離れて逢うことはないが、賀状のやりとりで安否を確認していたのだ。
 折しも今度の日曜日は送り火。今頃は彼女の所にそっと帰ってきていることだろう。仲むつまじいふたりだった。


 残暑とはいえ、まだ暑さも厳しい折、皆さまに於いてはどうか御自愛下さいませ。
【2009/08/12 20:55】 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«水生植物公園みずの森 その2 | ホーム | 水生植物公園みずの森 その1»
コメント
空豆さん、こんばんは。
今年の梅雨は、本当に明けたんやろかって、未だに思います。残暑見舞いをこうやって出してみたものの、災害見舞いの方がよかったかなぁと。
台風に地震、個人の力では防ぎ切れません。

酷暑の中、試合に向けての特訓、頑張って下さい。練習より、体調を整える方が難しいと思います。
【2009/08/13 21:38】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
葉月さん、こんばんは。
歳をとっていくとこんなことが増えるのでしょうね。とても辛いです。年末に立て続けに入る喪中のお知らせ。毎年何通かあります。お祖母ちゃんであったものがやがて父に、母に、変わるのです。でも、連れ合いが一番厭ですね。初めてです。とてもショックで。

 >色遣いが阿修羅王さんらしい気がします
すっかり私の好みが知れ渡ったのでしょうか(笑)私好みの色合いです。
【2009/08/13 21:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
私もこの残暑見舞い、ステキだな…と思いました。
今年は、本当に出すタイミングが難しいですね…
暑さ厳しい折、ご自愛下さい
【2009/08/13 16:03】 URL | 空豆 #-[ 編集]
私もそういう経験があるのですが、その時の気持が蘇ってきました。

たとえ年に1度の便りであっても自分の中で
その人が息づいていることを確認しています。

お会いしたこともないんだけど
この写真、色遣いが阿修羅王さんらしい気がします。
とっても落ち着きがあって上品で素敵です。
【2009/08/13 10:18】 URL | 葉月 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |