FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

パリからの帰国 in the airplane 
IMG_7358.jpg
シベリアの夜明け

 先日の続きを。

 エール・フランス292便は、広大な空港の敷地をぐるぐると走り(旅客機が走るとはこれいかに)、飛び立つ順番を待った。先に様々な国の機体が飛び立っていくのが窓から見える。まるで運動会や記録会で走る順番を待つ選手の気分だ。

IMG_7292.jpg
シャルル・ド・ゴール空港の滑走路

   位置について・・・用意・・・paann!

 いや、違う。だが確かに滑走路の定位置に着いた。そしてエンジン音が急に高く唸りだし、機体が揺れる。

   ああ、いよいよだ・・・

 思わず目を閉じたくなる。しかし目を閉じる暇もなく、いきなり助走を付けた機体はシートに押しつけられる強いGを全身に感じた。それと同時に軽い吐き気・・・

   これだから厭なんや(T_T)

 あっという間に機体は地面から離れた。とうとうフランスの地から飛び立ってしまったのだ。さすがに8泊10日というと離れるのは寂しい。かといってご飯とおみそ汁、梅干しが恋しいかというと、それは皆無。みんなの意見もそうだった。なにが恋しいかというと、おうどんなどのお出しの香り。おこぶとかつおで採ったあの香りがなんとも恋しい。日本食レストランの前で嗅いだ時の嬉しさは、お昼時にこの匂いを嗅いだときの気分と同じだ。案外和食も恋しくはなく、普段、様々な国の献立を日本でも味わっているからなのかもしれない。

IMG_7333.jpg
機内食(ディナー)

 一通り落ち着いたのは、飛び立ってからだいぶんしてから。14時前に離陸して、夕食は17時過ぎから配食が始まった。気が付けば、お昼前に軽く食べてから何も口に入れていなかった。メニューは和食と洋食とあったが、人気は和食。やはり多くの人が和食が欲しくなる時期なのだ。

 それはいいとしても、一番最後列となると順番が回ってくるのもやはり遅い。座ったままで動いていないのでそれほど空腹というわけでもなかったが、いい香りがしてくるとちょっと辛い。まあ、いいか。あとからハーゲンダッツのアイスがあとから出るというので、それを楽しみにしよう。だがきっと人気だから早めに行かないと。

IMG_7416.jpg
朝焼け

 デザートのアイスも調達し、満足した頃には眼下に広がるシベリアでは夜明けを迎えていた。東へ向かっているので、我々が座っている右側のシートからは朝日は見えない。サービスコーナーの所から、窓のブラインドを少し開けて眺めた。このようなところからの朝焼けの眺望は滅多に見られるものではない。素晴らしいショーのようだ。
 時間軸で撮っては席に戻りを繰り返している私をを、男性アテンダントが怪訝そうに覗き込む。朝焼けにカメラを向けている私に気が付き、にっこり。私もとびっきりの阿修羅スマイルを振りまいておいた。

 機内の一番後ろは乗務員用の準備室になっているが、何も仕事のない人はそこで座ってくつろいでいる。最後列に座らないと見られない光景でもある。飲み物をもらいに行ったり来たりしているうち、日本人男性の話し声がし始めた。普通の会話ではない。なんだろう?

   え・・・?

 その初老の男性は、床にぺたんと長座位になったアテンダントの男性の肩もみをしていた。またあるときは、椅子に座った日本人女性アテンダントの脚をマッサージ。スタッフのみんなはとても気持ちがいいと口々に言っている。それもそうだろう。1回の国際線のフライトで10時間以上の勤務。それも肉体労働だ。立ち仕事も気疲れもある。フランス人(?)男性などは、指圧に顔をしかめていたが本当に気持ちよさそうにしている。この日本人男性、何者かは知らないが、柔道整復師のような仕事をしているのかもしれない。しんどいフライトの仕事をよく理解しているのだろう。

 機内時刻は既に真夜中。帰国したときの時差ぼけのためにも眠っておいた方がいいとは思ったが、眠ってしまうにはやはり惜しい。刻々と変わっていく夜空と朝焼け。とても感動するスペクタクルだ。

 やがて明るくなった空には面白い形の雲が見えたり、険しい山が見えたり、普段見られないものを見るのはとてもわくわくする。関空に降りたら体内時計は真夜中だ。大丈夫、そんな不規則な生活時間を戻すことくらいは平気だ。それに翌日にはどうしても休めなかった仕事が待っていて、その後も用事などがびっしり予定に入っている。時差ぼけなどと考える余裕もない。

 外はますます明るさを増し、テレビ画面では既に中国を過ぎ、韓国、東シナ海と帰って来ていた。あっという間だ。

IMG_7490.jpg
機内食(朝食)

 間もなく日本上空と言うとき、朝食が配られた。はっきり言ってそれほど美味しいというものでもないが、行楽弁当の気分で食べていた機内食。これで当分食べる機会もないだろう。ご飯はそうでもないが、パンはお代わりもできて美味しかった。話によれば、エール・フランスの機内食は美味しいという評判を聞いたが、私には判断しかねる。こんなものではないだろうか。

IMG_7530.jpg
主翼

 眼下に瀬戸内海が見えてくると、直ぐに関空だ。翼は微調整をしてエア・ブレーキをかけ、着陸準備に入っていく。主翼の後ろの席なので、こうやって翼を動かしているのがよく見える。着陸の際には気分の悪さはない。関空の連絡橋と平行になったと思ったらもう、着いていた。あっけないものだった。ただ、やっと日本に帰ってきたのだという実感がなかなか湧かなかった。あまりにも海外旅行というのがこの時代当たり前になっているせいだろうか。私が何回も行っていたわけではないが。

IMG_7538_20090808211458.jpg
日航機の尾翼

 外に出たとき、早朝からの雨がようやく止んだところのりんくうタウンは、懐かしい生暖かい湿気った重い空気だった。だが、乾燥した排ガスの多いフランスの空気で喉を痛めていた我々には、深呼吸をしたくなる湿気だった。数分で喉の違和感も消失。えらいものだ。
 そして日本独特の湿気の多い空気を吸うことで、ようやくここで帰国したのだと実感が湧いた。

   ただいま、日本。ただいま、関空。


 ということで我々は全員無事に帰国した。単なるツアーではなく、個人旅行でもなく、目的は公演であったが、その成功以上に多くのことを体験し、経験してきた。特にこれまで長時間のフライトが恐くて、気圧の変化に耐えられなくて、それ以上に躰にかかるGが厭で、そんな理由で海外旅行に行くのを躊躇っていた自分が嘘のように姿を潜めていた。もう、これで飛行機に乗っても恐くない。窓からの光景を見るのがとても楽しみなくらいだった。

 さて、帰り道のことだ。木もれ日のメンバーとはここで一旦別れる。彼女らは大型タクシーで自宅まで帰る予定だ。しかし長時間の車に弱いHを連れている私は、時間の予定が付けられるはるかで帰る予定にしていた。別れを惜しんではるかのホームへ降りていくと、ちょうど発車する直前。慌てて飛び乗ったのだが・・・

   え?なにって?

 車内放送は耳を疑うことを告げていたのだ。この朝、堺市あたりを中心に豪雨があって、あちこち浸水の被害。はるかもその影響で、連絡が悪くなって1本運休したと。きっと関西本線だ。そのあたりの豪雨ではよく被害に遭っている。そういえば速度が遅いはずだ。これではいつになったら京都へ帰ることができるやら・・・ 

   終わりよければすべてよし。初め悪ければ最後までトラブルや。とほほ・・・ 

 雨女ふたり旅は、こうして最終を告げた。


 以上を持ちまして、私の体験したフランス旅紀行を終わります。とびとびでいつになったら終えることができるやらと心配しておりましたが、応援して下さる方があればこそで、やっと完結しました。長らくのご愛読を感謝します。明日からは平常通りの更新となります。
 明日からもまた、よろしくおたのもうします。

 お休みやす。   
【2009/08/11 23:35】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«水生植物公園みずの森 その1 | ホーム | 徒然道草 やっと夜空が晴れた»
コメント
小紋さん、こんばんは。
狭い日本と違い、大陸の空は雄大ですね。
私もまた見たいです。絶対にまた行きます!

問題は休みを確保すること。
【2009/08/13 21:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
 シベリアの夕焼けを見ました。このようなうつくしい景色で見とれました。またいくぞーーーー。
【2009/08/13 19:54】 URL | 小紋 #-[ 編集]
ひろさん、こんばんは。
機内食、制約がありますからねぇ。
それでももう少し、もうちょっと、ほんの少し、なんとかなって欲しいですねぇ(^_^;)
【2009/08/12 20:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんにちは^^
大長編レポ、お疲れ様でした。
とっても楽しく拝見しました^^
それにしても飛行機の機内食だけは何とかならないものですかねぇ。。
【2009/08/12 15:49】 URL | ひろ #jdItOO7Y[ 編集]
鍵コメさん、お早うございます。
私もねぇ、思いましたよ。セクハラやんかって(笑)

そしてそして、言おうとしてることわかりますよ、はい。
気にしないで下さいね。意図ですから。
これに懲りずに今後ともよろしくお願いします。
【2009/08/12 08:41】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/12 08:20】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |