FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

パリ第9日目 お別れ会は大学で 
IMG_7309.jpg
フランス上空

 いよいよ最終回となった木もれ日パリ公演旅行。メンバーの様子と楽しかった旅行記を伝えるという、私の最後の勤めも終わりとなる。いやなに、これで木もれ日と離れるわけではない。彼女らの記録係、兼、広報としてこれからも携わるつもりでいる。いやだと言われても付いていきたいと思っている。なにしろこのような楽しい仕事は、普通では絶対に行うことなどできなかった。私はとてもよい偶然に恵まれたと思っている。

IMG_7202_20090807213700.jpg
レストラン

 明日は機上の人となる前日、パリ市内半日バス観光を行った日の夜は、マリーさんがお別れ会をしたいから、大学の迎賓館に夜19時に集まって欲しいと言われていた。嬉しいような寂しいような、本当に複雑な気分だ。
 大学に向かうこの狭い通りを行くのも最後となる。いつも観光客で座席は一杯だった。ただ、観光客相手なので、リピーターのようにお味に注文が多いわけではないから、あまり美味しくないというK子さんのアドバイス。遅い時刻にここを通ることも多かったので、酔っぱらいなどに絡まれやしないかととても恐かった。まだひと気がない方が安心できたというのは、なんとも皮肉なことだ。
 いつもみんなひとつに固まり離れないようにして、脇目もふらずに早歩きでやり過ごしていた。そんな思い出も懐かしい。

 大学へ続くこの通りをカルガモ・ママとH、そして私と、3人で歩いていた。

IMG_7203.jpg
 
 観光のあと我々は個々に行動することになった。残りの時間をもう一度美術館へ行くもの、真っ直ぐ宿に帰るものなど。我々いつものカルガモ・ママ隊は一旦ホテルに帰り、近くのパン屋さんで軽いお昼ご飯を買った。ホテルのちょうど裏側にある通りに面した小さなパン屋さん。先日探検したときにこのまま行っても大丈夫かなと躊躇した通りだ。今回は大丈夫、その先を回り込めばホテルの横に出るのが解っている。
 パン屋さんはeat inができるようだった。take outの料金とinの料金とふた通りの表示がしてある。どれも美味しそうで、かなり悩んだ。ショーウインドウのカウンターの前を行ったり来たり。フランス人は無愛想だとよく言われるが、このお店の女性店員さん、にこにこと、すこぶる愛想がいい。日本ならこれが普通なのだが、それに気をよくして長いこと悩んでしまった。
 そして我々が選んだのは、ママがキッシュにエクレア、Hはチーズの乗ったもの、それから私が・・・?

   ええっとぉ・・・ 何を頼んだっけ・・・?

 二ヶ月近くも経つと忘れてしまった。なのになぜ人が頼んだものは覚えているのだ。全く持って不思議だ。まあ、いいだろう。たいした問題ではない。確かバゲット・サンドだったような・・・
 ホテルに戻り我々の部屋で3人、ベッドに座って温めてもらってとてもいい匂いのするパンをかじりだした。Hのパンは、チーズが乗っているだけかと思いきや、中にソーセージが隠れていた。フランスで食べるソーセージは本当に美味しい。少し私にも囓らせてもらった。

 そんなお昼ご飯を済ませて再びメトロに乗り、大学へ向かっていたのだ。駅のエスカレーターを昇り公園を横切る。その時だ。
 左前方から綺麗な女性とかっこいい男性のカップル、いや、フランスにいるのだからフランス語でアベックと言おう、そんなふたりの姿が目にはいる。

   まあ、アドリーヌさん!

 それはアドリーヌさん夫妻の姿だった。

   これからお別れ会なんですけど、一緒に来られます?

 ママが問うと、

   マリー先生からその件でメールをいただいたんです。私も出席します。でも、彼はちょっと出られないのでひとりなんです。

 マリーさんはアドリーヌさんも誘って下さっていたのだ。直ぐに返信を打つと、マリーさんからの返信も直ぐにあったとのこと。常に忙しいマリーさんなのに、きっと返事が返ってくるのを待っていたのかもしれない。マリーさんにしろ、アドリーヌさんにしろ、我々が知り合ったフランス人の方たちは、とても日本人の感性に近い方が多かった。
 そして大学で再開することを約束して、その場は別れた。

 大学の迎賓館(宿舎)に集合した我々は、買い出しに行くもの、残ってパーティの準備をするものと役割を決めた。買い出し組はもちろんK子さんを先頭に赤ワインやパテ、オープンサンド用にハーブの入ったパンなどを買い込んできた。
 そして定刻、マリーさんが現れた。もう難しい表情は微塵もない。我々としても満足のいく公演だった。そしてアドリーヌさんも。みんなで再会に歓声を上げているとき、思わぬ来客。ダース先生だ。彼は自分で撮った写真をCDに落としてプレゼントして下さった。折角なのでパーティに参加して下さるようお願いしたが、辞退された。とても残念だ。しかし彼も一緒の記念写真は撮らせて頂き、ちょっと嬉しい。そしてアドリーヌさんも、彼の待つ家へと帰って行かれた。

Genji_MG_8682 copie r
リハーサルと会場準備風景

 その写真の一部が後日、私の所にメールで送られてきた。私宛なので、しっかり私が写っているものが多かったのは仕方ない・・・ 彼の愛機はCannon EOS Kiss x2だ。ああ、ここでも日本のカメラは人気なのかとちょっと嬉しい。それもモノクロ、KBSに出演したときに少し彼の写真も出たのだが、なかなかいい画を撮っておられて、私もコピーを取らせてもらうのを楽しみにしている。

 マリーさんには木もれ日からお土産を持参していた。いかにも和風のものだが、マリーさんはそういったものが大好きで、風呂敷の包みを開けて大喜び。もちろん、K子さんにも。だから替わりにと言ってはなんだが、私はフランス語のポスターの現物をいただくことにした。上質紙に印刷されていて、一部、私の撮った写真も入っている。国宝の源氏絵巻の一部だと思うのだが、B4サイズの大きなものだ。とても嬉しい。
 木もれ日にはそれらのデータ、ポスターなどこちらで作成したものをUSBなどに落とすからと、マリーさんが申し出て下さったが、さりとてそのような持ち合わせがない。

   いや、ちょっと待て・・・ 

 あるではないか!生のCD。BGMの作製用にとマリーさんに1枚いただいたものが、結局使わずじまいで持っている。私はそれを出してきて、データを落として頂くことになった。
 これらのことから、我々の学んだ教訓として、シナリオにしろ、全てのデータを持参すること。また、生のCDも予備を持ってくること。あらゆる事態を想定して、PC周辺機器はしっかり持参すべきだと悟った。これは私とHの係だ。今や、しっかりHもメンバーの仕事に組み込んでしまっている。引き込みがちだった彼女がこんなに頑張ったのだ。どんどん外に誘ってやろう。

 楽しくおしゃべりは続く。仏語と日本語の飛び交う女ばかりのおしゃべりは果てしない。しかしもう22時も廻った。お開きにしないと明日は早くにパリを発つのだ。
 別れは寂しいがそうも言ってはいられない。マリーさんをみんなで玄関まで見送った。

 こうして楽しくもあり、緊張もしたパリ公演と観光旅行は終わりを告げた。10日間というと長いように思われたが、実際には毎日忙しく、私としても何があったかとメモを残す元気もないままに今日まで来てしまった。手がかりはケータイからアップした簡単な記事、いや、実際にはあまり役には立たなかった。あとは私の記憶だけが頼りの旅行記だ。もう少し詳しく打ち込み、みんなからインタビューを取ったり私の知らない情報を聞いたりすれば、一冊本でも書けそうだ。だがまあ今はここまで書くのが精一杯。

 今夜でこのシリーズも終わりかと思われたが、最後、出立から帰国までのレポートを残してしまった。アルバムは仕上げてあとはプリントするのみとなったが、記事に時間を取られてしまい、さあ、発送が1日2日、予定より遅れそうだ。この週末も缶詰となる私。

 この続きはまた今度。
【2009/08/07 23:14】 イベント | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«パリ10日目 最終日は再び機上の人へ | ホーム | 京都府警察音楽隊 平安ふれあいコンサート in カナート洛北»
コメント
空豆さん、こんばんは。
お元気ですか。夏の練習はきついですね。
みんなを応援していますよ。

 >パリ旅行をしている気分に浸らせていただきました
一番嬉しい言葉かもしれません。ありがとうございます。
その場にいるようなレポートが書きたかったので。
【2009/08/08 20:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。
私も結構説明書きは撮っておく方です。記事にするときに説明できますから。

この中に私ですか?
もちろん、いますとも。一番手前のまだら顔です m(_ _)m
【2009/08/08 20:47】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おひさしゅうございます。パリかぁ…いいなぁ
兵庫にいながら、パリ旅行をしている気分に浸らせていただきました
ごちそうさまでした
【2009/08/08 15:31】 URL | 空豆 #-[ 編集]
ほんとうに楽しくって意義ある旅でしたね。
私は旅行中、気になるものはすべてデジカメで写します。説明板や案内書なども写して帰って後でゆっくり見ます。

↑の写真の中にあーちゃんもいる?
【2009/08/08 12:59】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
小紋さん、お早うございます。
本当によい経験になりました。自分の職業とは全く異なった経験になり、素晴らしいスキルアップに繋がりましたね。

メモは必要でしたね。確かにレシートは役に立ちました。あとは写真とその撮影した日時のデータです。
手前味噌ですが、自分の記憶だけでよくもまあこれだけ書けたものだと感心です(笑)
【2009/08/08 07:48】 URL | 阿修羅王 #-[ 編集]
すばらしい街 人 景色で よい体験をなさいましたね。こちらもフランス旅行した
気分です。 メモしないと忘れるのは確かですね。
 私は こまかい支出のメモが 結構役に立つんです。
【2009/08/08 07:27】 URL | 小紋 #-[ 編集]
ひろさん、お早うございます。
パリと京都は共通点がいくつかありますので、違和感なく普段通りに感じるせいでしょうか。京都の学生街を歩いている感覚です。
【2009/08/08 07:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは^^
パリの街角、何気ないショットなのになんでこんなにかっこいいんでしょうね^^
【2009/08/08 01:18】 URL | ひろ #jdItOO7Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |