FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

大山蓮華(おおやまれんげ) 
IMG_6311大山蓮華

 インフルエンザ騒ぎはもう堪忍して欲しい。

 先日火曜日、総合案内に立つため受付カウンターにいくと、カウンターの片隅に白い小さな蕾を付けた枝が一本・・・

   うわ、珍しいこと・・・

 それがこの花、大山蓮華。夕方受付カウンターを通りかかると、ふんわりと蕾が開いていた。甘酸っぱい、タイサンボクの花の香りにも似ている。
 月曜日の担当者が持ってきてくれたようだ。風流なお花で、きっとお茶花にもするだろう。しかし可哀想に葉っぱが少ししおれて、水揚げが悪いようだ。時間が取れたらお水を交換して水切りをしてやろうと思っていたら、通りかかったやや年配の女性が、

   まあ、しおれていますね。水切りをするといいですよ

   そうですね、私もはさみを持っていますのでやっておきましょう(私も多少、華道の覚えがあるのだ)

 と言ったが、

   私がやりますよ。プロですから。

 そう言いながら持っていたバッグから取り出したのは花切りばさみ。どこかで聞いたせりふだなと、御所での出来事を思い出した。自分は「プロなんだ」と言う人に限って、変なプライドやプロらしからぬ言動が見られるものなのだ。

 それでも私が容器を傾けて処置しやすいようにすると、難なくぱちんと切ってくれた。これで少しは元気に戻るかなと思われた。だが、結局勤務時間内には戻らず、夕方帰るときに覗くとようやく葉っぱがしゃきっとしていた。

 ところで、そのプロの話なのだが、水切りをしているときに再び通りかかった男性がその女性に質問した。その少し前には、彼は自慢の芍薬の話をしていったところだった。今年は多くの花が咲いて嬉しいのだと。彼女もそれを少し聞いていた。

   水切りをするというのは何故ですか

 これは水揚げをよくするためのひとつの方法なのだが、彼女、返答に詰まった・・・
 うう・・・と、少し呻ったあと、やっと口を開く。

   私は切った花を生けるのが仕事で、咲かせる方ではないです。

 彼女は苦しい言い訳をする。きっと知らないのだ。あなた、先程生け花のプロだと言わなかったか。それくらい知っていると思ったが。だがまあ、可哀想なので助け船を出した。

   ああ、切り花を生けるアレンジメントみたいなものですか

 彼女はほっとしたように相づちを打つ。

   私が思うには、空気中で切ると切り口の空気が中に押し込まれて、お水を吸い上げにくいのだと思うんです。だからお水の中で切ると空気が入らなくて吸いやすいのとちゃいますか・・・

 華道の先生は、高校生だった私にどう説明してくれたのかは忘れた。でも確かそのような説明だったように思うのだ。また、植物によっては水揚げをよくしてやる方法が違うことも教わった。この自称「プロだ」と仰る女性にその辺を聞いてやろうと思ったが、水切りの説明さえできなかった彼女だ。いじめるのはやめておこう。少なくとも男性は私の説明で納得したのだから。

 しげしげとよく見ると、やっぱりタイサンボクの花と特徴がよく似ている。葉の質感は全く異なるが、花びらの色、中央の雄しべ(?)の形、香り。タイサンボクももう間もなく真っ白な大きな花を咲かせることだろう。今から楽しみだ。

 それにしても彼女、なにをもって「プロ」だと宣うのだろう。せめてお花の先生をしています、とか、指導をしていますとか、なかったのか。「プロ」というのはどういったプロなのだろう。
【2009/05/21 23:16】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«雨上がりの薔薇 | ホーム | 徒然道草 白バイ軍団はいずこに»
コメント
小紋さん、こんにちは。
灯台もと暗しっていう、あれですね。見つかってよかったです。私も備蓄品があります。

大山蓮華は木蓮科の植物なので、木蓮といっても間違いではないと思います。本当にいい香りがしますね。開いてもこぶしくらいのそれほど大きくはないですね。卵のような真っ白の蕾が可愛いです。
【2009/05/22 16:24】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
 これかしら 父の家にあったのは。もくれんって言っていたんですが 
大きくて薫り高くて ばさっと落ちる。なつかしいです。
 5軒 お店を回って マスクなし。
 帰ってみたら うちの救急箱に いっぱい入ってました。海外旅行用に 買ったものでした。
【2009/05/22 13:41】 URL | 小紋 #-[ 編集]
ひげさん、お早うございます。
プロの定義はよくわかりませんね。でもそうでありたいという意識は必要だと思います。私もそう心掛けています。
でもこの方、プロですから、と言う言葉を3回も言いました(笑)もう少し謙虚な言い方はないかと思います。心得がある、とか。
【2009/05/22 08:30】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鍵コメさん、お早うございます。
よくあるお話ですね、笑っちゃいました。
高校の先輩が、英語教師となって帰ってきました。地元で国体が開かれたとき、緊張したうわずった声でしたが、外国からのお客さまに見事に通訳を務めていましたね。
【2009/05/22 08:26】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
プロでありたいとは思うのですが、、何を持ってプロというか・・・、日々勉強以外無しとおもっていますが・・・。

横着なひげでした。笑)
【2009/05/22 08:00】 URL | ひげ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/22 00:32】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |