FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然道草 インフルエンザの反応は日本人の性格
IMG_6300.jpg

 仕事の終了後、詰め替え容器が欲しくて近くの100均のダイソーへと出掛けた。そこで見つけたのがこれ。言わずと知れた擦り込みタイプのアルコールジェルだ。ドラッグストアからマスクと消毒液が消えた市内。100均のダイソーでもマスクはなかったが、こんなものがあるとは。思わず手にとってしげしげと眺めていると、横から同じように伸びてきた腕・・・ 外国人の女性だった。この辺りにでも住んでいるのだろう。買い物籠へ入れていた。行きつけの漢方薬局の店員さんからは、ガーゼまでもが品切れになっていると聴かされて驚いた。

 今日はマスクを付けた人が多かった。かく言う私も職場から支給されたマスクを付けて総合案内に立った。異様な光景だ。

 昨日出先で携帯がぶんぶん・・・ 姪っ子のお父さんからだった。その朝も、珍しく早朝からメールが入って、

   街から学生が消えました。

 と、したためてあった。私は、

   お店からマスクが消えました。

 と、返信。その続きの電話だった。勤め先の会社がある街は、インフルエンザが発生していた。例の高校生がいる学校のクラブと交流試合があって、そこからの発生だそうだ。学校は軒並み休校。マスクもなくなったらしい。なにもマスクは大きな街のドラッグストアだけではなかったのだ。姪っ子の家族もマスクが不足してきており、私に手に入らないかと言うことだった。こちらもないことを告げて、探してみるわと切った。
 
 常備薬にしているうがい薬が切れたので買い物に来ていたのだが、うがい薬はあったが、マスクはどのお店でも品切れ状態。みんな目の色を変えている。あたかも70年代のオイルショックの時に起こった、トイレットペーパーのような有様だ。子供だった私には記憶がないのだが、きっとこんな感じだったのではと思う。
 幸い私は早くに一箱確保していたのと、ネット通販で現在注文中。間もなく届く予定だったがもう少し先になりそうなので、私の備蓄から少しあちらに回してやろうと思っている。
 そう言えば最近のマスクはディスポが多い。それがマスクだという認識にもなっているのだろう。清潔なことは確かだが、ちょっと考え方を変えれば、汚れたディスポのマスクを使うより、1日に2回か3回でも中にガーゼを入れて取り替える方が清潔だと思う。湿気を与えるために少し湿らせることもする。普段なら細菌を増やすことになるが、ウイルスにはいいかもしれない。ただし、こまめに取り替えないとやっぱり汚い。

 それにしても国民は過剰反応しすぎているのではないだろうか。

 政府の発表をよく聞いてみるといい。現在では季節的流行の通常のインフルエンザと同じ扱いでもいいのではとところまで来ている。しかし発症したときにメキシコであれだけ死者が出てしまったので、世界中が恐怖に陥った。ただしその直ぐあとで国民の栄養状態、医療状態などの関係ではと多少訂正されたので安心はしたようだ。
 ところがアメリカで死者が出るとなると、話は別だ。ここまで来ると恐ろしいインフルエンザというイメージが出来上がってしまった。そして日本へ上陸。その後にきた爆発的な感染の広がり。連日、これでもか言うほどの報道では、確かに不安もあおられる。予防には手洗いとマスク、それしかないとまでも言われていれば、マスクの買い占めに走るだろう。しかしそれは慢性疾患を持ったリスクの高い人のケースで、一般の人には当てはまらない。だが日本でもリスクの高い人は要注意だ。妊婦さんもお薬が使えない。
 それ以上にinputされているのが、中国など東南アジアで多くの死者を出したサーズの記憶が新しいからだろう。あおして一番手軽な予防と自分が感染源にならないための方法がマスクというわけだ。

 初めてのケースで、誰もが不安なのは当たり前だ。しかしここで国民がパニックになれば収拾がつかない。医療の現場もたいへんだろうと思う。病院などはどうやってマスクなどの確保をするのだろうと、反対に心配してしまった。
 そしてまた弱毒性だが感染力が強いと言うことで、自宅待機を余儀なくされるケースが増えたこと。会社を休むのみならず、保育園が閉鎖されると働いているお母さんが休まなければならない。そうなると仕事先が人手不足でさばききれない。デイサービスが閉鎖されると、お年寄りの面倒を見るためにこれもまた仕事を休まなければならず、国民生活は滅茶苦茶だ。悪循環もいいところ。

 こうした動きの背景には、島国という国民性もあるのではないだろうか。閉鎖された地域に暮らすものは、昔から外敵への備えの危機感が乏しい。今回の感染症もそうだ。島国だからと、水際での検疫を強化したが、入ってきてからは反対にそれが弱みと転換するのだ。

 今更神戸の高校の初期対応のまずさを指摘しても仕方がない。個人的には確かにあれは高校の危機管理の甘さがあったと考えている。団体を扱うものとしては、もっと慎重になるべきだったと思う。しかしそれは考え方の発想の転換で、これからもしも同じような危機管理になったときに教訓となるだろう。今はどう対応していけばよいか考えるのが先決だ。

 ここまで書いたのだから、どこが悪かったのかと言わせてもらうと、まず空港で発症者が発見されたと言うことは、行動を共にしていた生徒はすでに保菌者だと考えるべきだった。それに対応して彼らの行動制限を政府とも協議してある程度制限すべきではなかったか。それ故彼らから他の生徒に感染してしまった。感染した生徒は保菌者となって他府県の学校と交流試合を行いますます広がっていったと言うことだ。だから自由にした時点で、他校の生徒と交わるようなことは自粛か、もしくは十分に考えてから許可すべきだったかと思う。
 また、海外駐在中の社員を慌てて帰国させていたが、あれももう少し様子をみて自宅待機などにさせた方がよかったのではないだろうか。慌てて帰国させると、保菌者として国内に持ち帰ることになると思うのだ。まあ、これは今の時点だから言えることで、あの時なら帰国さえできなるかもと言う懸念があったのは確かだ。

 そろそろみんな頭を冷やしてはどうだろうか。冷静に考えなければ、神戸高校の生徒、教職員はこれまで以上に誹謗中傷の被害に遭うのだ。彼らはもう十分に反省も後悔もしているはずだ。今回のインフルエンザで一番の被害者なのだ。
 かといって、なぜ休校になったのかを理解していない生徒・学童が多く、街にはそんな彼らが溢れている。これを理解不足と取るか、指導不足と取るか。ここまで来ても他人事のように考えている人がいかに多いかが解る。発熱相談センターに電話せずに直接病院に行く人も多いそうだ。回線が繋がらない場合もあるだろうが、早期から設置したことと必ず電話してから行くようにと毎日報道されていたのに、他人事だと思って聞いていなかった人も中にはいるだろう。いざ身に降りかかってようやくことの重大さに気づくのだ。

 京都はまだ報告はされていない。しかしこれも時間の問題だろう。そうなったとき、京都市民はどんな対応を迫られるか。観光客が多いこの街は、旅行のキャンセルが相次いでいる。それだけならいいが、発生が報告されると帰っていく人も滞在を命じられる人も、みな、パニックだろう。

 神戸の街もきっと行政は混乱状態で通常の仕事もできず、どんどん都市機能も低下してるのではないかと心配になる。そう、明日は我が身なのだから。
 ところで、先日時間を費やしてネット検索したときに感じたのだが、現在マスクを扱っているところは莫大な収益を上げているのだろうと。在庫があるのは特に医療の現場で使われる本格的なもの。とても高価なものだ。そこまで完璧なマスクが一般人に必要だろうか。毒ガスの中に飛び込むために使うような宣伝の仕方だ。
 
 タミフルにしろ、マスクにしろ、この騒ぎで利益を得ているのは誰だろう。そんなところから逆に辿っていけば、あおり立てているものがどう関与しているのかを考えれば言わずと知れたこと。などというと言い過ぎだろうか。

 ある人などは賞味期限(!)の切れかけたタミフルを放出するためではないかと言っていた。それを聞き、当たらずとも遠からずではないかと私も思った。

 ネットのサイトも凄くあおり立てている。見たとき唖然としたほどだ。ここまで心配することはないし、恐れさせることは反対にパニックを引き起こさせる原因でもあると思う。

   楽天市場

 ここまで言われて買いたい人は買えばいいし、私のように必要でないと思う人は無視すればいい。ただ、ここまで書くとSARSが発症したように思う人も少なくないのではないか。こういったサイトも不安をあおり、この危機を機会に利益に走っているのではないかと私は思う。
 今や情報はネットので得る人が多くなっている現在、こういったことを鵜呑みにする人がいるのだ。外出を控える人が多くなった今こそ、ちゃんとした正しい情報を報道し、安心させるのが政府をはじめとしてマスメディアの勤めでないか。そして過激なこのようなサイトの監視をもするのが政府の今の勤めではないだろうか。

 私は行政に関わる人間でもないし、もちろんメディアにも関係ない。ただの一般市民だ。多くの市民は不安をあおり立てられている。麻生首相ではないが、冷静な行動を願うのみ。
【2009/05/19 22:47】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«徒然道草 白バイ軍団はいずこに | ホーム | 徒然道草 アドレス間違えた・・・»
コメント
鍵コメさん、こんばんは。
本当にばかげていますよね。
京都のイベントは予防策をとった上での続行みたいなので、出かけられそうです。
来週、行ってみますよ、カナート。
【2009/05/20 22:09】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/20 21:47】 | #[ 編集]
われもこうさん、こんばんは。
かなりの長文を読んで頂き、まずは御礼を申し上げます(笑)

えらい騒ぎです。ほんとにどこでも買えません。滋賀で出ました。京都も直ぐでしょう。身内のところと自分のところと、マスクが足りませんわ(苦笑;)

でもね、思うんです。ネットで検索していたら、みんなインフルエンザ対応なんです。そこまで必要ないのに、高いものを売りつけようとしていますね。ほんまに普通のでいいのに。
手持ちのを大事に使わなければ。
いっそのことインフルパーティして抗体を付けた方が早いですね。
【2009/05/20 21:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんにちは
↓の薔薇は柔らかい色合いが素敵ですね〜〜

確かに、今回は騒ぎすぎだと思います。でも、いつか必ず来ると言われる怖いパンデミックに備えての予行演習ができたと考えたほうがよいかもしれません。普通のひとたちもマスクや食料の常備・消毒の必要性も理解できたことですから。
いざ強毒性のインフルエンザが出現したときに、こんな対策なら感染爆発も間違いなしだと感じました。発熱外来がパンクするのも当たり前だし・・・

医療面はどうしようもないけれど、政府をあてにせず、せめてマスクと食料・消毒薬・・・自分の身は自分で守る準備だけは欠かせないと思うのです。大阪でマスクが買えないというので、東京から送ったりしています。全国でマヒしたら、それもできなくなくなります。


ところで、アメリカなどで「このインフルエンザにかかるパーティ」とかいうのって知ってます?この程度でかかれば、抗体を今のうちに作っておく方がいいかも・・なんてね

【2009/05/20 12:29】 URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |