FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

葵祭 2009 by 京都三大祭り
IMG_4202.jpg
斎王代

 今日は葵祭。さわやかな風の吹く、五月晴れ。からりと晴れて、少し肌寒いくらいだ。

 昨日は疲れてぐったり。朝早くから御所で場所を取る元気は全くなし・・・ 今年は御所をやめて、その後に行く府立医大南門前で待った。

 トップにはやはり斎王代、なのだが、あえて横向きで。

IMG_4124.jpg
平安騎馬隊

 葵祭で何が楽しみって、平安騎馬隊。男性は黒い毛並みの子に騎乗、女性はいつものこの子。

IMG_4166.jpg

IMG_4238.jpg

 今日は午前中、頼まれものの撮影に出ていた。こちらにも早めに行きたかったが、上記にあるように疲れが残っていたのと、週末はお天気が崩れるので今のうちに撮影を済ませておきたかった。ちょうど週末留守をする予定だったと先方さまに聞いて、そちらを先に行っておいてよかったと胸をなで下ろす。

 そちらの様子はまた今度。

IMG_4193.jpg
童女

 行列にはこんなかわいい童女も参加する。いつもかわいい女の子が選ばれているように思われる。お祭りには綺麗な女性は付きもの。

IMG_4232_20090515152427.jpg

 仕草がとても艶っぽい・・・ 一瞬のことだった。トリミングして・・・

IMG_4232 r

 青海波の模様がちょうど広がる。


 さて、まだまだ続く葵祭。この続きはまた今度。

IMG_4263.jpg
飛行機雲

 今日のおまけはこれ。クロスに架かった飛行機雲。新緑と真っ青な空にクロスした白い雲が、とても綺麗だった。

ユーザータグ【 葵祭 平安騎馬隊
【2009/05/15 15:52】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«製品説明講演会 at ホテルグランヴィア京都 | ホーム | 梨木神社»
コメント
まめゆりさん、お早うございます。
青海波の模様が好きです。この方の素敵なこと、私もうっとりです。次はこの方に斎王代をやってもらいたいですね(苦笑)
【2009/05/18 07:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
華やかですねぇ、うっとりです。
童女の可愛らしさ、お人形さんのようです。
女人の一瞬のしぐさで思いがけず広がった青海波紋様の青?藍色?は独特ですね。青海波は大好きな紋様でこの柄の名古屋帯は若いころから一番のお気に入りで何度も締めました。今は箪笥のこやしになってますが^^;。
【2009/05/17 23:30】 URL | まめゆり #-[ 編集]
鍵コメさん、お早うございます。
確かに、様々に言われていますね。
緊張で顔がこわばっています。あれではだめですよ。
【2009/05/16 08:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/16 01:50】 | #[ 編集]
Tommyさん、こんばんは。
飛行機雲が好きなんです。これに夕陽が背景ならと、想像してしまいました。
郷愁を誘いますね。
【2009/05/15 23:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鍵コメさん、こんばんは。
お疲れさまでした。

先日の記事にサムネイルでアップしています。よろしければプリントアウトして下さいな。
【2009/05/15 23:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
飛行機雲
このところ多いです。気象条件でしょうか。昨日の夕方、電車の中から見たのですが、「飛行機雲」(複数)、「夕日」、「雲」の共演が素晴らしかったです。文字では表現できず、写真(携帯)撮ることもできなっかったです。この風景ずうっと見てたいいくらいでしたよ。
小さい頃、友人と(誰か不明)二人で、池の向こうの夕日を無言でずーと見詰めていたのを思い出しました。
【2009/05/15 21:46】 URL | Tommy #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/15 18:40】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |