FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 その12 at 大沢池 
IMG_7696.jpg
大沢池その1

 映画やTVドラマの時代劇のロケがよく行われる大覚寺。その門前に、写真を趣味としている男性がご夫婦で営む小さな飲食店があって、壁にはいつも多くの写真がかけられている。
 嵯峨野、特に大覚寺に行くときにはいつもこのお店に立ち寄って、軽食か、もしくはお茶をして一休みすることにしている。この日は気温が上がり、数km歩いたあとではさすがに口渇を覚えていた。

   お久しぶり(^.^)

 小さく手を振って、奥にいたご主人に挨拶をする。

   おお、誰かと思ったがな

 ここのご夫婦とは、ちょっとした知り合いだ。

 滅多に冷たいものは頼まないのだが、早朝に軽い朝食を摂ってから何も口にしていなくて、とにかくさっぱりとした冷たい飲み物が欲しくて檸檬スカッシュを注文。奥で奥さんが作りながら、我々は写真談義。

   今は何を使うとるんや?これか?重いなあ、ええの使うとるやんか

   ほんとはな、MarkⅡが欲しいねんけど、私の財力ではこれが限界やねん・・・

 程なく檸檬をたっぷり搾った檸檬スカッシュが運ばれてきた。一気に飲みたいところをぐっと我慢して、ゆっくり飲んだが、注意していたにもかかわらず種をひとつ、飲み込んでしまった。ま、大丈夫だろう。
 クエン酸パワーを補充した私は、また来るわと手を振ってお店を出た。

IMG_7689.jpg
大沢池その2

 昨夜、ニュースの続きでそのまま消し損なったTVで、派遣切りの関連した内容で番組が始まったので、つい見てしまった。人手不足を派遣切りで職を失った人に、農業の仕事を提供してみたその結果だった。「農業は雇用の受け皿となるか」とサブタイトルが付けられていた。
 農業が今抱えている問題が後継者不足、人手不足と言われているが、それは山間地で著明だ。地方の小さな自治体が、研修生として人員を募集して農業や林業に携わる人を育成して、できればそのままその地域に永住してくれることを望みながら、安い家賃で住居も提供して募集をかけた。多くの人が集まったが、いざ仕事(研修)を始めると、早ければ3・4日で姿を消すという。

IMG_7681.jpg
大沢池その3

 ある自治体では、1年間頑張ったら10万円の報奨金をだしていたが、それをもらった途端に出て行ったとか。東京でこのような農業従事者の募集案内を行ったところ、派遣切り経験者をはじめ、本当に多くの人が集まったのだが、結果は上記のような結末が多かったそうだ。

 そんな脱落者に理由を聞いてみたところ、やはり体力の問題、仕事の拘束時間が長くきりがない上にお給料が安いこと、冬場の寒さの中での仕事に耐えられなかった・・・等々。
 根本的に農業というのは屋外作業であり、季節で作業の繁雑さが変わる。また天候や作物の病気や害虫、そのようなことが理解できずに応募したように思う。

 この番組を見ていて思ったのが、人出が足りないから余っている派遣切りの人を使うという、安易な考えそのものに無理があることだ。派遣社員の殆どが製造業に携わっていた人が多く、少なくともエアコンのコントロールが行われいる作業場で働き、きっかり時間内で仕事が終わる。農作業とはあまりにもかけ離れすぎているのだ。機械だけを相手にしていた人にとって、生き物である野菜たちの声にならない言葉を聞き、自然を相手にすると言うことは、所詮無理があったのだと思う。

IMG_7676.jpg
大沢池その4

 老後を田舎で田んぼを耕してというのは、計画を練ってから行っていることだ。それでも70歳、80歳になればそれも無理と言うもの。いきなり仕事がないから農業でも、と言って簡単にできるわけがない。また、最近の農業は多角経営が多く、農産物を市場に出荷するだけではなく、「農業法人」という組織になっている経営者も多いそうだ。採れた農産物を加工して、売り手市場に出す。それには単純作業しかできないスタッフは不要で、柔軟な考え方のできる人や、特技や資格を持っている人を募集しているとか。ある会社の新人を紹介していたが、京都外大(!)卒で英語が堪能な男性や、百貨店でばりばり営業をこなしていた経験のある女性などだ。経営者曰く、農作業や製造などの単純作業はパート従業員で十分まかなえる。欲しい人材はこういった経営戦力となる人たちだと。

 これでは主に単純作業の多かった元派遣社員では厳しいかも知れない。

IMG_7589.jpg
枝に乗って毛繕い

 しかしこのような人たちを募集して成功している自治体もあると言うことで、その成功の秘訣としてはいくつかあるが、まずは農業自体がこれまでの農業ではなくてどんどん変わってくこと、移住してきた人を受け入れ若い人の発想を延ばすこと。従来の考え方では農業は廃れると言うことだ。過疎地に於けるこういった試みでは特にこの考え方が重要ではないだろうか。

 このミスマッチはなにも農業に限ったことではなく、今年1月に同じ事を介護職で始めた自治体がある。その後どうなったのかは知らない。まあ、似たり寄ったりだろう。この時も私はこのやり方は、絶対に失敗に終わると思った。行きつけの鍼灸院の先生とも雑談でも私が切り出した話だ。仕事がないからと、いきなり介護の仕事は無理だと。この仕事がやりたいというのならともかく、おしもの世話、吐物の始末、移送等々、できるだろうか。利用者からクレームが出たとき、いきなり切れて虐待を行わないという保証はない。ある程度のセンスも必要とされると思うのだ。

IMG_7620たんぽぽ
たんぽぽ

 数字の足し算引き算なら簡単に辻褄は合わせられる。しかしそれを人間でやろうというのは無謀なことだ。そして元派遣切りにあった人も、安易に考えないことを望む。ネットの掲示板などを見ると、なかなか手厳しいことを述べる人が多いのには驚かされた。その辺りのことはあえてここに示すつもりはないので、興味のある方はご自分で見て欲しい。

 面白いと思ったのは、派遣業が開始された小泉内閣の時、最低限のお給料でも生活できるように始まった事だという意見だ。定職を持っていた私には関係ないことだったので、この時期あまり耳を貸さなかったのだが、ちょっとしっかり知っておいた方がよかったと反省。そしてネットで意見を述べる人は、ある程度余裕のある人だから好きなように言えるのだと言うこと。この点は私もなるほどと思った。結局俗に言う「勝ち組」だからだ。

 そう言う自分もブログを立ち上げてこうやって打ち込んでいるのは、これは仕事ではなくて遊びの部類に入る。本当の意見はネットには出てこないだろう。だが、接客業がいやだから機械相手の仕事しかできないという人もいるだろうし、40歳、50歳になってから新たな職種は経験できないと逃げる人もいるのは確かだ。でも、そうやってえり好みできるのは、まだせっぱ詰まっているのではないのではないか。甘えてはいないか。子育ての関係で、どうしてもそんな不安定なことしかできなかったなどという人もある。それを外しても正社員の責任がうざいから気楽な派遣で、と安易に考えてずるずると来た人も多いはずだ。特に工場での製造なら、大抵安くて入れる社宅が付いている。

IMG_7592ヒドリガモ
ヒドリガモ

 とはいえ、この世界的恐慌では誰がどうやっても当分は景気の回復は無理だろう。誰がどのような意見を述べようとも、始まってしまったことはどうしようもない。私のこの発言も、どうぞ戯言と笑ってやってもらえたら幸いである。

IMG_7657日向みずき
日向ミズキ

 今日も長くなってしまった。

 鴨川にも咲いていたこの花、最近やっと名前が解った。日向ミズキ。ちょっとお気に入り。 

IMG_5667鴨川
北大路橋下流から上流を臨む(コンデジで)

IMG_5669半木の道
半木の道に咲く紅枝垂れ桜(コンデジで)

 今日のおまけはこれ。鴨川飛び石から撮った鴨川と、満開に近くなった植物園西側の、半木の道に咲く紅枝垂れ桜。今週末がここも見頃だろうと思われる。多くの人で賑わっていた。

 
ユーザータグ【 大覚寺 派遣切り
【2009/04/08 17:08】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«京都桜紀行 その13 at 平安神宮 | ホーム | 修復中の銀閣寺 その続き for リクエスト»
コメント
鷹寅さん、こんばんは。
植物にしろ、生き物にしろ、地域で随分と変わりますね。私も他所の動植物も興味津々です。
一般公開しているお寺は、管理がたいへんだと思います。世界遺産にも落書きされる時代ですからね。
【2009/04/09 22:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
sohyaさん、こんばんは。
 >政治も自治体も、そういう農村の現実というものに、余りにも無知です
私もそうだと思います。麻生さん自身もおぼっちゃまですからね。
農業は今のうちに変わっていかないと、国産の野菜にしろ牛乳でも、全て輸入に頼るというよりも、輸入品を使うように押しつけられそうに感じます。
【2009/04/09 22:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
空豆さん、こんばんは。
太陽とともに生活するのも夢ですが、あくまでも生活に余裕があれば、ですね。
自然を相手にするのはたいへんですわ。
【2009/04/09 21:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
 >100年に一度の不況はこれから始まるんやと思っていますよ
貧富の差が激しくなってからですね、本当に恐いのは。スラム街のようになるんでしょうか。

カメラも欲しいけど、上を見ればきりがなく・・・
【2009/04/09 21:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
[ヒドリガモ]珍しい鳥ですねー。大覚寺は本当に、時代劇の、一人舞台ですよね。
禅寺ですよねー。よく汚されて困るという話も聞きますが・・・本当に、京都の美しさに、見惚れます。!
【2009/04/09 17:08】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
■阿修羅王さま。
お早うございます。
この番組は、私も見ました。
私は農村生まれ、農村育ちですから、「農業」というものを一般の人よりは、よく知っていると思います。(私の生業は農業ではありませんでした)
「農業工場」というような新しい形のものが育つようになる場合は別として、今までに見られる俗にいう「農業」では「賃労働」というのは成り立たないのです。農家は自分たちの労賃はゼロとして計算してはじめて採算が合う、というのが現在の日本の農業の姿でしょう。
この記事であなたがおっしゃったように、安易に賃金のみを求めて農業に「来る」人は、この現実に直面すると、すぐに「あきらめる」でしょうね。
政治も自治体も、そういう農村の現実というものに、余りにも無知です。
固い話をしてしまいました。 では、また。
【2009/04/09 08:26】 URL | sohya #-[ 編集]
今日は時代劇やドラマでよく見る風景でなんか親近感が湧きました。
この辺りは、農業一本でやってる人も多いです。お日さまとともにする仕事も悪くないかな…と思ったりもするけど、やっぱり大変みたいですね…
【2009/04/09 07:58】 URL | 空豆 #-[ 編集]
100年に一度の不況はこれから始まるんやと思っていますよ・・・・。15兆円ですか・・・
どこから出てくるんやろな・・・・。
わが家にもそんな便利なもんないかいな・・・そうしたらカメラの新品買えるのに・・・。あぁ・・こまいこと朝からゆうてしもた。笑)
【2009/04/09 07:33】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |