FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 その12 at 嵐山渡月橋
IMG_7369嵐山
嵐山渡月橋上流

 この春はすっきりと晴れる日が少ない。昨日もすっきりと晴れることはなかったが、嵐山の画像が必要に迫っていたため、桜を求めて出掛けた。

IMG_7292桜
亀山公園展望台からの眺望

 この時期は多くの人で賑わう嵐山界隈も、早朝はまだ少ない。だが私が行きたかったのは亀山公園の展望台。嵐電嵐山駅をでると左に折れ、渡月橋の手前を川沿いに遡る。高級料亭旅館嵐亭を右に見ながら進むと、市の公衆トイレがある。そこの横から展望台に上がることができる。もっとも、その先にも上がっていく道はいくつかあるが。
 急な階段を上がっていく。石畳の階段は、雨の日には滑りそうだ。

 眺望の開けた展望台には、既にふたりの男性がカメラを準備中。柵の向こうの景色をまずは堪能する。直ぐ真下には大堰川の流れが、深い緑を映し込んでいる。息を飲むような眺めだ。

 展望台はこの奥にもあるので、そちらの眺めも確認する。少しでもいい眺望を切り取りたいのだが、薄雲のかかった空は晴れそうにもない。淡い桜色をちりばめた山の斜面も、色がくすんでいる。

IMG_7314トロッコ列車
トロッコ列車

 春から晩秋まで運行しているトロッコ列車は、いつも予約でいっぱいだ。特にこれからの季節は新緑が川面に映えて、また美しいのだ。秋の紅葉のシーズンもとても見応えがある。まだ芽吹いていない樹木が多いので、赤く塗装された列車も目立たない。やはり新緑の頃が綺麗に映えそうだ。
 ここから見える線路沿いにも桜が植えられているが、日照時間の関係か、まだちらほらのようだ。カメラを持った年配の男性が、いろいろ教えてくれる。

   あんた、どこから来はったんや?嵯峨野の佐野造園は行ったか?

   いいえ、話は聞いたことがありますが、詳しくは知らないんです

 彼は行き方を説明してくれたが、嵯峨野の地図が頭に入っていない私は、大沢の池、広沢の池までは解った。その直ぐ近くのようなので、どちらにせよ大覚寺には行く予定にしているので、その辺でまた訪ねてみればいい。

IMG_7346渡し船
渡し船(大人400円 子供200円)

 眺望は手前の所が一番いいようだ。しかし真ん中の展望台でも60歳代くらいの男性が、望遠レンズを付けて準備中。この向こう岸の山の中腹に境内に大きな桜が咲く、お寺が見える。そこを狙っているとのこと。眼下に見える向こう岸の道から、突き当たりを険しい山道で上がっていけると教えてくれたが、今日の所は時間がない。

IMG_7368 r大堰川
大堰川

 展望台から降りてくると、そこは人種のるつぼだった。ブロンドの男女、見た目は日本人なのに中国語を話す人、何故かえびすやさんの車夫のお兄さんは片言英語でカメラの扱い方を聞いていたが。来たときと異なり、多くの人で賑わっている。この人混みを抜けて私は奥嵯峨まで行きたいのだ。

   えらいことになったわ・・・

 まあ、予想されてたことでもあるし、頑張って歩いていくか。

 この続きはまた今度。

IMG_7387.jpg
 今日のおまけはこれ。嵐電嵐山駅前にお店を構える京漬け物の「もり」さんの店先に飾ってあった大根。りっぱだ・・・

   I have no idea・・・ 
ユーザータグ【 嵐山 亀山公園
【2009/04/04 22:59】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«朗読劇 「ゆくへ知られぬ宇治の恋」 in 京都府庁旧本館 | ホーム | 京都桜紀行 その11の続き at 醍醐寺最終回»
コメント
われもこうさん、お早うございます。
私は染井吉野より、やはりヤマザクラや枝垂れ桜が好きです。特に山肌に点在する桜のピンクは、風情がありますね。
 >山笑う
そう言えばそんな言葉を聞いたことがありますね。
【2009/04/06 07:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは
醍醐寺の桜、先日ゆっくり堪能させてもらいましたが、コメントを置く時間がなくなりました^^;
桜のない時期にこちらには行って、トロッコ列車にも乗ったことがあり、懐かしいです。
嵐山から嵯峨野〜〜〜カメラ持って健脚ですね。羨ましい行程です。ソメイヨシノも素敵だけど、山桜も趣があります。この時期の山の様子を「山笑う」と呼ぶと聞いたばかりですが、こういう風景なのかしらね
【2009/04/05 23:37】 URL |  われもこう #-[ 編集]
ぷくたろうさん、こんばんは。
そしてお帰りやす。

画になる所なので、その分お客さまも多いですね。
この大根、別名根性大根とでも名付けたいですね。
【2009/04/05 22:39】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひろさん、こんばんは。
展望台からの眺めは、いつの季節でも気持ちのいいものですね。
ひろさんのことだから、きっとまた早朝でしょうが。
【2009/04/05 22:36】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
トロッコ列車&渡し舟、そして桜…絵になりますね。私の隣町にも「嵐山」ってあります。こちらは「ランザン」って読むのですが、よく間違えられます。
渡し舟というと寅さんを連想します。「結構毛だらけネコ灰だらけ…」あ、その先は言いませんね(^艸^)
オマケの大根!立派ですね、花まで咲かせていい根性しています。
【2009/04/05 22:32】 URL | ぷくたろう #-[ 編集]
こんばんは^^
僕も今日同じ場所からこの景色を眺めてました^^
誰もいなくて気持ちよかったです^^
【2009/04/05 20:51】 URL | ひろ #jdItOO7Y[ 編集]
トレビアン・西さん、こんばんは。
嵐山になにか素敵な想い出でもありましたか(^.^) 風光明媚とは思いますが、人混みがたいへんですわ。
【2009/04/05 20:49】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
京都で桜と言えばヤマザクラか枝垂れではないでしょうか。
山の中腹に桜色が雲のように漂っています。
【2009/04/05 20:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは。嵐山は懐かしい。ここ数年行ってません。E〜もん見せて貰いました(^_^)
【2009/04/05 18:11】 URL | トレビアン・西 #9B64OxmM[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

山にちらほらの桜もいいもんですね・・・。
【2009/04/05 08:16】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |