FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 その11の続き at 醍醐寺最終回
IMG_6368大講堂3
大講堂その1

 長かった醍醐寺もいよいよ最終日となった。

 山門を抜け、五重塔を右手に、金堂を左手に、どんどん奥まで行く。ぱっと開けたそこには大きな池のほとりに立つ大講堂と弁天堂。

IMG_6398弁天堂3
弁天堂その1

 少し小高い所に立つ弁天堂。見晴らしがよいのだろう。数人の人が入れ替わり立ち替わり階段に座って、池を見下ろすロケーションを楽しんでいる。池の周りをうろうろして、その人影が消えるのを待った。

IMG_6354弁天堂1
弁天堂その2

 ようやく人影がなくなったのでシャッターを切り始めると、隣に見覚えのある姿が見えた。被写体を捜しているのか、きょろきょろしている。

   あ・・・(ぺこり)

 霊宝館で場所を譲り合った男性だ。

   ああ、これはまた(笑) ここには初めて来たんですよ。

   あそこの弁天堂に長いこと人の姿があったんですけど、やっといはらへんようになりましたわ。
   私は時々来ているんです。

 言われて彼は、池の向こう岸に建つ弁天堂のロケーションに気が付いたようだった。しきりに撮り始めた。
 丸顔の、笑顔が優しそうな人だ。

IMG_6363大講堂2
大講堂その2

 大講堂には、お参りに上がっていく人の列が絶えない。とても急な階段なのだが、中央に手すりも付けてあるので、足腰の弱そうな年配の人たちも上がっていく。
 その行列につられて私もお参りを済ませ階段を降りようとしたが、目の前に桜の枝が迫り、とても綺麗だ。そしてひさしの突端にぶら下がっている、あれはなんという名であったか、桜を背景に撮りたいと思っていたので、何カットか撮って満足してその場を離れようとした。すると私とすれ違うように、と言うより退くのを待っていたかのように、私より少し年上くらいの女性が滑り込む。私はそのまま階段を降りたのだが、後ろを振り向くと私の立っていた階段横には人だかりだったので笑ってしまった。

IMG_6352大講堂1
大講堂その3

 つい先程まではお参りをして帰る人だけだったのに・・・ そしてまた、その中にさっきの男性の、ブルーのジャケットを見つけて再び苦笑した。

IMG_6456スミレ1
すみれ


 帰り道、すみれが群生していた。低い姿勢で撮っていた私は、後しろから声がするのが聞こえた。

   これはなんやろな?すみれかな・・・

 少し年配の男性の声だ。少しして、それが私に向けて言われていることに気が付いた。

   はい、すみれですよ

 私は立ち上がり、振り向いて答えた。

IMG_6505.jpg
金堂再び

IMG_6548.jpg
山門その1

IMG_7167.jpg
山門その2

 人混みを抜け、ようやく下山してきた。陽は高く昇り山門に当たるようになっている。桜の多い醍醐寺は、山門を見ているだけでお花見の雰囲気が伝わってくる。太閤さんのお花見は、こんな風に山と桜に囲まれた、本当に華やかだったのだろう。あの時代にタイムトリップして、ちょっと覗いてみたいものだ。

IMG_7187.jpg
飛行機雲

 もう間もなく外へ出ると言うとき、真っ青な空を飛行機雲が横切っていくのが見えた。青い空に描いていく真っ白な飛行機雲が好きだ。思わずカメラを向けてしまった。
 そのカメラを下ろすと、背後から男性の声で話しかけられた。

   済みません、ちょっと撮らせてもらいました。大きなカメラですね、撮ってる姿があんまりかっこいいので撮らせてもらいました(笑) 顔は撮っていません

   ああ、構いませんよ(^.^)

   最近女性でこんな大きなカメラを持っている人が増えましたね

   ええ、そうですね。今日もたくさん見ました

 実を言えば、どうせなら普通に撮ってもらいたいものだと、ちょっと残念だった。しかし最近は肖像権だとか諸事情が絡み、言い出しにくいのだろう。

   ま、いいか。どうせ疲れた顔をしてるやろしな

 そう、ここには3日通って、ようやく青い空を手に入れたのだ。ここまで長らくのお付き合いをありがとうございます。

IMG_7369嵐山

 次回の京都桜紀行予告はこれ。嵐山。今日はひたすら歩いてきた。そのレポートはまた今度。
ユーザータグ【 醍醐寺
【2009/04/03 22:10】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都桜紀行 その12 at 嵐山渡月橋 | ホーム | 冠雪 at 比叡山»
コメント
とる☆ねこさん、こんばんは。
私もあの歌、大好きです。

私はゼロハンライダーで、サーキットの狼の愛読者です。
今の世の中があまりにも詰まらないので、余計に昔のいい時代を思い出しますね。
決して年を取った証拠ではないです!(笑)
【2009/04/04 23:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
タイムリーに、ユーミンの、
「ひこうき雲」を聞いています。
「空に憧れて、空を駆けて行く…。」

私も昔、女だてらに車の競技をしていました。
今では、珍しくも何ともないですけど。
昔を思い出すのは、歳を取った証拠。
(自・爆)


【2009/04/04 22:45】 URL | とる☆ねこ #-[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
お返事が遅くなりました。

桜の名所が多い京都の春は、どこに行ってもはんなりとした気持ちになれます。
ただ、ね。場所が多すぎて最近疲れてきましたよ。贅沢な悩みです(笑)
【2009/04/04 21:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

何とも言われぬ京都の春ですね・・・・。

今TVでも京都の春を写していますよ。
【2009/04/04 07:58】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |