FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

御土居の梅林 その1 at 北野天満宮 高齢者自動車事故の結末
IMG_1723.jpg
枝垂れ梅

 北野天満宮には境内だけでなく、広大な梅園を有している。年末になると、この梅園と境内で実った青梅を塩漬けした大福梅が授与される。何種類の梅だったか、50種類あまりあったと記憶している。

 その梅園の西側に細い流れがある。その土手を御土居という。

IMG_1821_20090227210023.jpg
看板

 秋にはこのあたりは紅葉で赤く染まるが、この季節は甘い梅花の香りに包まれる。この御土居に咲く、ピンク色の枝垂れ梅が私の大のお気に入り。

IMG_1751_20090227205735.jpg


 ところで、昨日業務終了後歯科に行くことになっていたので、やや急ぎ気味に愛車を走らせていた。いくら急いでいても、しかし信号だけは無視することはできないのは当然の義務。通勤路で一番注意をしなければいけない交差点。信号は赤から青へと変わり、横断歩道を渡ろうとしたとき、1台の普通乗用車が交差点に入ってきた。ここではぎりぎりに突っ込みをかける、横着なドライバーが多いのだ。
 しかし、この車は違った。普通の速度で平然とした顔で走り去った姿は年配の女性・・・70歳くらいか。あれは絶対に信号を見ていない。タイミングから考えても、完全に信号が変わってから進入している。

IMG_1761.jpg

 この6月から紅葉マーク、別名枯葉マークと称する高齢者マークを表示することが罰則つきで義務づけられる。高齢者いじめだとか、交通機関がないのに車を手放すわけにはいかないとか、多くの意見が飛び交った問題だ。いくつかこれに関する番組や記事も読んだが、賛否両論、どちらの意見も大切だ。
 しかし、最近目に付く高齢者の自動車事故はあまりにもひどい。ここ1・2年で急激な増加を見ている。高速道路での逆走はもちろん、一般道路でも起こっている。どうして反対に走ってしまったのか解らないと供述している。そしてブレーキとアクセルの踏み間違いによる建造物などへの衝突。自分だけならいいが、多くの人が命を奪われ負傷している。あわてて間違えたという。

 逆走については事故が勃発し始めたとき、認知症のためではないかと考えたことがある。そうでなければ納得できない現象だ。最近になって大きな報道としてはされていないが、どうも一番の要因のようだ。事故を起こしたとき、遺族や被害者への補償はどうしているのだろうと思う。事故を起こした本人の年齢が年齢なので、あとの始末はたいへんであり、微妙な問題だ。けっしてそれらは報道されないが、家族の崩壊、生活も崩壊、70歳も越えてから交通刑務所か・・・
 しかしそれが厳しい現実。年齢を理由に執行猶予も多分付けられるのかも知れない。

IMG_1760.jpg

 運転免許証は失効されるだろう。市内でも紅葉マークを見かけることが増えたのは、近々罰則されるからだろう。だが、このような事故に巻き込まれる可能性は、高齢社会になるほど上がっていくのは必然的だ。
 アンケート結果や聞き取り調査も行われているが、高齢者に問うと、自分は若い人より経験があるから運転技術では負けることはないと自負している人が殆どだ。しかし、年齢とともに判断能力・反射神経など著しい低下を来たしていることを絶対に認めないのが、高齢者の特徴だ。
 古い経験は、時には大きな障害となる。新しい技術が仕事に入ってきたとき、ベテランがついて行けなくなる、あの悲しい現実にも酷似している。

IMG_1758.jpg

 最近の若者は車にあまり固執しない傾向がある。また、現在の60代以上の高齢者が若かった頃は、高級車に乗ることが一つのstatusでもあったので、余計にその傾向があるのだろうと思う。公共の交通機関の多い都市部はまだ移動もしやすく、パスポートなどで交通費の割引もあり便利だが、郊外へと離れるに連れ、特に山村では車がないと何もできない。病院に行くためにも必要と、とうに80歳も越えた老人が車を運転するというケースも多い。これは事実だ。だから杓子定規に生活の足を取り上げるのはどうかと思う。

 予算も限られ最近の経済状況も考慮すると、自治体や病院経営者が病院の送迎バスやコミュニティバスを運行するのも厳しいが、そういった思い切った政策もしなければ、高齢者の自動車事故はこれからも増加の糸を辿るのではないだろうか。また、身分証明書の代わりに運転免許証を使うことも多いが、運転は許可されていなくても、それを継続して使用することができるシステムが実際にあるのだ。
 免許証を返納した高齢者に交付する「運転経歴証明書」に有効期間を設けて住所変更も可能にし、金融機関で口座を開設する際の身分証明書として利用できるようにすることができるようになる。
また、顔写真つきの住民基本台帳も証明書で使用することもできるので、それらの活用も広く報道すればいい。

IMG_1762.jpg

 5月からの陪審員制度、東京の殺人死体遺棄の事件では、この制度を前提にした形で裁判が行われ、おぞましい内容を目にすることになった。陪審員で出席した人が、その内容を外で口外することは許されることではないが、例えばこのような高齢者が起こした事故では、家族のおぞましい争いや泥沼状態になっていく様を、否が応でも目にしなければならないかも知れない。
 数字や理屈で何事も済ませようとする欧米諸国とは異なり、感情で物事を測ることの多い日本人。被告人を気の毒がったり、あまりの惨事に立腹したりして、処罰の量を判断し損なう恐れが大きいことを恐れる。星島被告の場合、遺族や関係者の人にとっては、あれだけのことをして何故死刑にならなかったのかと憤りを感じている。確かに尋常ではない事件だった。しかしもしあなたがあの場にいて感情的にならずに、冷静な判断を迫られたらできるか?私自身は自信がない。それ以前に、目を背けたくなる証拠品などを見せられた時点で冷静さを失うだろう。認知能力を指摘され、それを意固地に否定する高齢者の姿はどうだ?反対にむかついて来はしないか?

 日常的に法律に触れることのない一般人には、いきなり、ではない、ちゃんと告知時期があったのに大きな反対行動が起こらなかっただけだ。それだけ我々には縁のない法律の世界。感情だけでは計り知れないこともこの世にはあるのだと言うことを、我々日本人は肝に銘じなければいけない国際社会になりつつあるのだ。

IMG_1764.jpg

 目の前を信号無視で走り去った1台の高齢者が運転する乗用車。それは最近私がいら立ちを持って聴いていたニュースに火を付けた。

 まだある最近の気になるニュースは、また今度。梅園レポートの続きもまた今度。

IMG_5372.jpg
 今日のおまけはこれ。ここの梅園の入園券には、お茶券が付いてくる。梅昆布茶とおかし。紅白のお砂糖の付いた軽いおせんべいみたいなもの。これをくれるので、休憩所のベンチに座って、自分でお湯を注いで頂くのだ。今回は時間が惜しかったのでそのまま持ち帰った。
ユーザータグ【 高齢者事故 もみじマーク
【2009/02/27 22:22】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«御土居の梅林 その2 at 北野天満宮 日本は自力で自衛できるか | ホーム | つれづれ梅紀行 その2 at 御所梅園»
コメント
われもこうさん、こんばんは。
皆さん、運転をしはるのですね。私、立派なペーパードライバーです・・・(__)
便利なだけに、そうなんですよね。
いつかは潔くしないと、自分だけでなく家族みんなが不幸になるかも知れません。
でも、コメントをいただいた皆さんなら大丈夫です。しっかり理性を持ってはる方たちですから。
【2009/02/28 22:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
最近息子から反応が遅い!と文句を言われました。普通の方は10kオーバーほどで走ってましたが(汗;)、最近は、ちゃんと守るようにしています。安全運転に優るもの無しです。後ろからあおられても気にしない気にしない・・・
一度便利なものを手にすると、これが手放せないんですよね〜〜〜
【2009/02/28 21:16】 URL | われもこう #-[ 編集]
ひげさん、お早うございます。
退職後田舎暮らしを、なんて記事を以前にも書きましたが、同じですわ。
高齢者は若い人以上に、突発事故にに陥ったときにパニックになって、余計に大きな事故へと繋がるように思います。
誰しも認めたくないですが、いずれは年を取ります。その時にどうなっているかは、若いときから考えておきたいものです。

うち?想像できません。
【2009/02/28 10:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

ほんとに高齢者のドライバーが増えています。
おっちゃんもそろそろ・・・かな・・・。笑)先日もスーパーの駐車場からなかなか出られず四苦八苦している方がいらっしゃいました。即、誘導員に変身です。笑)
乗っておられたご夫婦は可也の高齢とお見受けしました。
北海道では、日常の買い物一つ車に頼らなければなりません。これから先もっと問題になってくるのでしょうね・・・。
【2009/02/28 09:28】 URL | ひげ #-[ 編集]
小紋さん、お早うございます。
天神さんあたりのことだけだと、以前は思っていたのですが、初めてここを訪れたときに看板を見て、驚きました。

車は便利ですが、凶器にもなります。私はペーパーですが、みんなで気をつけたいですね。
【2009/02/28 07:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、お早うございます。
いますねぇ、そういう訳の分からん行動をする人。PCも十分に扱えるBakoさんなら、そんなことはないと思っています。

でも、向こうから当たってきたらどうしましょうね。ほんと(-_-)
【2009/02/28 07:55】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
御土居は広い範囲なんですね。ほかのところで 見ましたが どこの国でも攻めてこられないように 考えて 囲いを作っているんですね。  気をつけて運転するようにします。
【2009/02/28 06:10】 URL | 小紋 #-[ 編集]
あーちゃん、私も車がなければ身動きとれません。
運転下手なのは重々承知していますので肝にめいじて安全運転を心掛けています。
ほんと!いるんですよ。トンネルのなかで指示器出したりするお年寄り?が・・・
【2009/02/27 23:27】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |