FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

梅花の定番 最終日 at 北野天満宮
IMG_0784.jpg
満開を迎えたピンクの紅梅

 天神さんの梅花もいよいよ最終日。まだまだ紹介しきれないほどに咲き乱れる。ここが終われば御土居の梅に移行したいが、天候不順でいけそうにもない。かく言う現在も小雪が舞っている。

IMG_0793.jpg
狛犬

IMG_0805_20090221085852.jpg
ピンクの幻想その1

IMG_0813_20090221085907.jpg
ピンクの幻想その2

IMG_0842.jpg
狛犬の瞳

IMG_0886.jpg
白梅

 昨夜、他県に住む叔父貴から電話がかかってきた。もう休もうかと思っていた22時半。こんな時刻に電話が鳴るなど、ただごとではないと思いつつ受話器をあげた。

 亡き父は6人兄弟。長男である父を筆頭に直ぐしたに叔母、そして叔父が4人いる。既に4人が鬼籍に入っており、電話をかけてきたのは3番目の叔父貴。兄弟の中でも一番気の優しい私の好きな叔父貴だ。何か困ったことがあると、嫁いで家を出た娘の代わりに、従姉で一番年長の私のところに相談を持ちかけてくる。
 電話の声は少し酔っている。やはりな、と思った。昨年の1月、彼の連れ合いが食道ガンの手術を受けたのだが、1年目の検査で肝転移が発見され、現在抗癌剤治療を受けているのだ。この週末で2クール目の治療が終わる。この治療の前、体調不良でいくつか検査を受けており、その結果も思わしくなく、前回の抗癌剤の治療も効果がでていなくて腫瘍マーカーが上昇しているのだという。
 
 検査の結果は今回の入院の時に主治医にアポを取って説明をしてもらうようにと、この間電話があったときに言っておいた。叔母には何も説明はしていないようだが、この先厳しい現実が待ちかまえている様子。亡くなった2番目の叔母を、ここの従姉ふたりと一緒に看取ったのだが、叔母と自分の母親では大きく異なる。叔父はそんな説明を一人で聞き、暗くて寒い自宅に帰ってきて呆然としていたようだ。このままでは眠れそうにないと、弱音を吐きに私に電話をしてきたのだ。
 連れ合いである叔母にも兄弟がいる。近くの大きな街に兄がいるのだが、この問題に関してはその兄も触りたくないようで、投げ返された様子。近くにいるのに頼りにならないとさとり、そこで私の登場となるのだが、それほどしっかり者でもないのに、何かと問題を持ち込んできてくれる。きっと一族の最期の始末を看るよう生まれてきたのだと思っている。

IMG_0862.jpg
ピンクの幻想その3

 すぐ上に次男である叔父がいるのだが、父も「あいつだけは」と嫌っていた叔父貴。連れ合いの妹が企業の看護師をしていて、その彼女から転移したガンはもうだめだと、兄から他人事のように言われたのが3番目の叔父貴にとってはかなりのショックで、その時にも私に泣きついてきた。実際はそうであってもそんな言い方はないだろうと、言葉を慎重に選びながら電話口で慰めた。
 父の兄弟は全てガンで亡くなっている。それ故3番目の叔父貴にもガンの辛さが解っているだけに、70歳近くにもなって連れ合いを亡くす辛さ、寂しさが身にしみるのだ。頼りの娘も嫁いでしまって、暗い部屋にひとり。いつの間にか年を取ってしまった寂しそうな叔父貴の姿を想像すると、気の毒でならない。

 来週はまた検査が入っている。現在の状態ではあまり予後もよくないようで、今の叔父貴の状態では、これ以上の精神的苦痛は受け止められないだろう。近いうちに一度顔を見に行ってきた方がいいようだ。長男である父が一番はじめに鬼籍に入ってしまったので、長男の娘である私が代理を務めなければ。

 せっかくの梅花なのに、湿っぽい話を乗せてしまうことになってしまった。この他に思うこともあって、昨夜はただでさえ寝付きが悪く、夜中に何回も眼が醒めてしまった。

IMG_0782.jpg
中盤カメラ

 今日のおまけはこれ。最近はデジタルが主流でアナログは廃れる一方だが、それでも時折こうやって大きなカメラを使う人を見ると嬉しくなる。この日はふたり見かけた。
【2009/02/21 09:46】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«京の朝市 in 岡崎公園 | ホーム | 梅花の定番 その2 at 北野天満宮»
コメント
小紋さん、こんばんは。
叔母を看取ったときに自分の生涯の仕事になるだろうと、覚悟をしましたので大丈夫です。叔父貴たちも年を取り、気が弱くなって来ています。
【2009/02/22 22:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
 のさっとる運命かもしれません。大変でしょうが お話を聞いて差し上げてくださいね。話を聞いてもらうだけで 随分助けになると思います。
【2009/02/22 20:13】 URL | 小紋 #-[ 編集]
Bakoさん、お早うございます。
昨夜、再び叔父貴から電話がありました。
やっと明るい声に戻っていまして、安堵しました。せめて残った叔父貴ふたりと母を看取るまでは、私がまとめなければいけないのでしょうね。
これが私のライフワークかも。
【2009/02/22 08:24】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、お早うございます。
これが私に科せられた運命なんですわ。
きっと一生修行の身ですね。
ひょっとして、次期長老は私かな?(爆)
【2009/02/22 08:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
綺麗な梅の花とは、うらはらに重い話ですね。あーちゃん、頼られてるんですね。
話したからってどうにもならない事でも親身に聞いてもらえる人がいるだけでも、叔父様はこころ安らぐと思います。
想像通り、あーちゃんは、お優しい方ですね。
【2009/02/21 23:23】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
あーちゃん おばんです。

頼りにされているんですよ・・・羨ましいぐらいに・・・。
【2009/02/21 23:08】 URL | ひげ #-[ 編集]
zimaさん、こんにちは。
梅を見ると春が待ち遠しく、雪を見るとまだまだ降って欲しいと思い、勝手なものです(笑)
これは、と思うものはどの季節のものでもいいですね。
【2009/02/21 17:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鷹寅さん、こんにちは。
蛇腹の付いた中盤カメラは、年配の方だけではなく、若い人も見かけることがあります。仕上がりが全然違いますね。私も使ってみたいです。
【2009/02/21 17:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんにちわ!
ウメの花と境内・こま犬
やっぱりいい組み合わせですね〜。
春が待ち遠しいです。
【2009/02/21 12:15】 URL | zima #EGTCt1XI[ 編集]
京都の紅梅を見ていると、別世界のようで、楽園のようです。!ジャバラカメラ懐かしいですねー。私は、昔はPRIMOFREXのシックスフアインダーのカメラを使っていました。拍手!
【2009/02/21 11:24】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
sohyaさん、お早うございます。
ようお越しやす。とても嬉しく思います。
先日検索ログからそちらにお邪魔していました。それだけにもっともっと嬉しくなりました。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
文学的才能はないのですが、写真に短歌を添えるのが好きで、季節のお便りに添えてみたりしています。そちらのブログを読んだときに、凄く嬉しかったのです。
私もリンクを張らせて下さいね。
【2009/02/21 10:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
■阿修羅王さま。
はじめまして。
私が五年前からブログを始めたDoblogというのがハードディスクに障害を起こしまして、「避難所」としてFC2に越してきまして、あなたのサイトを知りました。
すてきな写真などで、しかも「京都」がグラウンドとかで、私も京都の田舎に暮していますので、親近感からリンクに貼って、ほぼ毎日拝見しています。
よろしくお願いいたします。
では、また。
【2009/02/21 10:27】 URL | sohya #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |