FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

梅花の定番 その1 at 北野天満宮
IMG_0919.jpg
天神さんのシンボル(しまった、少し過露出気味だ・・・)

 全くなんという暖かさだ。寒がり冷え性の私が言うのだから間違いない。

 そう言っていたのは昨日までのお話。今日は朝から震え上がっていた。しかし昨日撮り終えたネガフィルムを、現像にも出しに行かねばならない。3回分のフィルム。結構楽しみにしていたものだ。

 最期に撮り終えたのが天神さん。前回北野寄席に来たとき、ちらほらようやく咲き始めた梅花を見て、ここで撮りたいと思っていた場所があったので、早くそれを見たかったのだ。

IMG_0847.jpg
石灯籠と枝垂れ梅

IMG_0600.jpg
桃色の梅(梅なのに桃とはこれはいかに・・・)

 早咲きの梅は満開を迎えているものが多い。人も必然的に多い。楼門を入ったところにある牛さんの前や、見事に満開を迎えている花の前は人だかりで、次から次へと順番に梅花を背景に写真を撮りあっている。

IMG_0611.jpg
三光門前の狛犬

IMG_0680.jpg
メジロ

IMG_0703.jpg
紅白の梅花

 で、帰ってから気が付いた。”ここで撮るべし”と思っていたところで撮っていないことに気が付いた。とにかく、フィルムでここは撮らなければと思っていたのですっかり忘れていた、というより、往来の多いところだったので、3枚を撮るだなのに長い時間粘った。同じように中盤カメラで同じようなところを狙っている若い男性の姿もあったので、彼の邪魔にならないかと心配しながらだった。

IMG_0697.jpg
献灯と白梅

 普通、プロ・アマを問わず、人がカメラを向けていれば通りがかりに邪魔になりそうであれば避けていく人が多い中、平気で目の前に居座る、タクシーの運転手さんなのか40代くらいの男性をカメラマンに引き連れた中年女性の集団。あれは恐かった。リーダー格の女性、夫がカメラをたしなむとかで、コンパクトカメラを持ったその男性に、ライティングのレクチャーをしている。まあ、能書きはいいから早く撮ってしまって欲しいなあと、人通りがなくなるのをカメラを構えたままじっと待っていた。

IMG_0626.jpg
ピンクの紅梅

 ようやくその集団が去り、思った通りの構図で最期の1枚のフィルムを使い終わったとき、疲れ切った私は、いつものデジタルで撮るのを忘れたのだ・・・
 ああ、なんという失態。

 まあ、いい。昨日は御土居の梅園には入っていないので、また出掛けるつもりにはしている。その時には撮りたかったところの真っ赤な紅梅はすっかり落ち目になっているだろうが、寄ってみよう。

 さて、天神さんの梅花はまだまだ続く。これから咲き始める種類もある。今回の梅花もこの続きはまた今度。

IMG_9643.jpg

IMG_9645.jpg
 今日のおまけはこれ。荒神通り寺町にある府立高校横の淡いピンクの梅花。今時分はもっと開いているだろう。これは今月8日に撮影したもの。この淡い色合いがとても気に入っている。
【2009/02/16 22:18】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«雪の大原紀行第2弾 その1 at 三千院 | ホーム | 梅花 at 智積院»
コメント
ひろさん、こんにちは。
あまりこのようなことばかり書き込みたくないのですが、本当に目に付きますね。
もっと控えめにできないのかと思います。

まあ、それ以上に梅が綺麗だったので忘れることにします(笑)
【2009/02/17 16:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鍵コメさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
日々、精進しますね。
【2009/02/17 16:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは^^
すっかり花開きましたねぇ^^
おじさんにせよおばさんにせよ、最近は目立ちますねぇ。。
お年を召したら、範たる人になりたいものです^^;
【2009/02/17 00:57】 URL | ひろ #jdItOO7Y[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/16 23:18】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |