FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

梅花と侘び助 その1 at 京都国立博物館
IMG_0060_20090213205823.jpg
紅梅その1

 展示の観覧を終えた私は、お庭に出る。ここは四季折々のお花が咲く、とっておきの場所。

IMG_0002_20090213205809.jpg
紅梅その2

 小雨の中出掛けてきたが、外に出てもまだ小雨は降っている。いや、小雨が急に降り出したと思えば、さぁっと止んだり、目まぐるしく移り変わる。傘を差しながらカメラを向けるのは難しい。こんな時のために、ちゃんとタオルを準備してきた。タオルを掛けて、さあ、開始。

IMG_9673.jpg
八重の白梅その1

IMG_9687.jpg
八重の白梅その2

 八重の白梅は見事なまでの八分咲きで、あたりは眩暈がするほど甘い香りに包まれている。晴れていたら蜜蜂もたくさん来ることだろう。

IMG_0044.jpg
紅梅と石仏その1

IMG_9940.jpg
紅梅と石仏その2

 博物館の敷地内は、博物館らしく京都府内で発掘された仏などが、お庭の随所にさりげなく置かれている。この石仏もそのようなひとつで、鎌倉時代の地蔵菩薩像だ。風雨に晒され、お顔の掘りも浅くなり顔立ちはわかりにくいが、口元がわずかにほころんで優しいお顔の地蔵菩薩だ。

IMG_9728.jpg
八重の白梅その3

IMG_9905.jpg
紅梅その3

 雨が上がると、抜けるような青空が広がり始めた。先程までの小雨、強いて言えば出掛けるときどうしようかと悩んで時間を無駄にしてしまった、あの空はもうどこにもない。「笑っちゃいそうな」というのは、昨日の小泉元総理の発言だが、本当に笑ってしまいそうなくらい澄みきった青空が覗いている。

 広い敷地を持つ国立博物館、秘かに私のお気に入りの場所。
 さて、この続きはまた今度。まさか続きができそうなくらい咲いているとは思わなかった。

IMG_5317クッキー
 今日のおまけはこれ。昨日、現在の職場に持って行ったチョコチップスクッキー、約80個ある。お腹を空かせた若い子らにより、直ぐになくなるだろう。そして今日は朝からチョコレートケーキを焼き、部署は違うが、昔の仕事仲間のところへ持って行ってきた。
 世の中の殿方は、今日明日は自分のところへももらえるだろうかと、手ぐすね引いて待っているのだろうか。うちの職場は、一番若い子らが男性陣に渡すのが定例になっている。
【2009/02/13 22:45】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«梅花と侘び助 その2 at 京都国立博物館 | ホーム | 春はあけぼの・・・»
コメント
ひげさん、こんばんは。
100mm macro 私も欲しいですよ。ただ、今は代用できるから我慢しているだけでして(T_T)
でもこれからの季節は欲しくなりますね。
【2009/02/14 21:35】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おばんです。

花の写真を見ればマクロが欲しくなります。
あーちゃんのように撮れればマクロなんかいらないだろうにね・・・。
【2009/02/14 21:02】 URL | ひげ #-[ 編集]
Bakoさん、お早うございます。
今年は暖かいですね。梅も例年より早いようです。
仏さまは心の鏡なんですね。恐い顔に見える人は、よほど世の中を恨んでいるのでしょうか。そうはなりたくないので、心穏やかにいたいものです。
【2009/02/14 09:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
京都の方が暖かいのでしょうか・・・こちらでは、まだ梅はちらほらです。
お地蔵さまとか仏像のお顔は、見ている人の心を映すのだそうです。
あーちゃんが微笑んで優しい気持ちで拝顔したから微笑んで見えたのね。
菩薩さまでも、こちらの見ようによっては刹那殺気を覚えることがあるとか・・・
【2009/02/14 00:00】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |