FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

木もれ日 朗読カフェ at モーリスカフェ
IMG_2261.jpg
モーリスカフェ ジュンク堂書店BAL店8F

 私の中ではすっかり定着した朗読サークル・木これ日の公演。今回は昨日28日河原町三条のBALビル、モーリスカフェで行われた。今や私は、彼女らの専属カメラマンとして(?)大きな公演があるときには出動する。
 普段サークルの方たちは、地元でのボランティア活動として公演をおこなっているのだが、最近は活動の場が広がりつつある。今回はいつものメンバーの源氏物語ではなく、フルメンバーによるもので、芥川龍之介、太宰治、平岩弓枝の作品を朗読した。

 ひとつ難点を揚げるとすると、ビデオ撮影も同時に行うのでストロボが焚けない。内蔵のストロボではなく外付けなので、光量の足りない室内での撮影にも十分対応できるのだが・・・

IMG_2230.jpg
芥川龍之介;魔術
 彼のこの作品は読んだことがなかったが、いかにも古き良き時代のおしゃれな男性たちの、最後の落ちまで楽しむことのできる作品だ。途中「ちりんちりん」と、小道具のベルも鳴らし、臨場感たっぷり。赤々と燃える暖炉の、真っ赤な石炭に顔が照らされているかのような、スタンドのオレンジの光がなおも臨場感をヒートアップさせていた。

IMG_2242.jpg
太宰治;女山賊 御伽草子~新釈諸国噺より~
 京都の公家の血をひく娘が知らずに山賊の元へ嫁ぎ、正体を知り戸惑いながらも娘を二人もうけ、己もやがて山賊と成り下がる。夫が不慮の死後、年頃になった娘は山賊として生活していくが、この世の無常を悟り、母子ともに尼となってこれまでの殺生をした人々の魂を弔う・・・
 ぐいぐいと話に引き込まれ、後半、谷底で弔いの煙に恐くなるあたり、真っ白な雪と、山賊のなりに身を費やした、怯える年頃の娘。その寂しい情景は胸を打つものがあった。

IMG_2297.jpg
平岩弓枝;花影の花~大石蔵之助の妻
 なまじ赤穂浪士のことを知っていると、その情景、心の内、手に取るように伝わってくる。もうまもなく12月、討ち入りだ。山科の大石神社でも14日の当日、義士祭が執り行われる。妻りくの目から見た夫蔵之助、長男力(ちから)の心情が、その目でしっかりと見つめられている。仇討ちを成就させ、あとは切腹のお達しを待つ・・・ 決してその場面が語られたわけではないが、彼女はそれを口にすることなく、夫と愛しい我が子の死を受け入れる。仇討ちが計画されたときに、新たな命を宿したことを知るりく。しかし夫は、己の死を覚悟していたので、一人でも自分の命をこの世に残していきたかった・・・

 会場を埋め尽くした人々からは、男性も含めてすすり泣く声が静かに響いている。嫁いできたときに見た桜の花と、夫の死を悟ったときに見た桜が重なって見える。そんな綺麗な終わり方だった。
 
 終了した瞬間、大きな拍手の渦に巻き込まれる。

 中高生の時、NHK・FMの朗読番組をよく聞いていた時期があった。プロの読む、そんな朗読だ。本を読むだけでは浮かんでこなかった情景でも、こうして声色を使い分けながら語る言葉に酔いしれると、いとも簡単に朗読の中に溶け込むことができるのだ。
 朗読をCDに落として聴くことの出来る、そんな小説も最近は多くなった。本を読むのも好きだが、たまにはこうやって誰かに読んでもらうのは、とても贅沢な時間だ。

IMG_2310.jpg
 最後、ジュンク堂書店の社長さんにも集合写真に入って頂いて、お開きとなった。

IMG_2312.jpg
 今日のおまけはこれ。河原町のアーケードを飾るクリスマス飾り。既にあちらこちらで飾りを見るようになった。うちの職場でも既に飾っている部署があった。

   いくらなんぼでも百貨店みたいなお店やあるまいし、ちょっと早いのんとちゃう?なぁ・・・
【2008/11/29 22:29】 イベント | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«梨木神社は紅葉に燃ゆる | ホーム | 芬陀院・その後»
コメント
ヘルブラウさん、こんばんは。
このサークルの方たち、アマチュアとは思えないくらいにうまいのです。お陰でまた、泣きました(^_^;)
偶然知り合えたお陰で、本当に視野が広がりましたね。幸せ者だと思っています。
【2008/11/30 22:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
文学作品は人の声で語られる時その声質でぐっと心に共鳴することがあります。 
素晴らしい催しに毎回カメラマンとして参加されておられるよう阿修羅王さまは素敵です。
【2008/11/30 21:25】 URL | ヘルブラウ #pDmV/urE[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
こちらもクリスマスが近いという雰囲気はないですね。デパートは派手なショーウインドウに飾り付けられてきましたが、暖かすぎて。
【2008/11/30 19:49】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おいはようございます。

いっこうにクリスマスとか冬とか・・一向にその気配の無い釧路です。北国じゃなか・・・・。笑)

朗読・・・昔々、半ズボン姿の幼き頃を思い出しています。笑)
【2008/11/30 08:55】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |