FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

秋の文化財特別拝観 天得院

石蕗その1

 東福寺塔頭、天得院。石蕗が見頃になった頃は、ちょうど特別拝観の時期に重なる。今年は初めて夜間ライトアップをするとか。あちこちでポスターを見てびっくり。もっと驚いたことに、前市議会議員だったか、T氏がポスターを貼ってくれと、大きなポスターを持ってこられた。

IMG_9604_20081127221132.jpg
十月桜

 行ったときにはちょうど十月桜が見頃を迎えていて、小さくとも気品のある花を付けていた。観光客の往来の多い東福寺正門前。物珍しそうに見ていく。自分がよく知っているのでびっくりすることもない十月桜。だが、知らない人にとっては驚異の目で見ていく。
 日本人にしか見えない英語をしゃべっていた、少し年配のカップルも、あれはなんだろう、桜かな、とでも話しているような雰囲気。ちらりと私の視線とかち合う。

   Oh,yes. cherry blossom!(^_^;)/~

 なんとかこれくらいは説明できる。彼らはそれで納得できた様子。よかった・・・ こんな時にいつも思うのが、英語で観光案内ができたらな、と。そう思うのであれば習えばいいのに。

IMG_9630.jpg
石蕗その2
IMG_9637.jpg
黄色い千両の実

 秋の特別拝観と言っても、この時期はひっそりとしている。わずかな人は入れ替わり立ち替わりなので、殆どが独り占めに近い。濃い緑の苔の中、山吹色の石蕗がとても映えて綺麗だ。

IMG_9640.jpg
山茶花

 お庭の奥には、懐石のお弁当が食べられるお座敷があるのだが、そこの前から裏のお庭に出られる。数年前裏庭にも降りたことがあるのだが、係の女性の方に伺うと、あの時一度きりだったとか。通常は桔梗の咲く、このお庭も降りることはできない。

IMG_9653_20081127221220.jpg
藤袴

 この秋は市内各所で原種の藤袴を見たが、ここでも見つけてしまった。観光地ならではなのか、単に共感して鉢を置いたのか、まあ理由は様々あるだろうが、京都のイメージアップにはなるだろう。

IMG_9681.jpg
東福寺 お茶の花

 しかしだ。今年から始まったライトアップ。ここだけではなく、上賀茂神社も然り、あとどこであったか、今年初めてライトアップをすると聞いた神社仏閣が何カ所かあった。観光で生活が成り立っている街は、こんなにまでして客寄せをしなければならないのかと疑問を感じる。
 もともとライトアップは好きではない。二条城など、昔から照明を当てている建造物は多い。しかし、いつの頃からか始まった紅葉のライトアップ。自分には全く魅力を感じない。岩倉の実相院のように、鏡のように磨き立てた床に映し出させる光というのは、またそれはそれで意義があるかもしれない。そこが撮影禁止なのは、この美しさを台無しにするマナーの悪いカメラマンのせいだろう。

IMG_9665_20081127224911.jpg
同じく山茶花

 それは兎も角、最近でこそLEDを使用する寺社も多くなったようだが、紅葉の美しさはやはり陽光だと思う。どこがいいのか私の価値観の中には相容れないことだ。そして日中はライトやコードが不細工にお庭をうねっている。みっともない。好みはあるだろうから、それがいいという人もあるだろう。否定はしない。価値観の違いだけだから。そう言えば昨年の嵐山は、山に光で画を描いていたっけ。

   ふ~ん?

 だが、おおかたが21時くらいまでの拝観であるが、大型観光バスで夜間拝観に乗り付けたりすると、近くの民家はうるさくて仕方ないのではないかと思う。車の違法駐車もあるだろう。そのあたりのトラブルはないのだろうか。

IMG_1405 08カリン
 今日のおまけはこれ。花梨。今年もかと笑われそうな花梨。天得院の座敷に飾られていたのを頂いてきた。その数年前裏庭に降りたとき、大きな花梨の木があって、黄色くなって落ちた実を頂いたことがあったので今回も尋ねてみた。今、この花梨は切り刻まれて蜂蜜漬けになっている。冬場の常備薬、喉のお薬になる。まだ青い実を黄色くなるまで置いておくのと、樹上で黄色く熟したものとでは、色も香りも段違いに違う。とても香りもよくて美味しくできた。
 特に今年は早々に喉を痛めたので、早めにつけ込んでおいてよかった。

 花梨はとても渋いのだが、かなり虫が付く。これもだいぶん虫が入って形がひずんでいる。消毒をしない木はこうして普通虫が付く。お店に出ている花梨は綺麗だが、どれだけの薬を使っているのかと、ちょっと不安にもなる。大きさや形もいろいろあるので、種類にもよるのかとも思うが・・・

 来年もどこかで完熟の花梨を調達しよう。
【2008/11/27 23:04】 神社仏閣 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«徒然道草ポートレートは御所で at under the gingko | ホーム | フラワーアレンジメント in 府立植物園»
コメント
ひげさん、おはようございます。
だるまさんもひげを生えさせていましたよ。お庭に向かって座禅を組みましょう。幸い、東福寺は禅寺です。
【2008/11/28 09:39】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

和風の建物に花がひきたちますね・・・こんなところで一日ゆっくりしたいものです。

もっともおっちゃんの風貌は風情を損ないますが・・・。笑)
【2008/11/28 08:55】 URL | ひげ #-[ 編集]
紫さん、おはようございます。
花梨の木はとても気になる存在です。今年も蜂蜜漬けをつけ込んだと思っても、やはり目が行きます(笑)

いよいよ冬場の花たちが存在感を訴える季節です。
【2008/11/28 08:14】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
われもこうさん、おはようございます。
この時期、こんな所にも、とやっと気がつく石蕗です。多くの神社仏閣に植えられていて、やはり背景のせいでしょうか、気品が感じられるというのは。

フラワーアレンジメントは、1枚目の写真が京都らしいかと。このままお正月のお飾りになりそうです。
【2008/11/28 08:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
近所に大きな花梨の木のあるお宅があって、いつも首が痛くなるほど上見て歩きます。
山茶花もあちらこちらで咲き始めましたね。
うちの長寿梅もかわいいつぼみがいっぱいついて今にも咲き零れそうです。
【2008/11/28 00:19】 URL | 紫 #-[ 編集]
京都では石蕗すら気品があると感心してしまいます。
十月桜・・・毎日夕方に歩く公園でも咲いていますが、これまた、品種がまるで違うかのようです

山茶花・茶の花・千両と確実に冬の花へと季節は移っていますね。京都の冬って寒そうですヮ

フラワーアレンジ・・京都らしいのかと思いましたが、これはそうではなかったヮ・・たぶん、名前がわかって喜ばれたと思いますよ〜〜わからないのって、いつまでも気がかりですもの(^^)
【2008/11/27 23:57】 URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |