FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

紅葉 in 御所 その1
IMG_0805_20081120214241.jpg

 
 とある日の御所。どんよりとした空だったが、その分、オレンジ色に色づいた桜の葉には、優しい光だ。

IMG_0843_20081120214249.jpg
建礼門と桜
IMG_0855_20081120214256.jpg
木の洞(うろ)

 御所は案外桜の方が多いだろう。手入れも行き届いているので、通り沿いの桜のように、色づく頃には落葉してしまうこともなく、優しい色合いの紅葉を楽しめる。
 もみじは晴天で透かしてみるのが綺麗だが、桜は陽射しがなくても、静かな趣がある。それに濡れた桜の葉は、とても甘い香りがする。それを踏みしめるのもことさらいいものだ。このような曇りの日は人影も少なく、あたり一面、すべて独り占めにする。

IMG_0917 r
銀杏の葉を拾う女性

 一条邸跡にそびえる銀杏の木は、黄色く色づいた葉を落とし始めている。その中から形の綺麗な葉を拾い集めている女性が一人。大事そうに拾っては、手に持ったファスナー付きの袋に入れていく。押し葉などのクラフトにでも使うのだろう。待ちに待った秋本番。

IMG_0937_20081120214317.jpg
銀杏の写真を撮る若い女性

 今出川通りに面する、今出川口。今出川通りを挟んだ向かいは同志社女子校だ。その門を入って直ぐの大銀杏。案外穴場かもしれない。高さはそうでもないが、幹は太くがっしりとしている。観光客だろうか。若い女性が二人、歓声を上げながら見上げるほど巨大な銀杏を、写真に納めようとしている。その後ろ姿を撮ろうとする連れの女の子。

 この続きはまた今度。
【2008/11/20 22:34】 御所 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«紅葉 in 御所 その2 | ホーム | 嵯峨野紀行 清涼寺から直指庵»
コメント
ひろさん、おはようございます。
四季折々楽しめる御所はいい所ですね。
うちの職場も近いのですが、お昼休みに行けるほどではないので残念です。
【2008/11/21 07:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは^^
職場がすぐそばなので、毎日行ってますよ、御所^^
猫と遊んだり、お弁当食べたり。。
もう何十年ここに来てるんだろ^^;
【2008/11/21 01:22】 URL | ひろ #jdItOO7Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |