FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

比叡山延暦寺 横川中堂
IMG_0350雲海
大津市街地と雲海
 週末は天気が崩れるとのことで、ちょうど見頃と思われる延暦寺へと出掛けた。比叡山も、ガーデンミュージアムならたまに行くのだが、その奥となると気合いがいる。何しろ少々移動の時間を考えなければいけないので。
 いつものように比叡山1dayチケットを買い、ケーブル・ロープウエイと乗り継ぎ、山頂からシャトルバスに乗る。このチケットでシャトルバスが乗り放題。バスだけの一日券も車内で発売している。

 バスの時刻表を見ると少し待ち時間があったので、眼下に広がる琵琶湖を眺める。大江山や亀岡の法貴峠などと言った、近畿でも有名な雲海があるが、見たことはない。きっとこのような感じなのだろうと思う。

 三条京阪に向かう路線バスが先に出発し、自分が乗る予定のバスがもうすぐくると言うときに、先に出たバスから降りてきた年配のご夫婦らしき二人のうち、女性の方に声をかけられた。先程のバスで取りあえずここまで来たが、どのバスに乗ればいいのかわからないという。なので、私の予定としては、もうすぐやってくる山頂のシャトルバスで一番遠い横川まで行き、西塔・東塔・根本中堂と行くのがベターかとアドバイス。結局この方とは根本中堂でお昼を食べているときに再び出会うことになる。

IMG_0360紅葉
紅葉その1

IMG_0363横川中堂
横川中堂
 ポスターなどでよく見かけるアングルだが、悪くはない。中堂に上がる坂道の手前に少し大きな、観音様のような仏さまが立っていて、中堂を背景に(多分・・・)写真を撮っている若い男性がいる。これはいい感じと、彼が撮影を終えるのを待ち、ファインダーを覗いてみる。

IMG_0376仏
仏その1

IMG_0370.jpg
仏その2
 これはいい。でもちょっと寂しいと赤く色づいたもみじを探し、あっちに乗せたりこっちに置いたりと、何カットか撮っていた。すると、その若い男性、

   そんな面白い演出があるんですね(^^

 とても嬉しそうな声がする。私は振り向いて、にっこり。満面の阿修羅スマイルを振りまく。

IMG_0381カメラ小僧
カメラ小僧

 私がその場を去り少し離れた所からふと見ると、彼も葉っぱを乗せたり下ろしたり、あっちからこっちからとファインダーを覗いている姿が見え、思わず吹き出してしまった。今でも思い出すと笑える光景。きっと彼はその演出に、どっぷりとはまり込んでしまったのだろう。その後、再びそこで撮影をしている姿を発見したのだ。

根本如法塔
根本如法堂
 ここも色づいていれば素晴らしいロケーションになるところだが、今年はもう少しと言うところだ。

IMG_0445紅葉
紅葉その2
 
 さて、まだまだ続く延暦寺。この続きはまた今度。
【2008/11/15 21:22】 比叡山 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«島原・司太夫 舞とフリートーク in 京都万華鏡ミュージアム | ホーム | 京都御所秋の一般公開 in 京都御所その3»
コメント
KENさん、こんばんは。
ほんとにまさかと思いましたけど、私もお会いできて嬉しかったです。それにしても比叡山とは・・・
次はどこでしょうね。こちらこそよろしくです。

え?16時03分?延暦寺バスセンター発?
私もそのバスに乗ったような・・・?
【2008/11/15 22:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今晩は!
 昨日は比叡山延暦寺で、思いがけずにお会いしてびっくりしました。
夕陽に照らされた紅葉が撮れるかなと期待して、あれからも少し粘ってみたのですが、
西日は木立に遮られて来て日陰になり、16:03発のバスで帰路に着きました。
 また次回お会いした時には、よろしく!!
【2008/11/15 22:01】 URL | 京のKEN #4o3fe1ck[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |