FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

赤目四十八滝 in 名張
IMG_0110渓谷の入り口
渓谷の入り口

 昨日の続きを。

 日帰りバスツアー最初の目的地、三重県名張市にある国定公園内赤目四十八滝。京都から約2時間半あまり。どんどん山の中に入っていく。前を路線バスが走っていて、この先に民家があることを示しているが、車は端に寄っておかないとバスとはすれ違えることもできない、ほぼ1車線の幅。こちらは大型観光バス。しかしそこはさすがバスの運転手さん、難なくすれ違って行く。

 そのうち谷間に添った温泉街へと到着。予約してあった酒屋さん所有のパーキングにバスが止まり、ぞろぞろ降車していく。紅葉はまだまだで、あたりは緑が多かった。

IMG_0108.jpg

   さぶっ・・・

 雨上がりのせいもあるのか、山の中は湿気を含んだすがすがしい空気ではあったが、暖かいバスから出ると少し寒く感じる。

 渓谷の入り口にはサンショウウオセンターがあって、幾種類ものサンショウウオを飼育している。水の方が冷たいようで、厚いガラスケースは水滴をつけてくもっている。

IMG_0127行者滝
行者滝その1

IMG_0139行者滝
行者滝その2

 下流の方なのに水の勢いはとても激しい。ごうごうと音を轟かせながら流れていく。これは凄い。普段見ているのは流れのゆるやかな鴨川。大雨の後の増水時にしても、水量が多いだけでこんなに勢いはない。上流と下流の差は激しいものだ。メモリーを消費するのを覚悟で、コンデジで数秒ずつ動画を撮っていく。こんなんだったらメモリーをもう一枚持ってくるんだったと考えても、既に遅すぎる。惜しいことをした。

IMG_0174赤目牛
赤目牛

 不動の滝のそばに、この地名の元となった石製の牛が安置されていた。なんでも、役の小角(えんのおづぬ)がこの地に来たとき、滝に向かって行を修めると、不動明王が牛に乗って出現。その牛の目が赤かったので「赤目」と名付けたとか。黒くつやつやとしている姿は、北野天満宮のなで牛のようだ。ちょうど色づき始めたもみじの葉が、赤い目とよく似合っている。

IMG_0189不動の滝
不動の滝

 不動の滝は4・5階建てビルほどもあろうかと思われる高さから、爆音を立てて落ちている。滝壺はそれほど白く波打っていないところを見ると、かなりの深さに掘られているのだろう。大きな声でしゃべらないと、話し声も聞きづらい。

IMG_0211.jpg

 階段を上がり、水が流れ込んでいるところから下を見下ろすと、それだけで足がすくみ吸い込まれて行きそうだった。高所恐怖症の自分にとっては恐ろしい場所ではあったが、それでも覗き込まずにはいられなくなる、とても魅力ある流れだった。

 この続きはまた今度。

IMG_0095.jpg
IMG_0097.jpg
黒ラブ
 今日のおまけはこれ。入り口近くにあったお土産やさんの看板犬。リードもなしにお散歩。とてもおとなしい子で、柔らかい毛はふかふか。いっぱい触ってきた。渓谷から帰ってくると、残念。リードに繋がれていたが、また耳の後ろを掻いてやった。
【2008/11/10 22:43】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«赤目四十八滝 in 名張 その2 | ホーム | 奈良と言えば鹿»
コメント
小紋さん、お早うございます。
この滝が映画の舞台になったのですか。知りませんでした。知っていたら、もっと感無量だったかもしれませんね。
牛さんの黒、わんこの黒、どちらもつやつやと綺麗でした。
【2008/11/12 08:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
映画で話題になった滝のなまえだ!
寒いという感じが がめんから。
 黒の牛と 黒の犬 漆黒というのかしら。
【2008/11/12 08:05】 URL | 小紋 #-[ 編集]
空豆さん、こんばんは。
・・・やっぱりね、たぁちゃんならそう言わはると思いました。でも行ったら絶対に集合時刻に間に合わない。辛い選択でした(よよよ;・・・)
【2008/11/11 19:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
とる☆ねこさん、こんばんは。
那智の滝はもっと迫力ですね。英気を養ってきて下さいね。行ってみたいところです。
この黒ラブは、ゴールデンがかかっているようですけど、とてもシャイなところは黒そのものでした。口の周りの白い毛が髭のようで、胸毛?も白いのが可愛くて。
【2008/11/11 19:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
滝にはたしかに強い力を感じますね…。
たぁちゃんに阿修羅王さんの話をしたら、「なんで、すぐそばまで行ったのに、阿修羅見てこんかったん?」ものすごく残念そうに言ってました。
【2008/11/11 16:49】 URL | 空豆 #-[ 編集]
私も、今週末那智の滝に行きます。
「滝」は、パワーをくれるような、
そんな気がします…。

この黒ラブは、ゴールデンがかかっているのですね。
うちの黒ラブは、短毛で、剛毛でした。
思い出します。
【2008/11/11 11:36】 URL | とる☆ねこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |