FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

鍬山神社秋季大祭 あるいは亀岡祭り in 亀岡
IMG_7730御輿
御輿 鍬山神社にて

 丹波の祇園祭と異名を持つ亀岡祭りは、23日の宵々山から華やかに始まった。今日はそのクライマックス、山鉾巡行を迎えた。

IMG_7724町家
チロリアンランプと町家

 昨夜は各町内通行止めとなって夜店が並び、多くの観光客を始め、町内の子供たちの歓声が響いたとのこと。ここ亀岡城址内掘の街並みは、京都の町家のように古い街並みを残す静かなたたずまいだ。

IMG_7861高砂山
高砂山

 ベッドタウンとして人口も増えつつある亀岡ではあるが、少子化の波はここにも及んでいる。山鉾の先頭に立つ人は大抵成年男性だが、この高砂山は中高生くらいの女の子が威勢よく声を上げていた。

IMG_7721鍬山宮
鍬山宮
IMG_7728.jpg
IMG_7807.jpg
IMG_7808.jpg

 街並みに入って直ぐ気がついたが、御神灯の提灯には必ず月うさぎと向かい合った鳩が描かれている。文字も絵柄も多少異なっているが、モチーフは同じ。あとで伺うとこのお祭りのシンボルなのだという。

IMG_7848町家ギャラリー
町家ギャラリー

 今回初めて亀岡祭りに出掛けたのは、出掛ける時間が取れるようになったのと、毎年行っているコスモス園でお店を出しているご主人に誘われたからだ。この町家ギャラリーはそのご主人のお母さんが展示している。祇園祭も別名屏風祭りというが、それぞれの家に持っている骨董品や自分たちで創作した絵画や陶器などをミニギャラリーのようにこの時期だけ、開放している。駅前の賑やかな通りとは異なり、静かなたたずまいを残す家並み。景観保存も決められている。

 巨大化してちょっと行く気をなくしかけてきた京都の祇園祭。こちらの方がずっと趣がある。今回は仲間と行ったが団体行動で、自分が思うように写真も撮れていないのが未だに悔やまれる。来年は一緒に行ってもいいが、別行動でゆっくり撮影したいと思っている。

IMG_8065風船
 今日のおまけはこれ。もうすぐ家に着くという時、ふと空を見上げるとたくさんの風船が大空高く舞い上がっていくのが見えた。あれは何だったのだろう。

 この続きはまた今度。

   亀岡祭り

【2008/10/25 16:48】 イベント | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«デッサン | ホーム | 時代祭 in 京都御苑 その3»
コメント
鷹寅さん、お早うございます。
お祭りで撮影禁止などとしたら、お祭りが消滅するだけでなく、観光協会が大泣きします。お客が集まりませんからね。
それともネットに載せるという意味でしょうか。今は肖像権が取りざたされていますが、お祭りは別と、割り切っています。
お祭りは、メディアに晒されてなんぼでしょうか。
【2008/10/30 05:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ゆっくりと散策させてもらい感謝です。!
とても見れる光景でありません。写真撮影は、禁止されていないのですねー・
【2008/10/29 22:58】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
小紋さん、こんばんは。
お祭り続きで忙しいです。

10月は月の綺麗な時です。そんなこともあってのうさぎかなあと思ったりもします。可愛かったです。
【2008/10/25 21:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ここ いってみたいです。以前 知人の亀岡のすまいから JRの駅まで かなり歩きました。うさぎとはとの ちょうちん かわいい模様です。
【2008/10/25 20:57】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |