FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

時代祭 in 京都御苑 その2
IMG_7526鞍

 
 昨日の続きを。

 時代祭行列の出発は12時。しかし朝9時には平安神宮より御所へと移動している。好きな人(あるいは暇のある人とも言う)はこの時点から追いかけているそうだ。私には到底そんな時間も体力もなく、堺町御門から出てくるところで十分だった。ある程度いい場所が取りたいと思いつつ、凄い人混みで自転車の置き場も困るなあと歩いていくことにした。

IMG_7535報道の櫓
報道のやぐら
IMG_7536アンテナ
アンテナ

 それはいいが、どのルートで行こうかと考え、出発準備をしているところが見たかったので、寺町通りから寺町御門を入った。御所内の南北の通りは、時代装束に扮した人が早いお昼ご飯のお弁当を食べていたり、馬の手綱を持った若者が座っていたり・・・

IMG_7529暇つぶし
 その辺は馬も慣れたもので、いつもお世話をしている馬方さんたちでもないのに、自分勝手に草を食べたりしている。そうでない馬は、関係者の人と記念写真に入ったり、いや、人の方が勝手に寄ってくるだけとも言うが、おとなしく撮ってもらっている。観光客の人たちも、間近で馬を見ることも少ないので盛んに写真を撮っている。

 そんな楽しげな様子を見ていると、すっかり時刻も遅くなってしまった。陣取りたいと思っていた場所は、丸太町通りを挟んだ堺町御門を正面にしたところ。が、もう人はいっぱいで、進行方向にもずっと並んでいるためどうしようかと思ったが、門の少しだけ右寄り、行列の進行方向とは逆さになるがほぼ正面になるところが空いている。まあ、そこで我慢しようとディレクチャーチェアを置いて腰掛ける。

IMG_7541チャカ
腰の拳銃

 歩道脇の路肩には、多くの人が腰掛けている。左隣の年配の女性は岐阜から来たとのこと。小学校の修学旅行以来。ここから出てくるのですかと尋ねられたやはり年配の女性は、静岡から。どんどん膨らむ人垣に、京都府警の警察官たちも多くが出動している。交通量の多い丸太町通り、車道から上がるようにと繰り返し指導。見物の場所を探して横断歩道ではないところを渡ってくる人を厳重注意。何回も繰り返して注意してもきかないおじさんには警官も据えかねて、

   大人のルールでしょう、守って下さいね

   ぷっ・・・

 おじさんは何も言わなかったが、聴いていた人々からは微かに苦笑がこぼれた。

IMG_7540白バイ
白バイ

 向かい側、御門前も歩道以外に出て行く人たちを注意しに行ったりと、なかなか忙しい。よたよたと道路を渡ってくるお年寄り、知らずに侵入してきたらしい自転車に乗った外国人の男性、などなど・・・
 パトロールなのか、走ってきた白バイは、思わず振り返って見てしまう外国人の人々。

 お祭りなので警察官もそれほど厳しくは言わない。観光客とにこやかに会話も始まる。ただしやはり危険行為は阻止しなければならないので、車道には降りないようにと度々注意して廻る。それに対してお客も同郷のよしみで、などと言って周りの笑いを取っている。

IMG_7682.jpg
手綱をはむ馬

 こうして始まった時代行列。目の前を馬たちが通り、人々が時代衣装を纏ってさながらファッションショーだ。先がつかえると待ち時間に手綱を咬み咬みする子や、蹄でアスファルトを蹴り蹴りする子や、また違った時代祭の表情を見た。手綱を噛む子は、馬方さんが笑いながら端をくわえさせて遊んでやり、蹄で蹴っていた子は若い男性に軽く額をぽん、と叩かれていた。馬は賢いので、一緒に遊んだり甘えてきたりする。そんな姿が微笑ましい。
 反面、神経質で臆病なところがあるので、このようなお祭りなどでは必ず注意事項の放送がかかる。大きな声にびっくりしたり、カメラの光るストロボなどに驚いて暴れることがあるので、ストロボを焚かないように、そして馬の後ろには近づかないようにと、日本語と英語でアナウンスされた。しかしそれにも関わらず、盛んに光っているのが見える。ただでさえ馬たちは人混みに興奮しているので、注意が必要。ストロボも全自動にして、そのまま使い方もわからないままで写真を撮っている人もいると思われるが、自分の安全のみならず周りの人の安全のためでもあるのだ。

 さてこの続きはまた今度。
【2008/10/23 23:29】 イベント | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«時代祭 in 京都御苑 その3 | ホーム | 時代祭 in 京都御苑»
コメント
葉月さん、こんばんは。
今年はちょっと残念なことになりました。そのお友達もがっくりしてはるでしょうね。でもきっと雨天決行のはずです。わざわざ出掛けて(そちらからですよね?)行ったのですから。
こんな想い出も、年月がたったら楽しい想い出です。
【2008/10/24 21:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
毎回、気にはしててもまだ1度も見たことがない「時代祭」です。今回、お友達の方も写真を撮りに京都まで行かれてようですが写真を撮るにしてもいろいろとマナーがあるんですね。雨に大変だったようですがこうして写真を見せて頂く中でも、それぞれの思いや願いがいっぱい詰まったお祭りなんでしょうね。
【2008/10/24 20:46】 URL | 葉月 #-[ 編集]
空豆さん、お早うございます。
いつでも行けると思うと、案外行ったことのない神社仏閣やお祭りって、結構多いですね。そうならないためにせっせと行くようにはしていますが、時間と何とかが・・・
せめて知識だけでもと思いますが、京都検定並みにお勉強が必要のようです。
【2008/10/24 10:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
私、御所の近くに住んでいたんですよ!時代祭は知ってたけど、住んでる間に行っておけばよかったな…。大人のマナー…恥ずかしいですね…。自分も気を付けないと…。
【2008/10/24 08:17】 URL | 空豆 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |