FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

秋の空
IMG_0929 雲海r
雲海
 
 この時期、10月から11月にかけての1ヶ月ほどの期間、老いの坂(京都市内から亀岡にまたがる丘陵地帯)には霧がかかりやすい。特によく晴れて気温の下がった朝には、雲海のように霧がかかる。今日もこの様子だときっと見られるはずと、期待して出勤。

 思った通り、雲海のようにしっかり霧がかかっている。

 仕事を辞めたとき、この景色と夕景が見られないのが、一番辛いかもしれないとさえ思っていた。それがまた見られるとあって、すこぶるご機嫌な朝だった。

IMG_0944夕景
夕焼け

 朝の風景がよければもちろん夕焼けも綺麗なはず。しかしまあ、重たいデジイチなど仕事に持って行くにはちょっと辛いものがあり、今日もコンデジで。

 西側からオレンジ色の光が射し始めた頃、用事のついでと称してカメラをポケットに忍ばせ、お気に入りの西側の窓辺へとまっしぐら。知らない男性に声をかけられ、二人でしばし見とれた。

   綺麗ですねぇ・・・ 朝はあの辺に霧がかかって、雲海のように見えるんです。

   ここ1週間くらいは、いい天気が続くようですよ。

 エレベーターホールでは出入りの業者のおばちゃんに声をかけられる。

   写真、撮れましたか?今日も綺麗やったねぇ

   もちろん、こっそりカメラを取りに戻って・・・(笑)

 今日も阿修羅スマイルを振りまいた。

 笑顔を振りまきすぎたからではないが、もう眠くて・・・ お休みやす。
 また明日。
【2008/10/16 23:02】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«竹宮恵子個展「地球へ・・・」 2008 KYOTO | ホーム | 満月 in 東の天空»
コメント
紫さん、お早うございます。
ハイジのせりふ、懐かしいですね。
大人になって、燃えるような夕焼けがどれだけ綺麗かを知りました。
その後、恐いって言ってませんでしたっけ。腕を抱えて・・・

場所ですか?ちょっと内緒の上京区とでも言っておきましょうか。
【2008/10/17 06:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは。
今日も良いお天気でしたね。
こんじきの夕景、子供の頃、初めて読んだアルプスの少女ハイジがおじいさんに「山が燃えている」といった科白を連想します。
これ、どのあたりから見える景色なんでしょう。。。
【2008/10/16 23:33】 URL | 紫 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |