FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

鳩 in 九条邸跡 厳島神社
IMG_1189鳩
鳥居の上にいるハトその1

 鳥の続きを少々・・・

IMG_1228鳥居
鳥居の上にいるハトその2

 ここ、厳島神社の鳥居は少し変わっている。大雑把に六つの基本形に分類される鳥居だが、ここの形はなんというのだろう。勉強不足で種類まで知らない。明神鳥居の形に似ているが、それとも異なる。ハトはそんなことは関係ないので、糞を落としながら(多分落ちている・・・)鳥居に並んで停まっている。

IMG_1192鳩2
橋を行き交うハト

 
   ほんまかいな・・・

 この続きはまた今度。


 追記;

 今日から3日間、またtightな講習を受けに行く。疲れて帰って、地下の駐輪場に入ってケータイも圏外になる寸前、呼び出しのぶるぶる・・・
 滅多にマナーモードを解除することもなく、いつもぶるぶる・・・ いいタイミングだった。呼び出していたのは職場の元同僚S女史。こちらに転勤してきたとき、仕事を教えてくれた人だ。かなり厳しく、といえば聞こえはいいが、半分いじめではないかと思われる節もあった。しばらくして彼女も部署が変わり、私の退職1ヶ月前に再び帰ってきた。かなり恐ろしくもあったが、しかし、外で荒波にもまれたのか、随分と丸くなっていて、何かと私に近づくのが、不気味でもあったのだ。

 その彼女、仕事を辞めてからも、私の連絡先を知らないから教えてと言ってきたので、ケータイの番号を教えておくと時々、どうしてる?とか、電話をしてくるようになった。今日はこの4月から経営が変わったためきつくなった仕事のことなどを愚痴っていた。そんなことを私に言うような彼女ではなかったので、正直言ってかなり驚いている。それと同時に、それだけ仕事がきついのだろうと察する。残してきたスタッフみんなも、きっと同じだ。最近のボスの口調も、ちょっといらつき気味だった。

 私に助けを請うような人でもないのに、帰ってきて欲しいと言うS女史。外に出ていたあいだに職場のメンバーも少し変わり、その中でもグループができているので、居場所がなく心細いのだと思う。今更私に何を言うのかと思うが、昔の事を蒸し返しても仕方がなく、私は彼女のおかげでここまで強くなれたのだと反対に感謝しているくらいだ。
 
退職の時、他のスタッフはまだ彼女のことをよく言っていない人の方が多かったが、彼女から連絡が入ると話したら、みんなぎょっとしていたので、やはりまだよく思っていない人が多いのだろう。私に辛く当たっていたのをみんな知っていたし、若い子にもきつかったこともあるから。
 だが仕事がきつくなった今、職場環境をよくしたいと思っているスタッフは多いはず。私がいた頃のように、相変わらず20時、21時まで仕事をかたづけている若い子も多いと、心配していた。
 以前の条件では私はもう復帰できない。辛かった思い出も多い職場だが、私はあそこが大好きだった。しかし、あそこに私の居場所はもうどこにもないのだ。さよならして背を向けたときから、それは覚悟していた。現在部署の違うところで嘱託として働いているが、私はここで充分に満足している。契約は9月いっぱいなので、また寂しい思いをするだろう。

 今はまだ嘱託枠の定員がいっぱいなので無理だが、また帰ることができるよう、所属部長には頼んである。いずれまた、声をかけてもらえるだろう。同じ場所に帰ることができずとも、仲間の近くで仕事ができたら私には充分だ。
【2008/09/06 20:52】 御所 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«鴨川の水 | ホーム | カラス in 九条邸跡»
コメント
紫さん、再び。
そう、ほんとにいつもシンクロしているように思うのです。同じ時期に同じ事を考えてる。紫さんの記事を読んで、私も同じような電話をもらったところだって思いました。
あなたが復帰できたら嬉しいなって思いつつも、大阪に引っ越してしまったら寂しいなって、では私は何を望んでいるんだろうと、考え込んでしまいました。他人様の人生を強制なんてできませんから。

9月でバイトは一段落。その間に山のようなレポートを提出し、試験に備えます。
【2008/09/10 21:49】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
色々あってそれぞれの人生だけど。
なんだかほんとにシンクロしてるもの感じてしまうなぁ。

私は戻ることはもうない、と今はすっきりしてますけど、阿修羅王さんの一番願う形に限りなく近い復帰が叶えば、と願っています。
【2008/09/10 21:38】 URL | 紫 #-[ 編集]
鷹寅さん、こんばんは。
厳島神社の鹿ですか。あれも人に慣れすぎたという話ですね。奈良公園でもそうですよ。神の使いに野生の鹿。
でも、いくら野生といっても、鹿に与えるために鹿せんべいなるものを売っているし、餌付けされて、保護されて、もう野生ではないと思います。ススキを食べ過ぎるので、若草山の山焼きの火がうまく燃えなくなっています。
ある程度数の調節は、必要だと思います。
【2008/09/07 21:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
われもこうさん、こんばんは。
逢いたいと思ってくれる人、そうなんです。あそこにどれだけ貢献できたかは、自分ではわかりません。でも、とてもありがいことだと思っています。

彼女は私が味わったことに似たことを経験したのだと思います。わかってもらえただけで私は満足です。
【2008/09/07 20:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
厳島の鹿も困った問題になっていますねー・共生して入るのですが、すこし我が物顔で歩きすぎているように感じます。泣
鹿は神の動物ですし、簡単に、疎外すのも問題ですし・・餌の問題でしょうか。?
【2008/09/07 15:09】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
離れて客観的にみたときに、阿修羅王さんに学んだことにあちらも気付かれたのでしょう

自分も他人も日々成長していると信じたいです。

紫さんとこじゃないけれど、阿修羅王さんにまた会いたいと思ってくれる人がたくさんいるってことで、これも幸せなことなんじゃなかしら^^
【2008/09/07 12:14】 URL | われもこう #-[ 編集]
ひげさん、再び。
私もそう思うんです。だから彼女の気持ちもよく理解できるし、わだかまりはみじんも持っていません。そんな仲間たち、人間的にはまだまだ充分といえないスタッフも多いですが、みんなが大好きです。
何らかの形で、彼らを手助けできたらなあって考えます。
【2008/09/07 08:07】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

人ってなぁ・・・そんなもんちゃいますか・・・。笑)
【2008/09/07 07:41】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |