FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

消防訓練 in my home
IMG_9433 AED
AED
 
 私の住む集合住宅で消防訓練が行われた。年に1回、この時期に行う。昨年は仕事で欠席、今回初めて参加となった。

 9時半、事前の説明が行われた。消防署から訓練に際して消防士・救急救命士が3人来られた。出火は10時、ゴミの集積場からの出火という想定だ。今日は午前中激しい雨が降ると思われたが、この時はごく小雨。本番は大丈夫かと思ったが、このあとそこそこ降り出してしまった。

 予定の10時、各家庭の火災報知器が鳴り響き、火災を知らせる。決められた役員の方たちは小さな拡声器で火事を知らせ、誘導していく。私はドアの前の廊下に設置してある、消火器を持って階段を下りていった。この消火器、結構重たいのだ。お歳を召した方や、足腰が不自由な方ではきつい。いざ火災の時は、階段を下りるのもたいへんだろうと思う。

 避難誘導が完了。外は雨。仕方ないので屋根のある立体駐車場の中で次なる訓練。消火器の使い方を行い、中から外へ向かって消火器の中に詰められた水を放出する。みんな恥ずかしがってなかなか出てこないが、小学生の子供を中心に少しずつ参加しだした。もっと小さな子供は、お父さんやお母さんに手伝ってもらいながら放出。火元の看板に向かって勢いよく水が飛び出すと、わっと歓声があがり、そして看板が倒れると再び歓声が上がる。

 その後、今年は世の中の流れに添ってAEDの使い方を簡単に教わる。同じく屋根のあるこの立体駐車場の床にマットを敷き、「little Anne」と書かれた訓練用の人形が出てきた。
 私も昨年の秋職場で訓練があってやってみたが、ゆっくりならともかく、本当に倒れている人に対して行えるかというと、恥ずかしながらちょっと自信がない。まあ、音声案内に従って行えばよいので、そんなに焦ることはないだろう。講習を受けた人も少なかった。
 救命士の方のわかりやすい説明を聴きながら道具が出されていき、人形の胸にパットが貼られる。みんな機械任せなので簡単だ。
 しかし現場での対応はこんな悠長には行かない。ほんの初心者への説明なのでとても簡単だが、もう少し説明を加えたいなと思ったが、まあ専門家に口は挟むまい。

 もしもの時。まず人を集める。一人ではできないから、協力者を集める。そして近くにいる人に役割を分担する。通報係、AEDを探しに行く人、この人たちは現場を離れそうであれば必ずこの場所に帰ってくるように言っておくこと。そして倒れている人の息があるかどうか確認して、してなければあごを持ち上げて気道確保。それと同時進行でAEDの準備をしていく。その短い時間も惜しいので心臓マッサージをする。電気ショックを作動させるとき、必ずその人の身体から離れる。もしくは離れるよう大声で注意する。でないと感電する。作動させて息を吹き返してもパッドは外さず、機械の音声案内に従って処置をしていく。その頃には救急車が到着するだろう。それまで心臓マッサージなど必要があれば続ける。すこしでも心臓を動かしておかなければ、脳が酸欠で蘇生しても植物人間になってしまうから。

IMG_9439クチナシ
雨に濡れるクチナシ

 とまあ、講習を受けたときにいろいろ教わったが、実際にそんな場面には遭遇したくないものだ。

 この後はラスト、消火栓からの放水。やり方は簡単で、以前私が訓練でやったような2人でホースを押さえないといけないようなものではなく、一人で充分扱えるものだったが、それでもやっぱり放水口をひねるにはかなりの力が必要で、女子供、高齢者では無理だった。私もやてみたが、小さな手ではすべってひねることができず悔しかった。

 すべての訓練が終わった頃、雨はようやく上がってきた。みなさん、お疲れ様でした。参加賞に、ペットボトルのお水と袋入りの乾パンをもらった。

IMG_9198七夕飾り
金平糖やさんの七夕飾り(緑寿庵 清水だったかな)
IMG_9443七夕
商店街の巨大七夕飾り

 今日のおまけはこれ。金平糖やさんの飾りは先週撮ったもの。笹は作り物だが、金平糖は多分本物だと思う。誰か持って行きやしないかとちょっと心配。ここは日本でただ一軒、手作りの金平糖を作っている専門店。お値段はちょっと高いが季節ものなどがあり、美味しい。いつも観光客で満員だ。高島屋京都店にも少し出している。
 巨大笹飾りは小学校単位で作った様子。学校名が書いてあった。みんなの願い事が、どうか叶いますように。
【2008/06/22 22:26】 イベント | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«今日のおやつ | ホーム | 旅立ちの時刻(とき) from my home»
コメント
葉月さん、こんばんは。
こちらこそよろしくお願いします。勝手にリンク張っちゃいました。

この商店街は、特に七夕飾りがたくさん飾られます。アーケードの天上からラメの飾りがきらめくのは、とても見事なんです。
【2008/06/24 20:34】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
会社から帰って阿修羅王さんからコメントが届いていたのでとっても嬉しかったです。
実は親戚が京都にいますのでそちらへは以前からよく行きます。
私の大好きな場所です。
それがこうしていつも拝見できることは何よりも嬉しく新しい発見もありドキドキで見させて頂いてます。
この七夕の飾り付けもなんて可愛いのでしょう。
七夕飾りが年を追うごとに家々の軒下から消えていくことがさみしいと思っていました。

それからリンクもして頂きましてありがとうございます。どうかこれからも仲良くさせて下さいね。
【2008/06/24 16:30】 URL | 葉月 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |