FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

蛍火の茶会 in 下鴨神社
IMG_9130楼門
闇に浮かぶ楼門

 この時期、あちらこちらで蛍の話題を聞く。今年は飛び交う時期が少し早いように思う。そんな折、下鴨神社で行われた蛍火の茶会に参加する機会を得た。

IMG_9077神服殿
神服殿

IMG_4352御手洗社
御手洗社

 その新聞記事を見たのは5月30日の朝刊。往復はがきで申し込みとのことで、早速郵便局へ行きその場で投函してきた。

 このお茶会は明治の時代から行われていたが、社会情勢や環境の変化で中断していた。しかし糺の森財団や氏子さん、神社職員の方々の地道な努力で蛍の飼育を行い森も整備、平成3年、約100年振りに復活した。今年は第18回となる。茶会には納涼市も開かれ、植木屋さん、菓子司などの老舗のお店が軒を連ねた。申込者には、お茶席券と蕎麦券が付いてくる。なんともお得だ。

IMG_9065生菓子
生菓子
IMG_9067お薄
お薄
IMG_9072茶そば
茶そば

 祭事は17時から始まるのだが、午後から他のイベントに出ていたので少し遅れて到着。愛車は少し離れているが、研修道場の駐輪場に駐める。チェーンで囲いがあるのでそれにつなぎ止めた。黄昏の糺の森はまだ昼間の軽い熱気が残っており、やや蒸し暑く感じたのは、愛車を走らせてきたためか。それでも緑の中を歩くのは気持ちがいい。
 境内の中は既に人で溢れている。本殿の前は人垣になっていたので諦め、先にお茶席の受付を済ませ、お薄を頂く。受付番号は138番、入れ替えに少しだけ待って橋殿に入る。私の前には2歳くらいの男の子を抱っこした若い夫婦。ところが・・・

   臭う・・・

 おむつからう○ちの臭いがするではないか。抱っこしていて、このお母さん臭いがわからないのだろうか。順番に座っていくのでこの親子の近くに座ることになった私。不幸は重なるもので、風下になってしまった。悲惨だ。あいだに年配の女性が座られたが、その表情と動きからどうも臭いが気になる様子。話している声も聞こえるが、う○ちのことを気にしているような話は聞こえない。飲食の場なのであえてしないのか、それとも全く気づいていないのか。神経を疑った。いい方に解釈してあげれば、並んでいるところでおむつが交換できる場所もなく、仕方なくそのままになったのかも知れない。
 しかし、やはり迷惑だった。せっかくのお茶とお菓子の楽しみが半減した。だが気を取り直して、受付でもらった蕎麦券を持って行き、美味しいおそばを頂いて機嫌を直す。

IMG_9081小打ち着の舞いその2
小打ち着の舞
IMG_4307十二単
十二単

 この後お琴の演奏に続き小打ち着の舞、十二単の舞と続く。神服殿の前には床几が並べられていたが、お琴の演奏を聴く人が早くから座って埋めていたが演奏の後少し席が空き、中央よりの席に座ることができた。この後は終了までお尻が痛いのを我慢して座ることにした。
 待っているあいだに空は闇を濃くし、神服殿上空に細い三日月が出てきた。わかるだろうか、小さな三日月が。

IMG_4248着付け前
着付け前

IMG_4323後ろ姿
後ろ姿

 今回の茶会では、十二単の着付けも行われた。普段、葵祭では御所の奥まった部屋で着付けを行ってこちらに帰ってくると言う。それをこの神服殿で行うのだ。この衣装は全て正絹でできているので、総重量15kg余りにもなる。色重ねが多いほど身分が高いとされている十二単。斎王代の苦労が忍ばれる。
 着付けをされる方は熟練した技術で、襟を綺麗に重ねながらあっという間に着付けが終了。何枚もの一重を着ていったが、腰ひもは最終的に1本で留める。まあ、でないと腰回りのひもがかさばる。この衣装を着て動くのはしんどそうに見えるが、着付けの後はもう一度舞を披露。優雅なひとときを味わうことができた。

 夜のイベントは三脚を持たない私にとっては少々試練だ。最小限のフラッシュを焚いてみたものの、手ぶれは避けられない。しかし、夜の神社はとても綺麗で、現実の世界とかけ離れていた。

 蛍、忘れていた。肝心の蛍。御手洗川に20時過ぎ放たれたのだが、なかなか捜しきれず、数匹の淡い点滅する光を、そう、何年ぶりだろう。幽玄の灯火にしばし見とれた。

IMG_9136御手洗団子
御手洗団子

 今日のおまけはこれ。元祖御手洗団子。納涼市はもう終了間際だったが、なんとか残りわずかで求めることができた。

   加茂みたらし団子
   亀屋粟義
   
IMG_91406月8日
今日のいもちび

 早朝見たときは、まだ寒そうに葉っぱの下に縮こまっていた。かなり成長しているのがよくわかる。この後撮影に行くと、

   い、居ない!?

 慌てて捜すと、かけてあるネットを移動中。指を折って数えると、そろそろさなぎになる時期だ。焦った、ほんとに焦った。どこに行ったのかと心配した。糸のように細いネットに、短い足をぴたっと貼り合わせ、落ちないようにしがみついているのがいじらしくて可愛い。

 でも触れない。
【2008/06/08 10:26】 下鴨神社 | トラックバック(0) | コメント(13) | Page top↑
«合い言葉は「Do you kyoto?」 at G8外相会合 | ホーム | 地球エコ 特別番組 in 京都上空»
コメント
小紋さん、お早うございます。
やっぱり女と生まれたからには、豪華な衣装を身に纏ってみたい!
舞妓さんに化けさせてくれる、あれではだめなんです。本物でないと。
【2008/06/10 10:39】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
着てみたいです。
 そういう思いで かきました!
【2008/06/10 10:34】 URL | 小紋 #-[ 編集]
いもちび君、大きな画像で見てみました。
こんなひょうきんでかわいい顔してるんですね。
なんだか不思議。

さなぎになったんですね、もうすぐ飛び立つんですね。
【2008/06/10 00:18】 URL | 紫 #-[ 編集]
小紋さん、こんばんは。
オレンジ色のライトでよくわかりませんが、うす紫色のお着物が多かったです。水色も綺麗。

一度でいい、着てみたいと思いませんか。
【2008/06/09 20:32】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
十二単衣 重いでしょうね。着付けも見ることが出来てよかったですね。地紋入りの 絹の美しいこと。
【2008/06/09 11:02】 URL | 小紋 #-[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。
やっぱりはっきり言うべきだったかも知れませんね。お席はどうでも、臭いますよくらいは言っても、よもや怒らないでしょう。

ああ、悔しいっ!子供のう○ちもわからないなんて。
【2008/06/08 23:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、またそうやって洗脳する・・・
【2008/06/08 23:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
多分、私なら言うだろうな!
「席とっといて上げるから交換しておいで」って!
せっかくのお茶席なんだもん―
京都は良いねぇ〜いろんなイベントがあって・・・
あーちゃんしっかり楽しませてもらってます。
【2008/06/08 23:22】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
あーちゃん おばんです。

さっき言い忘れました・・・・プニュップニュプニュ・・・・。
【2008/06/08 22:15】 URL | ひげ #-[ 編集]
神主さん、こんばんは。
いやもう、災難でしたよ。せっかく楽しみに来たのにこれですか。やっぱり警告してやるべきでしたか。

下鴨神社さん、言われてみれば、確かにイベントが多いです。加えて商売上手かも知れませんよ。蹴鞠初めなど、観覧席は2000円からですから。
そう言いながら近場のイベントなので、行ってしまう私もお調子者です。
【2008/06/08 19:43】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
くくく(笑)災難でしたね。はなしを聞くほうは笑い話ですが本人は笑い事ではないですね。
こうして阿修羅王さんのブログを見ていると下鴨さんは結構いろいろな事されますねぇ。下鴨の神主さんたちは今日はアレがあって、明日はコレがあって、とよく言ってますがイベントが結構多い?
【2008/06/08 18:17】 URL | 神主 #X.Av9vec[ 編集]
ひげさん、こんにちは。

べこ・・・

う〜〜ん、それは言えてますね。
で、でもね、べこと人間はちゃうわよ。
【2008/06/08 14:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん こんにちは・・・。せっかくのお楽しみ残念でしたね・・・・。

田舎に来ると、ベコの香りが〜〜〜〜〜〜〜しんどいでっせ・・・・。笑)
【2008/06/08 13:15】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |