FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

飛行船ZEPPELINN in 京都上空
IMG_2133ZEPPELIN その1
飛行船ZEPPELIN その1

 郵便局で用事を終え、その帰り。自転車を走らせる私が空を見上げた西の空に、白い飛行船がまったりと飛んでいるのが目に入った。

   あれはもしやツェッペリンとちゃう?

 この時コンデジしか持ち合わせておらず、とにかく追いかけてみた。が、すでに遠くなったか街路樹に隠れたか、その姿は見えない。こうなったら急いで帰ってデジイチを持ち出すしかない。

IMG_2098ZEPPELINと京都タワー
飛行船と京都タワー

IMG_2145ZEPPELIN その2
飛行船ZEPPELIN その2

 急げば大阪に向かう後ろ姿くらい見えるかもしれない。大急ぎで屋上へ上がり、飛行船の姿を探す。うっすらとかすんで青空ではないが、よく晴れていてとてもまぶしい。目を細めながら西から南方面へ視線を移すと、いた!飛行船だ。南へゆっくりと飛んでいるのが見える。このまま行けば京都タワーとbooking。

   しめた!

 ZEPPELINはそのまま大阪へ向かうと思われたが、なんとゆっくり機首をこちらへ向ける。あれよあれよいうまに、飛行船はどんどん近づいてくる。なんと早い飛行速度か。それと同時に低いエンジンの音も聞こえてきた。飛行船はそのまま鴨川沿いに進み、出町あたりで再びゆっくりと方向を変える。
 とても巨大だ。レンズを通さなくても手を伸ばせば届きそうに見える。望遠レンズの中では入りきらないくらいに大きくなっていた。乗客が気づくか否かはわからないが、思わず手を振ってしまった。

   すごい・・・

IMG_2162ZEPPELIN その3
飛行船ZEPPELIN その3

IMG_2170ZEPPELIN その4
飛行船ZEPPELIN その4

 この春からZEPPELINが大阪からこちらへ飛んできているのは知っていたが、なかなか見ることができなかった。営業もいつまでなのかも知らなかったので、こうやって見られたのがすごく嬉しい。何かわくわくしてしまうのは乗り物が好きだからだろうか。(高所恐怖症のくせに・・・)
 ましてやそのまま遠くになってしまうのかと思ったら、すぐ目の前ほどの距離で飛行船が見られたのがとても嬉しかった。こんなよい天気に空のクルーズは最高だろう。

 今日はとても珍しいものが見られたのが嬉しい。


   日本飛行船

【2008/05/21 13:33】 イベント | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«蔓薔薇 その2 in 薔薇屋敷 | ホーム | 夕焼けは満月の夜 in 西の天空 南の天空»
コメント
ヘルブラウさん、こんにちは。
まあ、そちらからも見えましたか(笑)
このドイツ製の飛行船、案外喜んで見ていたかもしれませんよ。新しいものも古いものも、京都人は大好きですから。
【2008/05/22 16:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こちらからも見えましたよ!
阿修羅王さまが飛行船を夢中で追っかけしている姿が。。。
そして何本もの手が揺れているのを

古都京都を見下ろすなんてけしからん輩と
ご先祖さまのお怒りに触れなければいいのですが?
【2008/05/22 00:39】 URL | ヘルブラウ #pDmV/urE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |