FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行2019 @圓光寺その2
1-IMG_3237.jpg
その1

1-IMG_3237 - コピー

 昨日の続きを。後日の圓光寺。雨が少なくて、敷きもみじはあまり綺麗ではないだろうと思いつつ、やはり行ってしまった。

2-IMG_2911.jpg
その2

 この時期になるとようやく東照宮の紅葉も進む。

3-IMG_2915.jpg
その3

 下から見るとこのような景色になる。

4-IMG_3112r
その4

 定番中の定番、お地蔵さまの周りはいつでも人集り。

5-IMG_3114
その5

6-IMG_3116
その6

 雨不足でちょっと色に深みが足りない。人の途切れる暇がないので、その間、展望台まで上がってこよう。

7-IMG_3152
その7

8-IMG_3157
その8

9-IMG_3166
その9

 展望台から見下ろす市内は箱庭のようだ。いつもこちらが紅葉するまで待ちきれなくて、今年は初めてじっくりと見ることができた。

10-IMG_3191.jpg
その10

11-IMG_3211.jpg
その11

12-IMG_3214.jpg
その12

 確かに盛りの時期より晩秋の方が混雑は減っている。落葉も激しく、これまで目立たなくなっていたサツキなどの緑がよいアクセントになった。

13-IMG_3255.jpg
その13

14-IMG_3208_20191225224153c92.jpg
その14

 振り向くといつもと違った景色が現れるとことがある。石庭や遙か市内を挟んだ山の稜線が、紅葉を引き立てているように見えたのが印象的だった。

15-IMG_3127.jpg
その15

 今日のおまけはこれ。公開日が限定的でいつも訪れる機会をなくしている野仏庵。今年は竹林越しで我慢しよう。 
【2019/12/26 21:34】 京都紅葉紀行2019 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«京都紅葉紀行2019 @真如堂敷きもみじ | ホーム | 京都紅葉紀行2019 @圓光寺その1»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |