FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
雨上がりの萩 @真正極楽寺(真如堂)
1-IMG_5483.jpg
その1

IMG_5483 - コピー-1

 雨上がりの萩は、随分と趣がある。

2-IMG_5461.jpg
その2

 いつも出迎えてくれるのは手水舎の盛り花。季節ごとに、その日に咲いているものを飾る。さすがは女性の庭師さんの仕事は綺麗だ。この季節はちょっとおとなしめ。華やかなのはやっぱり早春の椿だろうか。

3-IMG_5463.jpg
その3

4-IMG_5481_2018100620061261b.jpg
その4

5-IMG_5477.jpg
その5

6-IMG_5493.jpg
その6

7-IMG_5490.jpg
その7

 滝のように流れ落ちる萩の枝。赤紫の花の色がより鮮やかになるのは雨の仕業。

8-IMG_5499.jpg
その8

 まもなく紅葉の季節を迎えるもみじ。既にうっすらと色づく。しかし各地でもみじの木も随分と被害を受けた。

9-IMG_5529r.jpg
その9

10-IMG_5531r.jpg
その10

 雨がやんでいる間に大急ぎでお食事中。

11-IMG_5536.jpg
その11

 本堂脇の萩はまだ咲いているだろうか。再訪したかったのだが、ちょっと機会を逃した。

12-IMG_5591.jpg
その12

 再び今にも雨が降り出しそうな空模様。濡れないうちに帰ろうか。おしべにまだしずくをたくさん付けたままの彼岸花に、お見送りを受けながら家路を急いだ。
 

【2018/10/06 20:20】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«空飛ぶエビフライ | ホーム | 萩 @伏見勝念寺(かましきさん)»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。