FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
霧の亀岡 @彼岸花
1-IMG_5711.jpg
その1

1-IMG_5711 - コピー

 亀岡の彼岸花が見頃となった霧の朝。

2-IMG_5639.jpg
その2

3-IMG_5794.jpg
その3

4-IMG_5779.jpg
その4

5-IMG_5650.jpg
その5

6-IMG_5719.jpg
その6

7-IMG_5734.jpg
その7

 冷たい霧の中、道祖神たちも身を寄せ合う。

8-IMG_5715.jpg
その8

 霧も晴れ暑くなり始めた頃、アオさんはひなたぼっこ。

9-IMG_5820.jpg
その9

 未だに残される畦畔木(けいはんぼく)は素晴らしい田園風景を形作る。しかし時代とともに用途がなくなり、そのまま放置され、朽ちるままになっている場所もある。今後この景観がどう変化していくのか、非常に気になるところだ。もしも残していけるものなら残して欲しいと思うのは、身勝手な考えなのだろうか。

10-IMG_5844.jpg
その10

11-IMG_5816.jpg
その11

 日も高く昇り、真夏のような青空へとなってきた。農家の後継者不足は深刻で、この広い亀岡の農地を維持していくのも大変なことだろう。またあるいは水害にも強い地域作りも今後の課題なのだろうと想像する。特に今年は台風の発生が多く、不安材料も多い。我々も他所の地域のことだとは考えずにいたいものだ。

12-IMG_5764_201809252156342c5.jpg
その12

 人間だけでなく、このような小さな生き物たちも地球を形作っている構成員のひとつ。昆虫たちも安心して住める場所は人間にも安心して住める場所のだと思う。

-IMG_5628.jpg
その13

-IMG_5628 - コピー

   そうだにゃぁ

 そう言ったのは八割れの外猫だった。 
【2018/09/25 22:45】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«雨上がりの萩 @常林寺 | ホーム | 旧三井家下鴨別邸 サルスベリ»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。