日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
京都紅葉紀行 @東福寺
1-IMG_4980.jpg
その1

IMG_4980 - コピー-1r

 今更・・・ という感じもあるのだが、昨年の紅葉は東福寺。最近観光客の増加で通天橋はおろか、臥雲橋からの撮影も制限されるようになった。で、昨年の秋もぎりぎりのところでなんとか。

2-IMG_4727_20180319200013ae3.jpg
その2

3-IMG_4734.jpg
その3

 お気に入りの経堂うらは工事の人たちが出入りしている。「京の冬の旅」で特別公開されたので、それに併せての修繕だったようだ。初夏の青もみじ、秋の紅葉がまた楽しみになる。

4-IMG_4750.jpg
その4

 一方通行の指示に従って洗玉澗まで必死に降りたが、あまりの混雑に再び上がっていくのもまた必死で・・・ この左右には押しくら饅頭のような人混み。

5-IMG_4799.jpg
その5

6-IMG_4823r.jpg
その6

 通天橋から見下ろす臥雲橋。いつも黄色い葉が先に落ちてしまうので多色のグラデーションとまではいかないが、それでもこの紅葉の海原は一見の価値があるように思える。

7-IMG_4869.jpg
その7

8-IMG_4874.jpg
その8

 南の六波羅門から入ると目の前には大きな三門と色づいた唐楓。個人的にかなり好みでもあるので、ここは必ず堪能しなければ東福寺に来た意味がないくらいだ。

9-IMG_5000.jpg
その9

 なんやかんやと移動に時間がとられてしまい、まもなく閉門時刻になってきていた。人影のなくなった通天橋は、しばしの静けさに包まれていった。
【2018/03/19 20:30】 2017紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«京都紅葉紀行 @東福寺塔頭即宗院 | ホーム | はろうきてぃ太夫お披露目と葵太夫道中 @平安神宮»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。