日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
除夜の鐘試し撞き @知恩院
1-IMG_7638.jpg
その1

   え~い、ひとぉつ、そうれっ

 知恩院で恒例の試し撞きが行われた。途中からしか参加できなかったが、それでも見応えは十分だ。

2-IMG_7641r.jpg
その2

3-IMG_7644.jpg
その3

4-IMG_7708.jpg
その4

5-IMG_7786.jpg
その5

6-IMG_7817.jpg
その6

7-IMG_7832.jpg
その7

8-IMG_7835.jpg
その8

9-IMG_7855.jpg
その9

10-IMG_7870.jpg
その10

11-IMG_7911.jpg
その11

12-IMG_7912.jpg
その12

 朝から小雪のちらつく寒い日だった。午後からは小雨に変わったが、それでも気温の低いことには変わりはない。山腹に位置する大鐘楼は昼間でも薄暗い。だが、若い僧侶たちは寒さを感じる暇もなかったことだろう。時には打ち損ねてしまうこともあったが、皆真剣な表情だった。
 最後、2回続けて撞かれると試し撞き終わる。

13-IMG_7915.jpg
その13

 見物客が次々と帰っていく中、大きな鐘の下にぐるっと集まって高らかに念仏を唱えると、全ての行事が終わった。夜、ニュースを
見ていると若い僧侶のインタビューがあり、「子供の頃、テレビで見ていたこの場所に自分がいることに感動した」と言う主旨のことを話されていた。お寺に生まれた子供には憧れとも言える除夜の鐘なのだと、改めて深く心に思いが残った。

 大晦日まであと僅か、今年も終わろうとしている。
【2017/12/29 22:45】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
«大つごもり 大祓え式 @吉田神社 | ホーム | 京都紅葉紀行 @圓光寺»
コメント
阿修羅王さん、除夜の鐘といったら知恩院さんですよね、NHKの行く年来る年で、見ていました。
大迫力、ためしをしないと危険ですよね。
見させていただき、有り難うございます。
【2017/12/30 09:59】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。