日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

朗読劇 源氏物語 「紫式部といふものありけり」@石山寺
1-IMG_6946.jpg
その1

 2017年の仲秋の名月。10月4日、この日は源氏物語に出てくる紫の上が荼毘に付されたと言われている日だった。その夜、ここ、石山寺本堂では秋月祭として様々な行事が行われ、源氏物語の朗読劇もそのひとつだった。

 紫式部が光源氏との会話で、いかに物語が綴られていったかを語るものだ。その中で紫式部は物語中の女君として登場するという、一種の早変わりの展開となる。それを踏まえてどうかご覧いただきたい。説明は敢えて行わないとしよう。狭い本堂にお迎えしたすし詰めのお客の間隙を縫っての撮影は、かなりハードなものだった。なお、本来本堂では撮影禁止で、スタッフとしての撮影許可を得ている。

2-IMG_6967.jpg
その2

3-IMG_6975.jpg
その3

4-IMG_6983.jpg
その4

5-IMG_6991_20171016211702f49.jpg
その5

6-IMG_6996.jpg
その6

7-IMG_7005.jpg
その7

8-IMG_7014.jpg
その8

9-IMG_7018.jpg
その9

10-IMG_7023.jpg
その10

11-IMG_7029.jpg
その11

12-IMG_7036.jpg
その12

13-IMG_7044.jpg
その13

14-IMG_7049.jpg
その14

15-IMG_7054.jpg
その15

16-IMG_7063.jpg
その16

17-IMG_7071.jpg
その17

18-IMG_7074.jpg
その18

19-IMG_7082.jpg
その19

20-IMG_7102.jpg
その20

21-IMG_7115.jpg
その21

 舞台はまだ新しい杉の香りがする。背後には内陣に如意輪観音半伽像。またとない素晴らしい舞台だった。このお寺のどこかでまだ、紫式部はそっと耳をそばだてて聴いていたかも知れない。この講演を聴いて、どんな感想を持ったのか、ちょっと訊いてみたいものだ。

22-IMG_6941.jpg
その22

 境内では何千とも言える蝋燭の明かりが灯され、幻想的な世界になっていた。
【2017/10/16 21:57】 朗読アンサンブル 京・Genji公演 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«秋の暴力追放パレード前編 @円山公園~漢字ミュージアム舞妓編 | ホーム | 稲穂と彼岸花をサロンカーなにわが走るを見る»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |