日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

御蔭祭 切り芝神事2017
1-IMG_4155.jpg
その1

 葵祭に先駆け行われた御蔭祭。葵祭ばかりが注目されるが、3日の流鏑馬神事、4日齋王代禊の儀・古武道奉納、5日歩射神事など、7日献花祭、8日裏千家献茶祭、14日鮒奉納式、15日葵祭、そして今年2017年の締めくくりは21日小川流献茶式(襲名披露兼)で終わった。
 で、その中の切り芝神事。撮影は5月12日。その神事の中でも舞人による東遊びと呼ばれる神様に奉納する舞楽を。午前の出発時は眩しいピーカンで暑かったが、夕方は薄曇りの気持ちのよい風が糺ノ森を吹き抜けていた。

2-IMG_4172.jpg
その2

3-IMG_4225.jpg
その3

4-IMG_4230.jpg
その4

5-IMG_4253.jpg
その5

6-IMG_4326.jpg
その6

IMG_4326 - コピー-6のコピー

7-IMG_4340.jpg
その7

8-IMG_4523.jpg
その8

9-IMG_4578.jpg
その9

10-IMG_4658.jpg
その10

11-IMG_4666.jpg
その11

 実に数年ぶりくらいだろうか。陽射しの柔らかい、穏やかな日だった。そう、ここまでは。

12-IMG_4703.jpg
その12

 神馬がその姿を出したとき、急に暴れ出したのだった。何かお気に障ることでもあったのだろうか。しかし皆さんパニックになることもなく、なだめてそのまま神社へと帰っていった。
 この暴れ出した理由として考えられることが二つある。一つは観覧席からのカメラのストロボ。何回か光っていた。辺りがやや薄暗い中、その光はとても強く感じた。そして神事のあいだ中水辺ではしゃぐ甲高い子供の笑い声。雅楽の調べが台無しになるくらいだったので、馬にはかなりストレスだったのではないかと思われた。どなたにも怪我がなく終了したことが幸いだったが、これに限らず馬が参加する行事や祭りには注意勧告が放送されるのにと思う。危ないのは観客ではなく、その馬に騎乗している人や手綱を引いている人。彼らの方が余程危険であることを見物人は知らないのが哀れだ。

 下鴨神社の方々、祭礼に参加された方々、たいへんお疲れさまでした。ありがとうございました。
【2017/06/30 10:24】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«夕暮れに子猫を見る | ホーム | 京都府警察音楽隊ミュージックパトロール in 精華 速報»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |