FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

3年目のジンクス その2 in my life
IMG_6732つつじと山桜
つつじと山桜
 今夜は4月12日、御室のミツバツツジとともに。何しろこの日に最初の症状が出たのだから。

 久し振りにキーボードを叩くと、いつもの調子が出ない。しばらく離れるとなまるものだ。

 さて、何とか今日も生き延びた。ほんの1日2日で直ぐに落ち着くだろうと高をくくったのが間違いだった。当日はまだ余裕があった。多分。鎮痛剤も6時間ほど効いていた。が、翌々日はもっと悲惨だった。鎮痛剤が効かない。3・4時間しか持たないのだ。普通6から8時間開けて使う鎮痛剤。痛みは激しくそのようなことを言っている暇はない。4時間毎に使い、また動くとたちどころに痛んでトイレに行くのもやっとな状態。

   これはまずいことになった・・・

 さすがの私も焦りが見え始める。当日4日の夕方打ってもらった鎮痛剤の注射は効きが悪かった。もう一度行くか、府立医大へ駆け込むか。考えるほどの選択の余地は残されていなかった。医大の救急外来に電話を掛け、また、タクシーを飛ばす。

IMG_6739つつじ1
つつじ
IMG_6745つつじと青いもみじ
つつじと青いもみじ

 先に連絡を入れておいたので手続きは簡単だった。しばらく待って診察。初めの経過から話さなくてはいけないので変わるのはいやだったのだ。仕方ない。取りあえず経過を説明して再びエコーを撮る。変化なし。
 
   結石の場合、痛み止めを使って出てくるのを待つしか・・・

   はい、わかってます。痛みさえ止めてもらったら。痛むたびに吐き気を伴って・・・(うぇっ・・)

 医師は慌ててくず箱を差し出してくれる。いや、吐き気だけで何もでるものがない。お腹は空っぽ。朝から何を口にしたかも忘れたくらいだ。確かスポーツ飲料をグラス一杯?

 ここでも即効性の注射を打ってくれた。とても痛いが文句も言えない。打ち終わってものの5分も経たないうちに、腰がすっと楽になるのがわかる。やれやれ、やっぱりこちらの薬でないと私には効かないようだ。同じような痛み止めだが、1日赤と医大で使う薬剤名が違うが、成分は変わらないものだと思っていた。だが今回はとてもよく効いた。2回目の強い発作の時は合計5回も打ってもらっている。きっとこれだったのだろう。後からふわあっと来る浮遊感、これだ。痛みはとうに消えている。しかし足を取られるくらいの浮遊感と気持ちの良さ。合成麻薬だが、これが薬中なのだろう。

   ああ、気持ちいいなあ・・・(ふわふわ・・・)

IMG_6747つつじと枝垂れ桜
つつじと枝垂れ桜

 少し何か飲めそうだったので売店でスポーツ飲料を買い、玄関の長いすに座って浮遊感が少し治まるまで休み、その間に喉を潤した。
 この日は結局そのあと8時間も痛みが取れ、とても楽になったが、いかんせん、今度は頭痛がひどく再び寝込んだ。

 このしんどさはいつまで続くのか。こんなに長引いたのは5回目にして初めてだ。いつも楽天的にものごとを済ませてきたが、さすがに心配になる。手持ちの座薬も思いがけず多く使ったので残り少ない。連休明けに診察に行くまで持つのかと心配になってくる。

IMG_6947幹越しのつつじ
桜の幹越しのつつじ

 それでも使わずにはいられず、4時に1個、それでも効かなくてとうとう6時に最後の1個を使う。だがそうすると病院に行くまで持たないのは明らかなので、いつも使っている内服の痛み止めを、だめ押しで2錠飲んだ。我ながらすごい使い方をしていると思わないでもないが、痛くて動けないよりいいだろう。その代わりそろそろ胃が荒れてくる頃だ。
 痛みが少しましなのでバスと電車を乗り継いで1日赤へと行く。IDカードを再診機に入れ手続きを済ませ、外来の椅子に座って待った。9時から診察が始まるのにどうも様子がおかしい。9時半になってもまだ始まらない。待ちきれないおじさんが準備を始めているナースに聴いている。透析の患者に手間取っているようだった。それはいいとしても私の方も待ちきれずに痛みが時折襲うようになっていた。向かいを見ると、体格のいい30代位の奥さんらしき人が付き添った男性も、顔をしかめて右の腰をさすっている。どうも同じ結石のようだ。会話から、すでに痛み止めの座薬は入れたらしい。彼はそのうち治まったようだが、私は治まらない。息をするだけでも痛む。

IMG_6951つつじ2
つつじその2

 やっと名前が呼ばれる。一通りまたエコーを撮り、どうしますかという。ま、それはそうだ。

   座薬をたんまり、下さい。それでいいです。

 それしかない。とにかくこのように痛みが続くのは本当に辛い。どうにもこうにもならないのだから。とは言ってもどうすることもできず、こちらで検査をすることになった。以前にもやったあれだ。そして今日も注射をしておきましょうと。効果は期待できないけどと思いながら、痛い思いをしながら受ける。すると注射をしてくれた若いナースが、強い注射なので休んでから帰るようにという。

   ええーっ?(いやそうに)

 ま、そう言うのであればと、わざわざ用意してもらった部屋(処置用ではなく、何かの検査をする部屋のベッドだ)で横になってみたが、やはり一向に痛みは消えない。帰るときは声をかけてくれと言われていたので、たまたまそこにいた外来のナースに名前を言うと、どうでしたかと効果を訊いてくる。あれは私には効果がなく、先に座薬をもらってきて入れてから帰りますと伝えて帰宅した。
 多少は注射の効果もあったのか、帰り着くまで何とか持った。が、つかれた私はお昼寝をした。

IMG_6963五重塔と山桜
五重塔と山桜

 あまり効果があるとも思えず、相変わらず痛い。しかし夜になっても今日はかなり痛みが引いている。いい気になってこんなことをしているが、実際にはちょっと冷や冷やもの。ま、何とか今日のところまでのレポート報告ができた。
 やらなければいけないことが山のようにあるのに、いつになったらこの恐怖から抜け出せるのか、それは神のみぞ知ること。明日の検査に期待しよう。

 ということで、復活しつつあるのでご心配なく。
【2008/05/07 22:26】 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«九尺の藤 in 春日大社 その2 | ホーム | 3年目のジンクス in my life»
コメント
ひげさん、お早うございます。
ありがとうございます。
うん、頑張るからね。
【2008/05/08 06:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

こればっかりは・・・・・がんばれ!!あーちゃん!!
【2008/05/08 05:21】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |