日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @修学院離宮その2中離宮
1-553A4357.jpg
その1

 先日の続きを。さて、参観が始まった途端に降ったり止んだりのややこしいお天気になったこの日。傘を差して2台持ちはかなりの困難を強いられながらだったが、遅れないように必死について行くのだった。

2-553A4354.jpg
その2

3-553A4369.jpg
その3

4-553A4372.jpg
その4

5-553A4422r.jpg
その5

6-553A4428.jpg
その6

7-553A4425.jpg
その7

8-553A4377.jpg
その8

 一冬に何回かは雪が降るという修学院離宮。しかしこの大雪は最近ではあまりなかったという。この離宮が建てられたときはどうだったのだろう。離宮とは言え、冬でも度々足を運ぶことがあったのだろうか。

9-553A4351.jpg
その9

 中離宮を出て、遙か高台に見える上離宮へと向かう。

10-553A4344.jpg
その10

 いつもならこの松並木を抜けて行くのだが、この冬は道の改修工事が行われていて通行止め。

11-IMG_6348.jpg
その11

 かわりに田んぼの中の農道を歩む。道ばたのお地蔵さまは遠くてお目に掛かることができなかったが、初めてのご対面、になるはずなのにすっぽりと雪を被っていた・・・

12-IMG_6356r.jpg
その12

13-IMG_6362r.jpg
その13

 雪がなければ遠くにいるホオジロも、背景に紛れて解らなかっただろう。

14-553A4340r.jpg
その14

 踏み荒らされた雪の農道は非常に歩きにくい。しかしそれ以上に通ることのなかった道を通り、近くで見ることのなかった景色を堪能できる喜びの方がずっと勝る。

15-553A4341r.jpg
その15

 大刈込も近くに見えて来た。上離宮までもう少し。この続きはまた今度。
【2017/04/16 05:51】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(3) | Page top↑
«京都桜紀行 早咲きの桜ダイジェスト | ホーム | 京都雪景色紀行 ダイジェスト»
コメント
阿修羅王さん、ご無沙汰しています、アラックです。
修学院離宮の雪景色って、狙って予約は出来ませんよね、当日申し込みですか、とにかく、バグースです。
【2017/04/18 16:27】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

多分この日が一番の大雪だったと思う。
日曜日でよかった。
貴重な雪景色は行きたいところ満載なんやけど、
離宮と御所がこの冬の目標やったから、
ちょっと頑張ってきた。
他府県の雪は大変なことになったけど、
こちらは写真家にとっては大賑わいやったね。
【2017/04/16 22:38】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
わ! ようけ降ってるやん。
しっとりした感じもとっても優雅だな~。
【2017/04/16 22:25】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |