日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @一乗寺圓光寺
1-553A4662.jpg
その1

 この冬は降ればどか雪・・・ そんな降り方だったように思う。3月の声も目の前で、もう雪は降らないだろう。降ってもうっすら程度か。この日、天気予報通り、しっかりと降った。撮影は1月15日。あちらこちら回って、もう溶けかけてしまっていたが、なんとか滑り込みで・・・

2-553A4586.jpg
その2

 雪の参道を進み・・・

3-553A4588.jpg
その3

 石段の途中で雪の埋もれた大日如来さまにご挨拶をして、

4-553A4596.jpg
その4

 雪の中で紅梅が咲いているのを見つけ、この梅は紅梅だったのかと初めて知ってちょっと喜んでみたり。観音様はさすがに埋もれてはいなかったが、

5-553A4646.jpg
その5

 その足下におられるお地蔵さまは、すっかり雪布団の中だった。

   だ、大丈夫ですか(^_^;)

   なんとか・・・ 少しずつ溶けてきてるから大丈夫だと思う・・・ 心配してくれてありがとうな

   いいえ、どういたしまして

6-553A4601.jpg
その6

 ふと後ろを振り返れば、市内の街並みが雪景色だ。本当によく降ったものだ。

7-553A4603.jpg
その7

 奔龍庭もすっかり雪景色。

8-553A4606.jpg
その8

 それではいよいよ門をくぐって行こうか。

9-553A4609.jpg
その9

 もみじの小枝に積もった雪は、すっかり落ちてしまっているかと思われたが、まだかろうじて景色の中で頑張っていてくれた。

10-553A4615.jpg
その10

11-553A4636.jpg
その11

 書院前の雪は殆ど落ちている。う~ん、もうだめかな。でも見てみなくては解らない。

12-553A4625.jpg
その12

553A4625 - コピー-12のコピー

 希望通りの景色ではなかったが、諦めずに来てみてよかったと思った。このとき既にお昼。全くだめで元々だったから。ところで、いつもの童地蔵さまは埋もれてはいないかな。

   お地蔵さまぁ?どこですかぁ?

13-IMG_6437.jpg
その13

   こ、ここです(^^;)

 かろうじて顔だけを出してあっぷあっぷ。日陰になっているところなので、なかなか溶けなかったようだ。

14-553A4639.jpg
その14

 小枝からしきりに水滴が落ちる。見上げると空は透き通るような青空。

15-IMG_6444.jpg
その15

 雪の中の赤い千両の実。

16-553A4637.jpg
その16

 どんどん雪は溶けてきている。しかし大急ぎで帰ればまだ他にも行けないだろうか。そう思ったら話は早い。

17-553A4654.jpg
その17

   龍さん、また来るね(^_^)/

 まだ雪に埋もれたままの姿では聞こえにくかったようで、返事は聞こえなかった。

   ま、いいか(^_^;)
【2017/02/27 20:04】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
«梅花祭2017 @北野天満宮 | ホーム | 京都紅葉紀行 @一乗寺圓光寺»
コメント
阿修羅王さん、ご無沙汰しています、アラックです。
円光寺さんの、紅葉と銀世界の二つを並べたなんて、たまりませんね、
見応えがありますね、流石ですね、バグースです。
梅の城南宮を狙っていましたが、桜まで諦めます。
【2017/03/01 17:53】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |