日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @大原実光院
1-553A0660_20170103082249d41.jpg
その1

553A0660 - コピー-1のコピー

 冬の到来。とびっきりのごちそうを食べるヒヨちゃんがいた。先日の続きを。

 さて、昨年大原に初雪が降った朝。最後に訪れたのは実光院。年末、2回目の雪が降ったときには、写友さんが素敵な実光院のお写真をアップされていたので自分としては誠に恥ずかしく思うのだが、あれはあれ、これはこれと割り切ろうと思う。

2-553A0692.jpg
その2

3-553A0693.jpg
その3

4-553A0695.jpg
その4

 早朝から吹雪いていた雪も止み、陽射しが戻って来ていた。淡雪はみるみるうちに溶けてきている。しかしその分、青い空と朱色の柿、そしてかろうじて残っている屋根の白い雪が微妙な調和を作り出しているのが綺麗だ。この柿の木はいつもたくさんの実をつけてくれるとか。冬のごちそうが少ない季節には、ヒヨドリを初めとして、メジロもカラスも集まるのだろう。

5-553A0664.jpg
その5

 雪が降る中でも春まで咲き続ける不断桜。

6-553A0674.jpg
その6

7-553A0677.jpg
その7

8-IMG_5983.jpg
その8

9-IMG_5987.jpg
その9

10-IMG_5997.jpg
その10

 冬の花が少ない季節に見せてくれる不断桜。ごく小さな桜だが、その存在感は大きい。

11-IMG_6004_20170103082726dda.jpg
その11

 ごく淡雪で、地面がすっかり隠れてしまうほどの雪ではなかった。あっという間に溶けていってしまうだろう。はかない命はまたいずれたくましく蘇る。

12-IMG_6018.jpg
その12

 秋に一時冷え込んだ時期があったが、その後の気温でどうも寝ぼけたと想像する石楠花のふくらみかけた蕾。今頃いけば小さな花を開いているのだろうか。きっとびっくりしていることだろう。

13-IMG_6023.jpg
その13

 冬の空は変わりやすい。やがて再び小雪が舞い始めた。

14-IMG_6026.jpg
その14

IMG_6026 - コピー-14のコピー

 雪が舞う。寒さの中も不断桜は凜と気高く咲いていた。

15-IMG_6027.jpg
その15

 次に雪景色を見に来ることができるのはいつになるだろう。名残惜しげに振り向いて実光院をあとにした。
【2017/01/04 00:00】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«新春奉納行事太夫道中 @松尾大社葵太夫 | ホーム | 京都紅葉紀行 @吉田山真如堂後編»
コメント
torimyさん、お返事が遅くなりました。

なかなかレトロなレストランやろ?
老舗の風格がばっちりやね。

もう少しだけ積もっていて欲しかったんやけど、
地面の苔の色はやっぱり見えないとね。
ああ、次はいつ降るのかなぁ。
どうかお休みの日に降ってくれますようにm(_ _)m
【2017/01/05 22:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ヒヨちゃんのお食事ステージがめっちゃおしゃれ。
このレストランは相当の老舗だね。

割り切り? 私なんかいっつもそんなんばっかじゃ!

しかし冬の薄化粧はホンマにきれい
【2017/01/04 17:38】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |