日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @八瀬蓮華寺
1-IMG_3725.jpg
その1

 この縁側から先は現世の極楽浄土・・・ そんな説明の声がしてくるようだ。雨の蓮華寺、撮影は11月17日。ようやく小雨も上がった午後だった。

2-IMG_3719.jpg
その2

 黄色いイチョウは既に散っていて、足下には黄色い絨毯。その上には赤やオレンジのもみじが散って、模様を作り出している。こんなのを見たら、なかなか進めないではないか。まこと、非常に困ってしまった。

3-IMG_3729.jpg
その3

IMG_3729 - コピー-3

 燃えるような、とまではいかなかったが、書院の先に見えて来た庭園に思わず吐息が出た。

4-IMG_3736.jpg
その4

 大きな期待は持っていなかったが、いい意味で裏切られたようだ。陽射しのない、明るい曇りも条件的には良かったのだと思う。一昨年くらいだっただろうか、びっくりするくらいに燃えるような見事な色づきを見せてくれた年があった。そこまでの色づきではなかったが、ゆっくり座って眺めていたくなる色合いだ。週末にも関わらず、思ったほど混み合ってもいない。お天気のせいなのかそうではない何かの理由があるのか、それは分からないが、幸運だった。

5-IMG_3775.jpg
その5

6-IMG_3781.jpg
その6

7-IMG_3795.jpg
その7

 紅葉の人気スポットで、これほどゆっくりできたのは久しぶりだった。

8-IMG_3834.jpg
その8

9-IMG_3803.jpg
その9

10-IMG_3812.jpg
その10

 その分、受付前の黄色い絨毯周辺では多くの方たちのはしゃぐ姿が楽しげだった。
【2016/12/20 00:00】 2016紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都雪景色紀行 @大原三千院 | ホーム | 京都紅葉紀行 @鳥居本護法堂弁財天»
コメント
鷹虎さん、お返事が遅くなりました。

ご無沙汰しておりますが、
間かわらずパワフルにお過ごしされているようですね。
この冬の気候は大変でしたね(まだ冬は続くけど)、
どうかご自愛下さいませ。
【2016/12/23 09:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、お返事が遅くなりました。

暗い中に浮かび上がるのがいいのよね、ここは。
【2016/12/23 09:37】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おばんです!
長い年月よくお世話になりました。貴殿も永年勤続となりますます発展されていますよね~~。☆!
来年もこりずにお付き合い願って今年の最後の挨拶といたします。ありがとうございました。
【2016/12/22 15:51】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
コントラストがとても効果的 って感じかな。
【2016/12/21 23:03】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |