日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

時代祭2016 @平安神宮編
1-IMG_-8239.jpg
その1

 10月22日、京都三大祭りのひとつでもある時代祭。その冷え込んだ朝は見事な朝焼けに始まった。見慣れた自宅のベランダからの景色ではなく、御所から観る夜明けも見事だ。写友さんと「早起きは三文の得」(笑)などと笑いながら眺めていたが、彼は寒そうだった。

 御所出発が12時。場所取りに夜明け前。う~ん、流鏑馬に匹敵する待ち時間だ。素晴らしい(^^;) 御所出発の記事が多く出るので、敢えて今年は違うところを。と言うか、少々面倒になって来ただけのこと。では明るくなってきたのでいざ、平安神宮へと参ろう。時代祭は何回か出かけているが、早朝の平安神宮の様子は見たことがなくて、今回初参戦してきた。

2-IMG_-8255.jpg
その2

 うっすらと朝日が差し込み始めた境内。幟が立ち、お祭りの始まる前のほどよい緊張感が張っていた。一般では入れない場所が多くて、その一番手前には既に人だかりになっている。

3-IMG_-0448.jpg
その3

 本殿の奥には御鳳輦(ごほうれん)と呼ばれる御輿が鎮座している。ここに孝明天皇桓武天皇の祭神が乗り移られる。

4-IMG_-0450.jpg
その4

5-IMG_-0483.jpg
その5

6-IMG_-0486.jpg
その6

7-553A8274.jpg
その7

 出発に先立ち、祭りの無事を祈ってお参りをし、御神酒をいただく。普通は杯なのだが、ここはお湯のみだった。そんなにたくさんは注がないとは思うのだが・・・ ちゃんとスルメも握っているのが見えた。ふむ、さすがは神社。

8-IMG_-0501.jpg
その8

 定刻、神事を終えて御鳳輦が担ぎ出された。この担ぎ手の中には知り合いがいるのだが、楼門の外まで担ぐのがかなりきついとのこと。確かによく見れば少々年配の方のお顔が見える。階段を下りるのも重さがのしかかるだろう。

9-IMG_-8304_2016103015010929b.jpg
その9

10-553A8332.jpg
その10

 楼門の階段を上がり、高い敷居を乗り越える。

11-IMG_-8343.jpg
その11

12-IMG_-8354.jpg
その12

 そしてもう一基の御鳳輦が楼門へと向かう。同じように乗り越え、

13-IMG_-8373.jpg
その13

 やっと台車に乗せることができた。これが一苦労なのだと教えて貰った。見るからにたいへんそうだが、でもどこか嬉しそうな笑顔がにじみ出てくるように見えて仕方がないのは、ひいき目なのだろうか。

14-IMG_-8399.jpg
その14

15-IMG_-0526.jpg
その15

 行列の準備が調ったら、いざ御所へ向けて出発。

16-IMG_-0536.jpg
その16

 行列に参加する人たちは殆どが御所で合流。幟を持った学生さんたちや馬を引く人、台車を押す人など、ちょっと寂しいと言えば寂しいが、その中でもやはり御鳳輦はひときわ鮮やかで目を引く担ぎ手たち。既にここでも多くの人がしきりにカメラを向けている。

17-IMG_-8476.jpg
その17

 さて、御所に帰ってきてひと休みしたらちょっとバックヤードツアーへ。のんびりと草を食べている白馬は巴御前の乗る馬。出番がまだなので腹ごしらえ・・・ いや、この子に限らず、参加する馬たちはこうやって草を食べて「道草」(笑)をしていることが多い。手綱を握る女性とのこのアンバランスがなんだか和やかで思わず微笑んでしまった。

18-IMG_-8499.jpg
その18

 桂女で参加するこの女性、とても綺麗な人だった。昭和の時代、こんな感じの映画のポスターがなかった?他にもたくさん撮らせて貰ったが、この1枚に集約されてしまったように思える。

19-IMG_-8597.jpg
その19

20-IMG_-8655.jpg
その20

 毎年回り持ちで花街から芸舞妓さんたちが参加するのだが、なかなか名前と顔が一致しないのが本当に情けない。巴御前だけははっきりと知っているのだが、ちょっと訳ありで悲しいので自分の時代祭はここまで。

 来年も週末に重なるので人出が多いだろうなぁ・・・ 
【2016/10/30 21:20】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«紫式部といふものありけり 朗読アンサンブル京・Genji @明治アニバーサリーホール | ホーム | 両陛下ご訪問 @京都»
コメント
youpvさん、こんばんは。

youpvさんがレポートして下さったお写真を観てから、
自分でも見てみたかったんですよね。
こっちを観て本番に重文間に合うことが解りました。
こちらこそありがとうございます。
し、しかし、このあとの鞍馬はきつかった~
でもまた行きますっ

【2016/10/31 23:32】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

巴御前が時代祭のメインと言うてもええくらいなんやで。
今年の巴御前はほんまに美しかった~
このあとこれほどまでに綺麗な人が出るのかなぁって言うくらい。
でもな、長刀を持ってはらへんかったんよ~(T_T)
近々、それだけを出してあげるね。
【2016/10/31 23:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

京都の達人にはほど遠いので恥ずかしいですわ(笑)
なぜか今年は気合いが入りました。
来年も全開でいきたいですね。
【2016/10/31 23:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます~。
今年は時代祭に行けなかったので
こうやって朝からの流れを見せていただけて
嬉しいです。
【2016/10/31 10:14】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
直衣直垂 水干の人から裃まで
ホンマにいろいろ衣装があって!
お? 裃の人 手にハンドバッグ(笑)

え? うちの巴ちゃん 白いお馬に乗るの? お似合いやろうな~
【2016/10/30 21:49】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
阿修羅王さん、早朝、日の出前からのお出かけになりましたか、気合が違いますね、観客席には当然人は無しの時間帯。
これからの時代祭りからの報告、いや、貴重ですね、バグースです。
メールでありがたい連絡も有り難うございます。
アラック、先ずは体力の向上です、入院もありましたが、一週間で120kmは歩きました。
【2016/10/30 21:48】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |