日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

彼岸花にサギが飛ぶを見る @亀岡
1-553A0890.jpg
その1

 さて、今年の彼岸花もかろうじて亀岡は押さえることができたのが嬉しい。亀岡ももっと他にもいいロケーションの場所があるのだが、なかなか手が回らないのが現状。いや、手ではなくて脚か・・・

 ともかく、出かけたときにはちょうど稲刈りが始まったところで、稲穂があって本当によかった。しかし今回はサギを捕ることができたので、そちらを中心に。

2-553A0892.jpg
その2

3-553A0897.jpg
その3

 ここではもう少し撮りたかったのに、気にせずに不用意に近づいてきたおばさんに邪魔をされて、ダイさんは行ってしまったのだった。

4-553A0983r.jpg
その4

5-553A0999.jpg
その5

 彼岸花とトンビは初めてのコラボだったかも。

6-553A1018.jpg
その6

 陣地争い。このヒトたち、いつでもこれだから。きっと楽しんでいるのだと思う。じゃれているとか、そんなノリで。

7-553A1041.jpg
その7

553A1041 - コピー-7のコピー

 トノサマガエルのごちそうを捕まえた。

8-553A1047.jpg
その8

9-553A1064.jpg
その9

10-553A1145r.jpg
その10

11-553A1072.jpg
その11

 欲を言えばもう少し咲いていて欲しかったが、この稲刈りのタイミングだったからこそサギたちも多かったのだと思っている。これはこれでよかったと。

 それではお地蔵さま巡りにでも。

12-553A0952.jpg
その12

13-IMG_8987.jpg
その13

14-IMG_8992.jpg
その14

 お地蔵さまと言うには形態が古いと思うのだけれども。案外元々は墓石だったのかと考えたりもする。この辺りの歴史がちょっと気になるところ。千代川の辺りでも田んぼの中にこのようなお地蔵さまがいくつもある。いったいどんな意味で置かれたのだろう。

15-IMG_9005.jpg
その15

 この道祖神はあまりにもメジャーな存在。今年はどんな風に撮ってみようかと眺めていると・・・ 

   ん?

16-IMG_9007.jpg
その16

 お茶碗の中にイナゴが2匹、和んでいた。

17-IMG_9020.jpg
その17

 で、今年はこのカットで。

18-IMG_9023.jpg
その18

 時間の都合で西側方面へは行くことができなかったが、昨年は出かけることさえ叶わなかったので、これだけでもまずまずの成果を得たように思う。

19-IMG_8997.jpg
その19

 今日のおまけはこれ。ある意味一種の額縁かも。この中をサギが飛んでくれたら完璧だったのに。
【2016/10/12 23:15】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«水尾の里 その1アサギマダラ | ホーム | アオさんの失敗を見る»
コメント
torimyさん、お返事が遅くなりました。

この色合い、絶品やと思わへん?
稲穂が残っていてほんまによかったわ。

ああ、イナゴね、大丈夫。
お水は入ってへんかったから。
でもな、茶碗風呂を期待していたかも知れへんよね。
【2016/10/14 21:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
これは映えるわ!
稲穂の色味もとてもいい感じ。

イナゴ 溺れてんの?
【2016/10/13 15:43】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |