FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

朗読劇「紫の上 月の露」 in 京都文化博物館別館ホール
exhi-hall別館ホール
別館ホール

 いよいよ明日が本番となった朗読劇。会場がどんどん大きくなっていく。そのうち北山のコンサートホールまで行くのではないかというほどの勢いだ。だが、メンバーの方々はそれだけのプレッシャーがかかっているはず。それを生業にしているわけでもなく、それぞれの家庭を抱えての出演は本当にたいへんだと思う。

 それにしても何回聞いても凄いと思う。朗読だけに、やはり一度は目を閉じて聴いてみるべきだろうと思っている。
 今度の会場もとても素敵なホールだ。3週に渡って木曜14時開演。楽しみにしよう。

IMG_9375ニジュウヤホシテントウ
ニジュウヤホシテントウ

 ところで、今日の午後、ちょっとしたハプニングに遭遇。

IMG_9368ヒメジョオン
ハルジョオン

 その女の子は大粒の涙をぽろぽろこぼしながら大声で泣いていた。用事で出掛けようと玄関を出たとき、どこかで子供が泣いているとは思ったが、よくあることだし気にも留めずにエレベーターの前を通り過ぎようとしたときだ。エレベーターのガラス張りの窓から子供の姿が見えた。ドアが開けられずにでられなくなったのだろう。扉を開けてやると、幼稚園かそれくらいの女の子。その腕にはしっかりと絵本が抱えられていた。不安そうに涙をこぼしている。

   もう大丈夫やで、よーしよーし・・・ 恐かったんやな、もう泣かんでいいから・・・
   はよ、お家に帰り。お母さんが待ってるさかいに。

 そう言って外に導き出してやり、頭をなで、抱きしめてやる。それでもその子は泣くばかり。どこからかその子のお母さんらしき人の声が子供を捜しているのが聞こえた。

   おかあさーん、今階段を下りていますから・・・!

 どこかにいるお母さんに向かって叫んだ。お母さんは下から階段を上がってきてくれて、無事その子を引き渡すことができてめでたしめでたし。

IMG_9341シロツメクサ
シロツメクサ
 クローバーと言わずにあえてシロツメクサ。
【2008/04/30 20:39】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«日本語と仏語による朗読劇 「紫の上 月の露」 in 京都文化博物館 | ホーム | いちごジャム in my kitchen»
コメント
小紋さん、こんばんは。
ようやく打ち込みが終わりました。一言人文、選んでしまいます。
今回も同じところなのです。練習の都合があるので。来年は宇治十帖に取りかかるそうです。

シロツメクサ、見ているだけであの強い香りが感じられます。
【2008/05/02 00:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今回はどの巻きでしょうか。楽しみです。
レトロ門司港の門司港ホテルの前は しろつめくさの香りがみちていました。
【2008/05/01 22:26】 URL | 小紋 #-[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
川下り100kmレースをこなせるようなひげさんが泣き虫だった?

信じられへん・・・
【2008/05/01 21:36】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ヘルブラウさん、こんばんは。
ひとつ書き忘れていました。これ、仏語とのタイアップなのです。日本語と仏語で朗読するのです。ちょっと素敵でしょ?
これから書き込みますので、まったりゆったり読んでいって下さい。(少々時間かかりますが)
【2008/05/01 21:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おばんでした。

不安やから泣くんやもんね・・・・。
おっちゃんも泣き虫やったから・・・よくお袋の後を追って泣いてたらしい・・・・。笑)
【2008/05/01 20:22】 URL | ひげ #-[ 編集]
近ければこの朗読劇行ってみたいのに。。。
また様子教えてね!
ゆったりとちょっと横着に生きるのも人間の知恵と想うこのごろなんですよ。。。
【2008/05/01 17:52】 URL | ヘルブラウ #pDmV/urE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |