日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

大原阿弥陀寺 クリンソウが咲く

その1

 初夏のよく晴れた朝、大原の奥座敷まで足を伸ばした。新緑がとても綺麗だったのだが、大原のバス停終点からここまでチャリを飛ばすと暑かった・・・(+_+)

2-IMG_-2663.jpg
その2

 しかし、参道の坂道をどんどん登っていくと現れる新緑のトンネルに、びっしょりかいた汗もすっと引いていく。

3-IMG_-2667.jpg
その3

 そして迎えてくれる楓の巨木。いやはや、本当に古老もいいところ。秋には酔っ払って赤くなった紅葉が迎えてくれることだろう。それも楽しみだ。

4-IMG_-2672.jpg
その4

 そうそう、この日はアシナガさんも出迎えてくれたが、とても暑かったので、葉っぱの陰から出たがらなかった。

5-IMG_-2699.jpg
その5

 蜂ではないが、本当に暑い日だった。ここだけでも日陰でよかったと。

6-IMG_-2686.jpg
その6

7-IMG_-2729.jpg
その7

 こちらはクリンソウの群生がよく知られているのだが、最近、クマガイソウが仲間入りしているので、それも楽しみ。

8-IMG_-2731_201608231224201cb.jpg
その8

 それがこれ。

9-IMG_-2736.jpg
その9

10-IMG_-2740.jpg
その10

 クマガイソウの足下にはバークチップが敷き詰められ、さながら柔らかいベッドのようだ。これなら雨が降ってもしぶきが跳ね返りにくそうに見える。クリンソウも仲間が増えて楽しそうだ。それでは本命のクリンソウの群生を。

11-IMG_-2754.jpg
その11

 見頃になっていると情報を貰っていたので、期待通り。ただ、お天気がピーカン過ぎて大変だった。この2日ほど前、ちょうど小雨がやんだくらいの朝に行けたらよかったのだg、そう言うわけにもいかず。その朝、大田神社でカキツバタを水滴付きで撮っていて、写真家の先生にお目にかかったものだから、こちらのクリンソウの情報だけはお伝えできた。あとから写友さんに聞いた話だが、先生と合流したそうな。う~ん、あの日、行きたかったと羨ましい。

12-IMG_-2759.jpg
その12

15-IMG_-2831.jpg
その13

16-IMG_-2888.jpg
その14

 湿っている足下に足を滑らせながら、ちょっと癒やされてきた。

17-IMG_-2808.jpg
その15

 苔の中に埋もれるように小さな着生蘭を見つけた。

18-IMG_-2895.jpg
その16

 ではそろそろお暇しようか。ここから市内までチャリで下っていくから、時間がかかる。

   そうかぁ。ほな気ぃつけて行きや

   はぁい、おおきにぃ(^^)

19-IMG_-2905.jpg
その17

20-IMG_-2909.jpg
その18

21-IMG_-2911.jpg
その19

 帰りながら頭上を見上げると、吹き抜ける風と新緑がとても気持ちがよかった。
【2016/08/27 21:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都府警察音楽隊 たそがれコンサート @室町小路広場 | ホーム | 禅寺に咲く蓮 @大本山東福寺»
コメント
torimyさんこんばんは。お返事が遅くなりました。

石仏さまとクリンソウ、もしくはクマガイソウを一緒に撮るのが難しくてね。
そう言って貰えるのはとても嬉しいわ。
で、一番嬉しかったのが小さな欄だったというのがこの日の感想なんよねぇ(^^;)
【2016/08/29 23:14】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
その7 いいね~。
また珍しいお花もあって・・・
大原にクマガイソウっていうと なんや源平合戦がよみがえってしまうわ。

苔に埋もれた小さなランもいい感じ
【2016/08/27 23:45】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |