日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

禅寺に咲く蓮 @大本山東福寺

その1

 通天橋に蓮があるのではないと言うことを先に・・・(^^;) 念のため。

2-IMG_-0482_20160823102418b8f.jpg
その2

3-IMG_-0489.jpg
その3

 方丈の玄関先に大きな蓮の鉢が置かれているので、ちょっとだけ。さすがに人の往来が多いのでかなり待つことになったが、それを見たシニアの男性が自分の背後に回ってきた。いや、代わってあげるけど、かなりの中腰になるけどいいのかな。頼むからお尻を突き出してカメラを持った腕を伸ばすという、少し格好悪い姿勢はしないで欲しいと思う。ま、後は振り返らずに移動したので知らないけど。

4-IMG_-0516_20160823102419821.jpg
その4

 目的はこの巨大な三門の南側、この蓮池。今年は烏丸半島の蓮が全滅で、大蓮寺もタイミングを逃し、かろうじて智積院とここだけ。それに、この暑さで遠出はしたくない。

5-IMG_-0508.jpg
その5

6-IMG_-0512.jpg
その6

7-IMG_-0532.jpg
その7

8-IMG_-0536.jpg
その8

9-IMG_-0541.jpg
その9

10-IMG_-0545.jpg
その10

11-IMG_-0554.jpg
その11

IMG_-0554 - コピー-11のコピー

 池の真ん中に架かる橋をアクセントにするくらいしかないのだけど、この色の蓮が結構好きなもので。智積院も同じような色の蓮が咲く。ピンク色の大賀蓮も久しぶりに見たくなってきた。

 ピンクの蓮と言えば琵琶湖、烏丸半島だが、あの群生地も湖底の泥が傷んできたのではないだろうか。それをずっと心配していた。蓮を栽培したことのある人ならご存じだと思うが、鉢の泥は毎年交換が必要となる。レンコン栽培の田んぼの泥は知らないが、掘り返すことで入れ替わるし、手入れをしているから大丈夫なんだろう。自然に生えている蓮を当て込んで観光資源にし続けた罰なのだろうか。最近の猛暑は昨シーズンの冬も暖冬で、泥の奥が発行して有毒ガスが発生しているのかも知れない。原因はいくつも重なっていると思われるが、早急な調査と手立ては必須。

 それにしても哀れな寂しい景色だったなぁ・・・

12-IMG_-0491.jpg
その12

 今日のおまけはこれ。紫陽花の葉っぱに留まってくれたルリシジミ。見えないところで羽を広げていたので、綺麗な色が見られなかった。残念。
【2016/08/24 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«大原阿弥陀寺 クリンソウが咲く | ホーム | 子ヒヨの寝落ちを見る»
コメント
torimyさん、こんばんは。お返事が遅くなりました。

この色はほんまに上品やろ?大好きな種類なんよね。
柵のしてある池やからちょっと撮りにくいけど、
三門背景がいいから。
【2016/08/27 21:34】 URL | お客さま #QmhNi1cU[ 編集]
ほんのりピンクのグラデーション
上品できれい!!
透過光がまた効果的だね その7
【2016/08/26 13:02】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |