日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

びわ湖大花火大会2016 @浜大津
1-IMG_7946r.jpg
その1

IMG_7946r - コピー-1のコピー

 花火を見に行く機会が殆どなくて、今年は思い切って琵琶湖へ脚を伸ばしてみた。それも有料観覧席。ひとつ失敗したことがある。それはあまりにも近すぎたと言うこと。贅沢と言えば贅沢な悩みではあったのだが・・・ 開催日程は毎年8月8日。これが週末に重なると恐ろしいことになるらしい。

 なんとかまともに撮れたものから少しだけ。

2-IMG_7876.jpg
その2

3-IMG_7947.jpg
その3

4-IMG_7952.jpg
その4

5-IMG_7977.jpg
その5

6-IMG_7983.jpg
その6

 花火は国際会館のわずか10分余りの練習しかできないので、どうも苦手だ。めげずに次へ・・・

7-IMG_7986.jpg
その7

8-IMG_7994.jpg
その8

9-IMG_8012r.jpg
その9

10-IMG_8043r.jpg
その10

11-IMG_8064r.jpg
その11

12-IMG_8079r.jpg
その12

 現地へ行って初めて知ったのだが、と言うか、サイトくらい見てみろやというところなのだが、毎年テーマが決められていたのだ。今年は「虹色の旅へ。」ふむ、そう言われてみれば色とりどりの七色の光が多いようにも感じる。その大きなテーマの中にも細かくタイトルがあって、解説の放送まであったのだった。

13-IMG_8096r.jpg
その13

14-IMG_8100r.jpg
その14

15-IMG_8101r.jpg
その15

 花火が自分の頭上いっぱいに炸裂すると、その風圧が身体に感じる。辺りは騒然と歓声が度々上がる。もう撮っている場合ではなくて、見るのが忙しい。ファインダー越しよりも実際に空を見上げて見ている方が余程綺麗だ。色とりどりの天の川にでも放り込まれた気分。

 何も考えずに持っていったフルサイズ24mmのレンズは役立たず・・・ でもなかったが、もっと広角が必要だった。多分実際に見ている方が長かったかも知れない。できればもっと離れた場所から花火全体の形を取れる位置の方が良かったかも知れない。反省は色々あるが、観覧席の先数100m先から打ち上げられる花火の迫力は癖になる。写友さんたちはまた別の場所から狙っていた。それぞれ色んな場所から撮ってその感動を分かち合うのも面白い。自分はこの近すぎるくらいに近いこの場所を定番としてもいいのではないかと思っている。
 来年もきっとここへ来るだろうと思う。

16-IMG_8021.jpg
その16

 今日のおまけはこれ。最近の花火はなかなか手が込んでいて、面白い形になるものも多い。スイカやトンボ、にこにこマーク、そしてカエルさんの笑顔に癒された・・・
【2016/08/21 23:30】 イベント | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«子ヒヨの寝落ちを見る | ホーム | 千年の祈り 三千院万灯会2016»
コメント
torimyさん、こんばんは。

1万発ほど打ち上げるらしいで。
続けざまに揚がったら、辺りは眩しいくらいやから。
ラストは特に凄い。

【2016/08/22 23:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
やっぱ 盛大な花火やな~
【2016/08/22 07:54】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |