日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

祇園祭山鉾巡行後祭り
1-IMG_-0830.jpg
その1

 ちょうど1週間前、後祭りの山鉾巡行が行われた。色々使いたいことがあってたくさん撮りすぎて整理が付かなくなっていたのだが、ようやく準備が調ったので。一気にまとめてたんまりと行きたいと思う。昨年も今年も、同じようなお天気だった。前祭りは始まる直前に雨が止んだものの、ビニールシートを懸けたままのものも多く、濡れないようにと大急ぎで作業された方たちの苦労が見られ、後祭りの暑さは半端ではなく、関係者の方々、警備の方々、本当にお疲れさまでした。

 では枚数が多いのでキャプションは少なめで。

2-IMG_-0834r.jpg
その2

 橋弁慶山。文字通り、五条大橋の牛若丸と弁慶のあのシーン。

3-IMG_-0855.jpg
その3

IMG_-0855 - コピー-3のコピー

 金幣が4つというのも豪華なものだ。

4-IMG_-0893.jpg
その4

 北観音山。

5-IMG_-0918.jpg
その5

6-IMG_-0929.jpg
その6

7-IMG_-0943_20160731095508431.jpg
その7

IMG_-0943 - コピー-7のコピー

 雲が多い空だが、むしろ変化に富んでいていいかも。辻回しでは初め少し手間取ったが、回りきると大きな拍手に包まれた。

8-IMG_-1084.jpg
その8

 浄妙山。

9-IMG_-1089.jpg
その9

10-IMG_-1090.jpg
その10

IMG_-1090 - コピー-10のコピー

11-IMG_-1112.jpg
その11

 平家物語の一場面を現しているだけのことはあって、近くで見るとこんな勇ましい場面。

12-IMG_-1133.jpg
その12

 役行者山。

13-IMG_-1121.jpg
その13

14-IMG_-1126.jpg
その14

15-IMG_-1158.jpg
その15

 役行者らしく山伏姿でホラ貝を吹き鳴らす姿はやはり格別。

16-IMG_-1171.jpg
その16

 黒主山。

17-IMG_-1187.jpg
その17

 昨年、ご神体の小袖を新調しているのだが、拡大して撮るのをうっかり忘れてしまった。

18-IMG_-1221.jpg
その18

 南観音山。大所帯なので早めに曲がって行かれた。これは辛い・・・ 思いっきり報道が入ってしまった。結構目立つのだ、あの位置にたたれると。こちらとしてはもう少しだけ下がっていただけるとありがたいのだが・・・

19-IMG_-1235.jpg
その19

20-IMG_-1262.jpg
その20

IMG_-1262 - コピー-20のコピー

 懸想品の飛天が色鮮やかで、青くなってきた空に向かって飛び去って行きそうだ。こちらも山も威勢よく回って行った。

21-IMG_-1325.jpg
その21

 人気のある山の一つでもあり、最後のの辻回しが行われる直前には、報道各社が一斉に集まった。

22-IMG_-1361.jpg
その22

 鈴鹿山。

23-IMG_-1364.jpg
その23

 アスファルトには辻回しで蒔かれた水が残っていて、そこへ白い衣装が映り込んだ。長めの丈の上着が少し異国情緒を感じさせてくれる。

24-IMG_-1381.jpg
その24

 八幡山。

25-IMG_-1394.jpg
その25

 文字通り八幡さん。地元三条町の八幡宮で、社殿は総金箔貼りの豪華さ。ちょうど正面を向いたときにお参りをどうぞ。

26-IMG_-1431.jpg
その26

 鯉山。

27-IMG_-1366.jpg
その27

28-IMG_-1426.jpg
その27

29-IMG_-1450.jpg
その28

 中国の逸話、登竜門になったあの鯉だ。

29-IMG_-1450.jpg
その29

 大きな鯉が勢いよく登っていく姿は圧巻だが、それ以上に16世紀ベルギー製のタペストリーは一見の価値がある。国の重文。

 さあ、いよいよ最後の鉾となった。しんがりを務めるのは復活を遂げて3年目となった大船鉾。

30-IMG_-1501.jpg
その30

 大船鉾。

31-IMG_-1513.jpg
その31

 音頭取りの方が着ている浴衣は試し曳きの時と異なっている。個人的にはあちらの方が好きなのだが。船体に掛かっている波しぶきのあの柄をモチーフにした柄なのだ。

32-IMG_-1523.jpg
その32

33-IMG_-1645.jpg
その33

IMG_-1645 - コピー-33のコピー

34-IMG_-1661.jpg
その34

 今年は新たにこの龍頭も新調された。まだ白木だが、のちに金箔が貼られていく。そのときにはもっと迫力のある姿になるのだろう。新たな船出を祝おうと思う。

 多くの枚数におつきあい下さいまして、ありがとうございました。毎日疲れが溜まってなかなか思うように更新ができませんが、どうかお付き合いのほどをよろしくお願いします。
【2016/07/31 11:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«花火 @宝ヶ池国際会館 | ホーム | ツバメのうまうまを見るその1»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |