日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

2016祇園祭山鉾巡行先祭り 注連縄きり
1-IMG_-6948.jpg
その1

 なんとも長ったらしいタイトルになってしまった。なかなか難しい。それはさておき、今年の山鉾巡行は両日ともに日曜日。まともに撮り始めてまだ2回目。今年は注連縄きりにチャレンジしてみることに。

 祇園祭の定番、信号機の折りたたみ。多分、この京都だけではなかろうか。

2-IMG_-6951.jpg
その2

 これが見ていると結構面白い。歩道にもロープが張られ、注意事項をアナウンスされ、準備が整いつつあった。お天気が微妙で、8時を回った頃からぽつりぽつり・・・ やっぱり自分のせいだろうかとちょっと不安になりつつも、いそいそと雨に対応すべくレインコートを出し、カメラバッグにもカメラにもレインコートを着せてやる。幸いにも始まる9時頃には雨も止んだ。若干送れての開始だったが、きっと雨が止みそうだったので、それを待っていたのかも知れない。

3-IMG_-6967.jpg
その3

4-IMG_-6971.jpg
その4

 東側を向いて柏手を打って。その先にあるのは八坂神社。祇園さんに祭りの無事を願ったのだろう。

5-IMG_-6980_2016071822153990b.jpg
その5

 放送局のリポーターも準備万全。

6-IMG_-6988.jpg
その6

 先頭の幟を迎える。

7-IMG_-6996.jpg
その7

 お稚児さんと禿のお母さんたちも心配そうに見守っている。

8-IMG_-6998.jpg
その8

9-IMG_-8062.jpg
その9

 やがて長刀鉾の勇壮な姿が現れ、巨大な鉾が目の前に迫った。

10-IMG_-8104.jpg
その10

 注連縄が目前に来ると、鉾は停まりお稚児さんは一旦奥へ下がって、代わりに断ち切るための台が据え付けられる。

11-IMG_-8143.jpg
その11

12-IMG_-8146.jpg
その12

13-IMG_-8149.jpg
その13

14-IMG_-8159_20160718222241cb8.jpg
その14

 省略したが、刀を左右に2回ずつ振って、頭上に構えたらいよいよ振り下ろすだけ。

15-IMG_-8173_20160718225913a4e.jpg
その15

 背後に控えている大人たちの顔は睨みつけているかのごとく険しい。一太刀で着ることができるだろうかと。しかし本人はもっと真剣に緊張していることだろう。

16-IMG_-8176.jpg
その16

IMG_-8176 - コピー-16のコピー

 そして太刀は振り下ろされ、綺麗に切れた。その瞬間割れるような拍手と歓声が沸く。

17-IMG_-8178.jpg
その17

18-IMG_-8179_20160718222243f98.jpg
その18

 ピンと張られた注連縄はその張りを失い、勢いよく跳ねて離れていく。

19-IMG_-8193.jpg
その19

 心なしかほっとしているようにも見える。周りの男性たちも。

20-IMG_-8198.jpg
その20

21-IMG_-8211.jpg
その21

22-IMG_-8217.jpg
その22

 目の前ではお母さんたちへのインタビューが始まっていた。随分と緊張しながら見守っていたのだろう。瞳が潤んでいる。

23-IMG_-8219.jpg
その23

24-IMG_-8225.jpg
その24

 見事な装飾品を揺らしながら、長刀鉾はゆっくりと巡行に進んでいった。

 この続きはまた今度。
【2016/07/18 23:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«2016祇園祭山鉾巡行前祭り | ホーム | 祇園祭2016 前祭り 試し曳き@船鉾と岩戸山»
コメント
デジ鍛冶さん、お返事が遅くなりました。

こちらこそ御一緒いただいて楽しかったです。
強い雨にはもう諦め気分です(^^;)
やっぱり雨なのかと・・・
直前に上がったのは、誰かの執念かと感じます(笑)
さて、来年は課題をクリアできるよう、
再び挑戦したいです。
今度は晴れて欲しいですね。
【2016/07/20 05:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雅さん、お返事が遅くなりました。

今年はお千度から見ているのですが、
なかなか大役なんだなぁと、
改めて大役を背負うプレッシャーを想像しました。
注連縄きりにその一瞬が詰まっているかのようでしたね。
奥深い神事です。
【2016/07/20 05:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsu さん、お返事が遅くなりました。

結構きつい気象条件と枚数に、
現像する元気がでません・・・(^^;)
続きを急がないといけないのに。

お祭りはお祀り。もしくはお奉り。
もう少し学んでみたい祇園祭でした。
【2016/07/20 05:41】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、こんばんはです。
当日はご一緒させてもらったおかげで、長い待ち時間も楽しくあっと言う間に過ぎて、気持ち良く撮影が出来ました。
直前に雨が降った時は、お互いの負のパワーに参りましたが、上がってくれてホンマに良かったですね(笑
初めて撮った注連縄切りでしたが、切る直前の張り詰めた空気と、後の拍手喝采はなかなか好い物でした。
さて、残りの現像を早くやらないと溜まるいっぽうなんで大変です(汗
【2016/07/19 21:07】 URL | デジタルな鍛冶屋 #-[ 編集]
こんにちは、ご無沙汰しております。
ニュースでも山鉾巡行を観てまして、
うちの下の子がしきりにぼくも御稚児さんに
なりたい!って羨ましがっていました。
交差点の大廻りは圧巻ですね。
暑いなか清清しいお写真をありがとうございます↑
【2016/07/19 18:25】 URL | 雅 #-[ 編集]
昨日はおつかれさまでした~。
私も取り急ぎ注連縄切りだけ現像しました。
やっぱり大量の現像作業は堪えます(^^ゞ

お稚児さん、見事に一刀両断でしたね。
禿さんも頑張っておられました。
注連縄切りを見ると、祇園祭は神事なのだなぁと改めて感慨深いです。
【2016/07/18 23:29】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |