FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

宇治観光案内  by つつじの逆襲
IMG_9456つつじ5
つつじその1
IMG_9457つつじ6
つつじその2
IMG_9471つつじ7
つつじその3

 平等院の藤は今年は諦めた方がよさそうだ。折角宇治まで行ったのにこの状態なら、三室戸寺のつつじと石楠花の方がいいかもしれない。

IMG_9474つつじ8
つつじその4

 別に宇治観光協会の回し者ではない。ただちょっと宇治の観光案内を。

 この時期なら平等院の藤、少し前なら桜も宇治川沿いが見事だった。そして先程の三室戸寺。この時期に行くことができないのなら、6月入ってから中旬の紫陽花だが、それも叶わず5月の終わりなら私は天ヶ瀬ダムをお勧めしたい。ご自分のお車で行かれるのであればなおいいが、そうでなければタクシーを飛ばしてしまおう。帰りはまた呼べばいい。

 天ヶ瀬ダムはその少し手前に吊り橋もあり、スリル満点。高所恐怖症の私はちょっと堪忍して欲しいが、初夏のこの季節は緑も美しく、お散歩に持ってこい。ハイキングに来てお弁当を広げる姿もよく見かける。春の桜がダム湖に写す姿も綺麗だし、秋には紅葉も綺麗だ。でもこの季節のドライブは気持ちいいだろうと思う。

IMG_9248つつじその1
つつじその5

 もちろん今なら平等院が一番のお勧め。なにしろ国宝天蓋の模型複製が展示されている。寺院建築や仏像に興味がある人なら絶対に釘付けになるだろう。それだけ素晴らしいできだった。そうでない人でも、あれを見たら凄いと一言言って、次の句が告げない。

IMG_9249つつじその2
つつじその6
IMG_9250つつじその3
つつじその7

 先日、つつじにはあまり興味がないと言いながら、いったい何枚出すのだろう、この私は。

 そして今開催中でもある源氏物語千年記展、文化博物館まで行けず宇治でというならば、源氏物語ミュージアム。サイトでは全てが稼動しているわけでもないのだが、ちょっと寄ってみるのも話のネタになるだろう。

IMG_9316アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
IMG_9339綿毛
たんぽぽの綿毛

 観光が終わればお腹も空く、甘いものも食べたくなる。源氏物語ミュージアムの後にお店に入るのなら、京阪宇治駅に向かって大きな通り(府道かな、国道かな)に向かって行けば「伊藤久右衛門」という宇治茶の老舗がある。お茶するもよし、軽く茶そばを頂くもよし。
 もちろん、平等院参道沿いにもスィーツを頂けるお店は多く並んでいるので困らない。

 平等院、源氏物語ミュージアム、天ヶ瀬ダム。初夏の5月ならこんなものか。中旬になればどのお店でも新茶が所狭しと並ぶ。それも楽しみのひとつかと。

IMG_8114芝桜その1
藤と芝桜
IMG_9295芝桜その2
芝桜

 今日のおまけはこれ。昨日の上鳥羽。低い位置から芝桜を撮ってみた。場所を変えてまたしゃがんでいると、先程まで私がしゃがんでいた場所で、何人かが同じようにしていたのがとてもおかしかった。


   源氏物語ミュージアム
【2008/04/28 17:45】 宇治 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«幸せの黄色い木香薔薇 その2 with 弥勒菩薩 | ホーム | 藤は平等院鳳凰堂 その2 in 宇治»
コメント
小紋さん、こんばんは。
藤色のカーテンに芝桜色の絨毯ってところでしょうか(笑)

つつじは丸く刈り込んであることが多いので、チューリップのようにはいきませんね。今日は藤よりつつじの鮮やかさに目が行きました。
【2008/04/28 22:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
見事な つつじです。
三室戸寺は花の寺ですね。蓮を見たとき つつじも たくさん あったのを思い出しました。
「芝桜」 この色はなんという 色でしょうか。芝桜色。
【2008/04/28 22:11】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |