日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

沙羅双樹咲く真如堂
1-IMG_-5843_20160709105207093.jpg
その1

 人知れず沙羅双樹が咲いた。撮影は6月20日夕暮れ間近。

2-IMG_-5830.jpg
その2

 沙羅双樹を目的に出かけたのに、木槿が見頃になっていて大層驚いた。

3-IMG_-5831.jpg
その3

4-IMG_-5833.jpg
その4

 木槿の木は夏に毛虫がつきやすくてちょっと苦手・・・(^_^;) しかし今の時期なら大丈夫だし、こちらの真如堂さんは手入れが行き届いているから安心だ。

5-IMG_-5834.jpg
その4

 さて、少し前から始まった三重の塔の調査修復工事。そのための足場とネットが架かっている。職人さんたちはするすると足場を登っていくとか・・・ 高いところが苦手な自分にはとうていできない軽業だ。

6-IMG_-5836.jpg
その5

 そうそう、この日の目的を忘れそうなっている。これ、1本しかないが、自分のお気に入り。何とかという塔頭が有名だが、残念ながらあまり好みではない(笑)

7-IMG_-5838.jpg
その7

8-IMG_-5842.jpg
その8

9-IMG_-5853.jpg
その9

10-IMG_-5855_20160709105232864.jpg
その10

11-IMG_-5858.jpg
その11

 時刻が時刻だからこの花ももうじき落ちるのだろう。鮮やかだったはずの黄色いおしべが既に黒ずんできている。潔く短い、精一杯咲いたその命を終える。そのはかなさがいいと言われるが、きっと花自身、そんな気持ちはないだろうけれども、精一杯生きているその力強さは感動を覚える。多くの人には見て貰えないかも知れないが、お参りに訪れる方たちにはその清楚な姿が心に刻まれることだろう。
【2016/07/10 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«ツマグロヒョウモンはジューンブライド | ホーム | ヒヨちゃん、巣立つを見る»
コメント
torimyさん、お返事が遅くなりました。

悲しいけど1日花なのよね。
そやからおしべがすぐに汚くなってしまう。
咲いたばかりの花はそりゃあもう綺麗やで。
【2016/07/11 22:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
沙羅は寒いところでは絶対にお目にかかれないお花。
1日のうちに花が開いてしべの色が変わってそして落花するのかな?
【2016/07/10 23:20】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |